関屋記念

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
関屋記念
開催国 日本の旗 日本
主催者 日本中央競馬会
競馬場 日本の旗新潟競馬場
創設 1966年10月2日
2017年の情報
距離 芝1600m(外)
格付け GIII
賞金 1着賞金3900万円
出走条件 サラブレッド系3歳以上(国際)(特指)
出走資格も参照
負担重量 別定(本文に記載
出典 [1][2]
テンプレートを表示

関屋記念(せきやきねん)は、日本中央競馬会(JRA)新潟競馬場の芝1600メートルで施行する中央競馬重賞競走GIII)である。

競走名の「関屋」は、旧新潟競馬場の所在地(新潟県新潟市関屋字青山下百問割)に由来している[3][4]

正賞は新潟県知事[1][2]

概要[編集]

1966年に4歳(2001年以降の馬齢表記法では3歳)以上の馬によるハンデキャップの重賞競走として創設。新潟競馬場で施行される重賞競走では、新潟記念についで古い歴史を持つ[3]。2012年からはサマーマイルシリーズの第2戦に指定されている[3]

施行距離は当初右回り芝2000m(内回り)だったが、1970年から右回り芝1800m(内回り)に、1975年から右回り芝1600m(外回り)に変更された。その後、2001年のコース改修で右回りから左回りに変更されたため、以降は左回り芝1600m(外回り)となり現在に至っている[3]

負担重量も1973年は別定で施行したが、翌年(1974年)から1982年までは再びハンデキャップに変更。1983年以降は再び別定重量となっている[3]。外国産馬は1995年から、地方競馬所属馬は1996年から出走可能になったほか、2005年からは外国馬の出走も可能になった[5]

サマーマイルシリーズに指定されてからの優勝馬では、2014年のクラレント[6]、2015年のレッドアリオン[7]がシリーズチャンピオンになった。

競走条件・賞金[編集]

競走条件[編集]

以下の内容は、2017年現在のもの[1][2]

出走資格
サラブレッド系3歳(旧4歳)以上の競走馬
  • JRA所属馬
  • 地方競馬所属馬(認定馬のみ、2頭まで)
  • 外国調教馬(9頭まで)
負担重量
3歳53kg、4歳以上56kg、牝馬2kg減
  • 日本馬:収得賞金3000万円超過馬は超過額2000万円毎に1kg増
  • 外国調教馬:GI競走1着馬は5kg増、GII競走1着馬は3kg増、GIII競走1着馬1kg増(ただし2歳時の成績を除く)

賞金[編集]

2015年の1着賞金は3900万円で、以下2着1600万円、3着980万円、4着590万円、5着390万円[1][2]

歴史[編集]

  • 1966年 - 4歳(現3歳)以上の馬によるハンデキャップの重賞競走として創設、新潟競馬場の芝2000mで施行。
  • 1970年 - 施行距離を芝1800mに変更。
  • 1973年 - 負担重量を別定に変更。
  • 1974年 - 負担重量をハンデキャップに変更。
  • 1975年 - 施行距離を芝1600mに変更。
  • 1983年 - 負担重量を別定に変更。
  • 1984年 - グレード制施行によりGIIIに格付け。
  • 1995年 - 混合競走に指定。
  • 1996年 - 特別指定交流競走に指定され、地方所属馬は2頭まで出走可能となる。
  • 2001年
    • 馬齢表示の国際基準への変更に伴い、出走条件が「4歳以上」から「3歳以上」に変更。
    • 施行コースが左外回りの芝1600mに変更。
  • 2005年 - 混合競走から国際競走に変更され、外国調教馬は5頭まで出走可能となる。
  • 2007年 - 日本のパートI国昇格に伴い、外国調教馬の出走枠が9頭に拡大。
  • 2010年 - サマージョッキーズシリーズの対象競走に指定。
  • 2012年 - サマーマイルシリーズの第2戦に組み込まれる。

歴代優勝馬[編集]

