田辺裕信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
田辺裕信
Hironobu-Tanabe20110911.jpg
2011年セントウルS表彰式
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福島県二本松市[1]
生年月日 (1984-02-12) 1984年2月12日(33歳)[2]
身長 162cm[2]
体重 46kg[2]
血液型 A型[2]
騎手情報
所属団体 JRA
所属厩舎 小西一男(美浦)→フリー
初免許年 2002年
免許区分 平地[3]
テンプレートを表示

田辺 裕信(たなべ ひろのぶ、1984年2月12日 - )は、日本中央競馬会 (JRA)の騎手。なお、苗字の戸籍上の表記は田邊である[4]

来歴[編集]

父親はJAの職員、母親は主婦という一般家庭に生まれる。妹と弟がいて3人兄弟の長男。競馬との接点は、父親が競馬ファンだったことによる[5]

2002年、2月にJRA競馬学校騎手課程を第18期生[6]として卒業し騎手免許を取得し、小西一男厩舎に所属する[7]3月2日に初騎乗[2]中山競馬第2競走で9番人気のアルファジェネラスに騎乗し8着[8]3月21日高崎競馬場地方競馬初騎乗。弥生特別でシアトルドータに騎乗し、11頭立て8番人気で11着だった。8月3日新潟競馬第12競走で4番人気のヒノデツートンに騎乗し、初勝利を挙げた[2][9]

2004年4月25日重賞初騎乗となった福島牝馬ステークスでは、14番人気のトーセンリリーに騎乗して16着だった。

2009年8月30日キーンランドカップでは、モルトグランデに騎乗し2位入線を果たす。このまま確定すれば重賞初連対であったが、最後の直線で他馬の走行を妨害したとして8着に降着となり、田辺は開催日4日間の騎乗停止処分を受けた。

2010年6月19日福島競馬第11競走の安達太良ステークスで、栗東松田博資厩舎所属のアドマイヤマジンに騎乗して勝利。これをきっかけに松田博資調教師の信頼を得ると、他の栗東の有力厩舎からも依頼が増えるようになった[10]

2011年4月24日アンタレスステークスでは、栗東・吉田直弘厩舎所属のゴルトブリッツに騎乗して勝利し、デビューから10年目で初重賞勝利を飾った。8月8日、3年前に知り合い、この年から交際していた一般女性と入籍した[11]。同年は88勝を挙げ、全国リーディング7位・関東リーディング3位と躍進し、中央競馬騎手年間ホープ賞を受賞した[12]

2014年2月23日フェブラリーステークスを16頭立て16番人気のコパノリッキーで勝ち、GI初勝利を果たした[13]サマージョッキーズシリーズでは、七夕賞関屋記念京成杯オータムハンデキャップの3勝を挙げて優勝、初めてワールドスーパージョッキーズシリーズ(WSJS)の出場権を獲得した[14]。WSJSでは、2戦目のファンタスティックジョッキーズトロフィーで勝利を挙げ、総合成績では戸崎圭太と並ぶ3位タイに入った[15]

2016年2月1日、小西厩舎所属からフリーとなる[16]

騎乗依頼仲介者優馬の坂倉和智[17]

主な騎乗馬[編集]

騎乗成績[編集]

日付 競馬場・開催 競走名 馬名 頭数 人気 着順
初騎乗 2002年3月2日 1回中山3日2R 3歳未勝利 アルファジェネラス 16頭 9 8着
初勝利 2002年8月3日 2回新潟7日12R 3歳上500万下 ヒノデツートン 14頭 4 1着
重賞初騎乗 2004年4月25日 1回福島8日11R 福島牝馬S トーセンリリー 16頭 14 16着
重賞初勝利 2011年4月24日 3回京都2日11R アンタレスS ゴルトブリッツ 13頭 3 1着
GI初騎乗 2010年12月9日 5回中山6日11R 朝日杯FS タガノロックオン 16頭 15 12着
GI初勝利 2014年2月23日 1回東京8日11R フェブラリーS コパノリッキー 16頭 16 1着
年度 1着 2着 3着 騎乗数 勝率 連対率 複勝率 表彰
2002年 8 4 8 141 .057 .085 .142
2003年 20 18 19 310 .065 .123 .184
2004年 15 28 35 477 .031 .090 .164
2005年 13 13 22 344 .038 .076 .140
2006年 10 12 25 333 .030 .066 .141
2007年 13 11 21 365 .036 .066 .123
2008年 13 15 32 327 .040 .086 .183
2009年 33 37 31 534 .062 .131 .189
2010年 37 38 43 674 .055 .111 .175
2011年 88 76 82 868 .101 .189 .283 中央競馬騎手年間ホープ賞
2012年 52 72 66 869 .060 .143 .219
2013年 88 67 81 879 .100 .176 .268
2014年 75 73 70 835 .090 .177 .261 フェアプレー賞(関東)
2015年 77 70 81 803 .096 .183 .284
中央 545 537 617 7782 .070 .139 .218
地方 3 10 4 111 .027 .117 .153

