森安弘昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
森安弘昭
Moriyasu hiroaki.jpg
騎手時代の森安(1956年頃)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都
生年月日 1932年6月19日
死没 2003年4月25日(満70歳没)
騎手情報
所属団体 国営競馬
日本中央競馬会
所属厩舎 尾形藤吉東京(1951年 - 1963年)
森末之助・東京(1963年 - 1969年)
初免許年 1951年
騎手引退日 1969年
重賞勝利 29勝
G1級勝利 5勝
通算勝利 651戦143勝
調教師情報
初免許年 1969年
調教師引退日 2003年2月28日定年
重賞勝利 15勝
通算勝利 5693戦462勝
経歴
所属 東京競馬場(1969年 - 1978年)
美浦T.C.(1978年 - 2003年)
テンプレートを表示

森安 弘昭(もりやす ひろあき、騎手時代の表記は森安 弘明1932年6月19日 - 2003年4月25日)は日本中央競馬会(JRA)の騎手、同調教師東京都出身。実弟の森安重勝も日本中央競馬会の騎手であった。

人物[編集]

尾形藤吉厩舎所属の騎手として1951年9月30日にデビュー(テツモン[1]、10着)。1952年4月19日の平場オープンにてイツセイに騎乗し初勝利を挙げる。1963年森末之助厩舎に移籍。1969年に騎手を引退する。

騎手としては大柄な身体に加えて減量に苦しむ体質で(これは弟・重勝も同様)、騎乗できるレースはかなり限られていた[2]。しかし、1953年には桜花賞をカンセイで制し、重賞初勝利を八大競走で挙げるなど無類の勝負強さを誇り、通算143勝のうち重賞で実に29勝(うち八大競走5勝)を挙げ、「重賞男」の異名を取った。

騎手を引退した1969年に調教師免許を取得し、東京競馬場にて厩舎を開業する。調教師としてはキヨヒダカヒダカハヤト親子などを管理した。2003年2月28日をもって調教師を引退。

山口瞳が彼のファンであり、彼を題材にした競馬読物をいくつか発表している。

騎手時代の通算成績[編集]

通算成績 1着 2着 3着 4着以下 騎乗回数 勝率 連対率
平地 141 97 67 340 645 .219 .369
障害 2 1 1 2 6 .333 .500
143 98 68 342 651 .220 .370
  • 全国リーディング最高27位(1966年・28勝)
  • 重賞通算29勝(うち八大競走5勝)

おもな騎乗馬[編集]

調教師時代の通算成績[編集]

通算成績 1着 2着 3着 4着以下 出走回数
平地 418 432 417 3979 5246
障害 44 49 45 309 447
462 481 462 4288 5693
  • 重賞通算15勝(うち障害重賞2勝)

おもな厩舎所属者[編集]

※太字は門下生。括弧内は厩舎所属期間と所属中の職分。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 第1回京都農林省賞典四歳呼馬勝ち馬とは別の馬
  2. ^ 年間最多騎乗数は1966年の88回だが、年平均にするとおよそ34回/年となる。ちなみに、当時リーディング上位10人に入る騎手は年間およそ200 - 400回程度騎乗するのが通常であった。