優勝馬の馬齢は、2000年以前も現行表記に揃えている。

コース種別を記載していない距離は、芝コースを表す。

第35回までは右回り、第36回以降は左回り。

回数 年月日 競馬場 距離 優勝馬 性齢 タイム 優勝騎手 管理調教師 馬主
第1回 1966年10月2日 新潟 2000m セエチヨウ 牡4 2:03.7 清水美波 藤本冨良 伊東二郎
第2回 1967年6月4日 新潟 2000m タマクイン 牝4 2:04.4 小島太 高木良三 宇都宮登
第3回 1968年10月20日 新潟 2000m スズハヤテ 牡4 2:02.8 池之上豊 佐藤正二 ワイ・エス・エス
第4回 1969年7月27日 新潟 2000m アマノガワ 牡4 2:01.3 嶋田功 稲葉幸夫 那須野牧場
第5回 1970年10月4日 新潟 1800m ヒガシライト 牡3 1:49.7 矢野一博 尾形藤吉 坂本清五郎
第6回 1971年7月18日 新潟 1800m トウショウピット 牡4 1:50.2 菅原泰夫 茂木為二郎 トウショウ産業(株) 
第7回 1972年10月15日 新潟 1800m パッシングゴール 牡6 1:49.0 新田幸春 大久保石松 山本愼一
第8回 1973年10月28日 新潟 1800m サンヨウコウ 牡4 1:49.6 古賀一隆 宮沢今朝太郎 山口幸保
第9回 1974年5月12日 新潟 1800m ノボルトウコウ 牡5 1:48.9 安田富男 加藤朝治郎 渡辺喜八郎
第10回 1975年8月3日 新潟 1600m ファイブワン 牡3 1:33.8 津田昭 野平富久 菅原吾一
第11回 1976年8月8日 新潟 1600m ニシキエース 牡5 1:34.9 森安重勝 森安弘昭 小林清
第12回 1977年8月7日 新潟 1600m イシノオウカン 牡6 1:34.8 大崎昭一 柴田寛 石川清一
第13回 1978年8月6日 新潟 1600m ベロナスポート 牝5 1:35.0 菅原泰夫 本郷一彦 (有)ターフ・スポート
第14回 1979年8月5日 新潟 1600m スズホープ 牡5 1:35.4 徳吉一己 森末之助 小紫芳夫
第15回 1980年8月3日 新潟 1600m シーバードパーク 牝4 1:35.0 菅原泰夫 本郷重彦 ホースマン
第16回 1981年8月2日 新潟 1600m ブラビオー 牡4 1:33.9 中野栄治 中野隆良 一柳博志
第17回 1982年8月8日 新潟 1600m メイジタイガー 牡5 1:34.1 菅原泰夫 本郷一彦 (資)明治牧場 
第18回 1983年8月7日 新潟 1600m ワールドキング 牡6 1:34.8 増沢末夫 佐藤征助 (株)ワールド競走馬
第19回 1984年8月5日 新潟 1600m ハヤテミグ 牡4 1:33.3 郷原洋行 野平好男 川部宏
第20回 1985年8月4日 新潟 1600m タカラスチール 牝3 1:33.9 吉沢宗一 坂本栄三郎 村山義男
第21回 1986年8月3日 新潟 1600m アイランドゴッテス 牝4 1:34.3 増沢末夫 野平富久 嶋村二三男
第22回 1987年8月9日 新潟 1600m クールハート 牝3 R1:33.2 田村正光 奥平真治 (有)ハイランド牧場
第23回 1988年8月7日 福島 1200m ヒシノリフオー 牡6 1:10.9 柴田善臣 増本豊 菱田圭二
第24回 1989年8月6日 新潟 1600m ミスターブランディ 牡7 1:33.9 大塚栄三郎 大和田稔 吉田善哉
第25回 1990年8月5日 新潟 1600m マキバサイクロン 牡5 1:33.6 増沢末夫 佐藤嘉秋 新田知也
第26回 1991年8月4日 新潟 1600m ニフティニース 牝4 1:34.2 竹原啓二 松山康久 吉田善哉
第27回 1992年8月9日 新潟 1600m スプライトパッサー 牝5 1:34.3 柴田政人 高松邦男 ホースマン
第28回 1993年8月8日 新潟 1600m マイスタージンガー 牡4 1:33.7 蛯名正義 前田禎 山﨑淨
第29回 1994年8月7日 新潟 1600m マイスーパーマン 牡8 1:33.2 大塚栄三郎 鹿戸幸治 菅原吾一
第30回 1995年8月6日 福島 1700m フェスティブキング 牡4 1:43.9 成田均 久恒久夫 加野温