出典・脚注[編集]

  1. ^ 祭りが生んだ名騎手田辺/福島県二本松市”. 日刊スポーツ新聞社. 2016年4月14日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 田辺裕信のプロフィール|競馬データベース - netkeiba.com”. netkeiba.com. 2016年4月14日閲覧。
  3. ^ 平成28年度 騎手免許試験合格者 (PDF)”. 日本中央競馬会 (2016年2月11日). 2016年4月7日閲覧。
  4. ^ 戸籍上の表記で成績を表示する地方競馬情報サイトを参照。
  5. ^ 週刊競馬ブック」2012年1月15日号 p.78
  6. ^ 騎手課程卒業者名簿”. 日本中央競馬会. 2016年4月14日閲覧。
  7. ^ 田辺裕信騎手×高橋摩衣(前編)”. 競馬ラボ. 2016年4月14日閲覧。
  8. ^ 3歳未勝利|2002年03月02日”. netkeiba.com. 2016年4月14日閲覧。
  9. ^ 3歳上500万下|2002年08月03日”. netkeiba.com. 2016年4月14日閲覧。
  10. ^ 【七夕賞】今週も田辺!ジーラインと波乱演出だ ― スポニチ Sponichi Annex 競馬 2011-07-08閲覧
  11. ^ 田辺騎手が結婚 28歳一般女性と8日に入籍:競馬:スポーツ報知 2011-09-01閲覧
  12. ^ 田辺ホープ賞 全国7位!大ブレーク88勝 - 競馬ニュース : nikkansports.com 2011-12-28閲覧
  13. ^ コパノリッキーの単勝配当27210円は、サンドピアリスが勝った1989年エリザベス女王杯に次いでJRAのGI史上2位、重賞では史上3位の高配当となった[1]
  14. ^ サマージョッキーズシリーズは田辺裕信騎手がV - 予想王TV@SANSPO.COM 2014-11-03閲覧
  15. ^ JRAホームページ|今週の注目レース-ワールドスーパージョッキーズシリーズ 2014-12-01閲覧
  16. ^ 田辺裕信騎手がフリーに”. 日経ラジオ社. 2016年4月14日閲覧。
  17. ^ 競馬最強の法則」2011年12月号 p.19
  18. ^ ヴェルデグリーン”. netkeiba.com. 2016年4月14日閲覧。
  19. ^ エイシンアポロン”. netkeiba.com. 2016年4月14日閲覧。
  20. ^ エーシンヴァーゴウ”. netkeiba.com. 2016年4月14日閲覧。
  21. ^ カラダレジェンド”. netkeiba.com. 2016年4月14日閲覧。
  22. ^ クラレント”. netkeiba.com. 2016年4月14日閲覧。
  23. ^ クリールカイザー”. netkeiba.com. 2016年4月14日閲覧。
  24. ^ コパノリッキー”. netkeiba.com. 2016年10月16日閲覧。
  25. ^ ゴルトブリッツ”. netkeiba.com. 2016年4月14日閲覧。
  26. ^ デンコウアンジュ”. netkeiba.com. 2016年4月14日閲覧。
  27. ^ バウンスシャッセ”. netkeiba.com. 2016年4月14日閲覧。
  28. ^ ブライトエンブレム”. netkeiba.com. 2016年4月14日閲覧。
  29. ^ マーブルカテドラル”. netkeiba.com. 2016年4月14日閲覧。
  30. ^ メイショウナルト”. netkeiba.com. 2016年4月14日閲覧。
  31. ^ ロードクエスト”. netkeiba.com. 2016年4月14日閲覧。
  32. ^ ロゴタイプが3年2か月ぶりのV! 王者モーリス2着に敗れる/安田記念”. netkeiba.com. 2016年6月5日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]