森安重勝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

森安 重勝(もりやす しげかつ、1937年7月9日 - 1984年1月21日)は、日本中央競馬会騎手香川県坂出市生まれ[1]。実兄はナスノコトブキ菊花賞を制した森安弘明(騎手・調教師)。

人物[ソースを編集]

1956年9月にデビュー[1]し、同年10月に初勝利を挙げる[1]。同期には矢野進池江泰郎増沢末夫武邦彦らがいる。

関東競馬界の名門・尾形藤吉に師事したが、兄弟子に戦前から主戦を張っていた大騎手・保田隆芳が、弟弟子には後年尾形厩舎の主戦騎手となる伊藤正徳がいたこともあり、現役時代は必ずしも騎乗馬には恵まれなかった。さらに減量に苦しむ体質のためか、軽い斤量のレースには苦労していた。当時は馬齢で52キログラムの設定があったが、しばしば52.5キログラムで騎乗した。

コレヒサ春の天皇賞メイズイ皐月賞ダービー二冠ワイルドモアで皐月賞、ジュピックシャダイターキンで2年連続でオークスを制覇した。クラシックレースには滅法強く1969年にはワイルドモアで皐月賞を見事に逃げ切った。同馬はレース後に骨折が判明しダービーには不出場になるが、代役馬としてハクエイホウで土砂降りのダービーを大外発走の不利を無視するがごとく逃げまくり、ダイシンボルガードミノルにわずかに遅れて3着入線した。この年の尾形厩舎にはワイルドモア・ミノル・ハクエイホウ・メジロアサマと実力馬4頭(尾形四天王)が存在し4頭すべてが重賞勝ちを記録したが、森安もこのころが絶頂期であった。

森安は腕に自信があったタイプで、1963年メイズイの三冠が掛かった菊花賞でコウライオーの挑発に暴走してしまった。菊花賞数日前のインタビューで「敵はレコードタイムだけだね」と豪語した。これがコウライオーの浅見国一騎手が快く思うはずもなく、メイズイが暴走するように先手争いを仕掛けた部分もあった。レースは同厩のグレートヨルカが優勝したが、グレートヨルカの鞍上・保田にレースが終わるなり相当ひどく叱られたというエピソードがある。実際、表彰式の保田に笑顔はなかった。のちに「三冠達成のプレッシャーに押し潰されないために強気の態度を取らざるを得なかった」ことが判明する。事実、森安はプレッシャーのためにレース後体調を崩し入院している。

1964年7月31日、福島市の県道で酒を飲んでダービーの副賞として貰った愛車を運転中に、自転車に乗っていた当時14歳の少年をはねて即死させたことにより、騎手免許を自主返上する[2](のちに再取得)。

騎手を引退するまでの15年間は糖尿病との闘いでもあった[1]1970年代前半よりめっきり騎乗馬が減り、森安の大ファンで当時は一流の競馬評論を展開していた大橋巨泉が、尾形調教師への公開質問を日刊スポーツ紙上に発表していた。しかし、その後ギャラントモアダービー卿チャレンジトロフィー2着、ニシキエース安田記念新潟ステークス(この年を最後に廃止・新潟大賞典に生まれ変わる福島大賞典のことであるが、新潟で代替開催されたために名称が変更された)優勝など、往年の逃げ馬を御す技術で玄人を唸らせた。

最後は尾形盛次厩舎に所属[1]。糖尿病の悪化により視力の低下が進み[1]、1981年5月を最後にレース騎乗から遠ざかり[1]、1983年度の騎手免許試験の手続きをせず[1]、1983年2月をもって引退。調教師試験も受けていたが、ガンのため早逝した。通算成績は3678戦543勝[1]。最高年間勝利数44。

通算成績(中央競馬)[ソースを編集]

通算成績 1着 2着 3着 4着以下 騎乗回数 勝率 連対率
平地 519 427 375 2264 3577 .145 .264
障害 24 10 18 41 101 .238 .337
543 437 393 2305 3678 .148 .266
  • 重賞通算26勝

その他の騎乗馬[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 日本中央競馬会『優駿』1982年12月号、p.136「サークルだより 現役最古参の森安騎手引退」
  2. ^ 『優駿』1964年9月号、p.75