第31回 1996年8月4日 新潟 1600m エイシンガイモン 牡3 1:34.0 武豊 加用正 平井豊光
第32回 1997年8月3日 新潟 1600m エイシンガイモン 牡4 1:33.5 蛯名正義 加用正 平井豊光
第33回 1998年8月9日 新潟 1600m ダイワテキサス 牡5 1:32.7 蛯名正義 増沢末夫 大和商事(株)
第34回 1999年8月8日 新潟 1600m リワードニンファ 牝4 R1:31.6 後藤浩輝 後藤由之 宮崎忠比古
第35回 2000年8月6日 福島 1700m ダイワテキサス 牡7 1:43.5 北村宏司 増沢末夫 大和商事(株)
第36回 2001年8月5日 新潟 1600m マグナーテン 騸5 R1:31.8 岡部幸雄 藤沢和雄 駒井孝男
第37回 2002年7月28日 新潟 1600m マグナーテン 騸6 1:31.8 岡部幸雄 藤沢和雄 駒井孝男
第38回 2003年8月3日 新潟 1600m オースミコスモ 牝4 1:31.8 常石勝義 中尾正 山路秀則
第39回 2004年8月1日 新潟 1600m ブルーイレヴン 牡4 1:32.3 吉田稔 角居勝彦 金子真人
第40回 2005年7月31日 新潟 1600m サイドワインダー 牡7 1:32.3 福永祐一 北橋修二 (株)協栄
第41回 2006年8月6日 新潟 1600m カンファーベスト 牡7 1:32.5 江田照男 佐藤吉勝 奥村清晴
第42回 2007年8月5日 新潟 1600m カンパニー 牡6 1:31.8 福永祐一 音無秀孝 近藤英子
第43回 2008年8月10日 新潟 1600m マルカシェンク 牡5 1:32.8 福永祐一 河内洋 河長産業
第44回 2009年8月9日 新潟 1600m スマイルジャック 牡4 1:32.7 三浦皇成 小桧山悟 齊藤四方司
第45回 2010年8月8日 新潟 1600m レッツゴーキリシマ 牡5 1:32.9 北村宏司 天間昭一 西村新一郎
第46回 2011年8月7日 新潟 1600m レインボーペガサス 牡6 1:32.6 安藤勝己 鮫島一歩 吉村敏治
第47回 2012年8月12日 新潟 1600m ドナウブルー 牝4 R1:31.5 内田博幸 石坂正 (有)サンデーレーシング
第48回 2013年8月11日 新潟 1600m レッドスパーダ 牡7 1:32.5 北村宏司 藤沢和雄 (株)東京ホースレーシング
第49回 2014年8月17日 新潟 1600m クラレント 牡5 1:32.5 田辺裕信 橋口弘次郎 前田晋二
第50回 2015年8月16日 新潟 1600m レッドアリオン 牡5 1:32.6 川須栄彦 橋口弘次郎 (株)東京ホースレーシング
第51回 2016年8月14日 新潟 1600m ヤングマンパワー 牡4 1:31.8 戸崎圭太 手塚貴久 星野壽市
第52回 2017年8月13日 新潟 1600m マルターズアポジー 牡5 1:32.2 武士沢友治 堀井雅広 藤田在子

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 重賞競走一覧(レース別・関東) (PDF)”. 日本中央競馬会. p. 29. 2016年8月15日閲覧。
  2. ^ a b c d 平成29年第2回新潟競馬番組(第1日 - 第6日) (PDF)”. 日本中央競馬会. 2016年8月15日閲覧。
  3. ^ a b c d e レースについて:関屋記念 今週の注目レース”. 日本中央競馬会. 2016年8月15日閲覧。
  4. ^ 特別レース名解説(2回新潟) (PDF)”. 日本中央競馬会 (2016年). 2015年8月10日閲覧。
  5. ^ 中央競馬全重賞成績集【古馬関東編】
  6. ^ 2014年サマーシリーズポイントランキング”. 日本中央競馬会. 2014年9月15日閲覧。
  7. ^ オリオン&アリオン 大敗もサマーマイル同点王者スポーツニッポン、2015年9月17日閲覧

各回競走結果の出典[編集]

関連項目[編集]

  • 根岸ステークス - 本競走と同様に、旧競馬場の所在地を冠した競走
  • 鳴尾記念 - 本競走と同様に、旧競馬場の所在地を冠した競走
  • 目黒記念 - 本競走と同様に、旧競馬場の所在地を冠した競走

外部リンク[編集]