新潟2歳ステークス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
新潟2歳ステークス
20130825 Niigata Nisai Stakes (G3).jpg
第33回新潟2歳ステークス
主催者 日本中央競馬会
競馬場 日本の旗新潟競馬場
創設 1981年8月30日(重賞格上)
距離 芝・外1600m
格付け GIII
賞金 1着賞金3100万円(2017年)
賞金総額6240万円(2014年)
出走条件 サラブレッド系2歳(国際)(特指)
出走資格も参照
負担重量 馬齢(54kg)
テンプレートを表示

新潟2歳ステークス(にいがたにさいステークス、英称:Niigata Nisai Stakes[1] )とは、日本中央競馬会(JRA)新潟競馬場1600メートルで施行する中央競馬重賞競走GIII)である[2]

概要[編集]

1968年に新潟競馬場の3歳(現2歳)馬によるオープン競走・新潟3歳ステークスの名称で創設されたのが始まり[3]

1984年にグレード制によりGIIIに格付け。1994年より混合競走に指定され、外国産馬の出走が可能になり、翌1995年からは特別指定交流競走となり地方馬にも門戸が開かれた。2002年より現在の芝外回り1600m・左回りコースで施行され、2010年より国際競走に指定され外国調教馬も出走可能になったため、国際基準の格付けを使用している。

2歳世代で最初に行われるマイル以上の距離で施行される重賞競走で[3]、本競走においては例年関西馬の参戦も目立っている。特に距離が1600mになってからは、翌年のクラシック戦線を占う意味合いがより強くなった。

本競走が重賞格付けされた第1回(1981年)優勝馬のビクトリアクラウンが後にエリザベス女王杯を制した。また本競走出走馬から後のGI5勝馬メジロドーベル1996年5着、但しこの時は中山競馬場開催)も輩出した。

2004年は1着から6着まで入線した馬が後にオープン入りを果たし、重賞を勝利した。1着マイネルレコルト、2着ショウナンパントルはGIを勝利、3着スムースバリトンと4着フェリシアも後に重賞を勝利している。また5着のアイルラヴァゲインNHKマイルカップで3着に入った後に重賞を勝利している。6着だったインティライミも後に重賞を勝利し東京優駿2着がある。

2013年は優勝馬のハープスターが後に桜花賞を、2着のイスラボニータが後に皐月賞を勝っている。

なお、2011年までは同日に2歳馬限定の重賞競走である小倉2歳ステークスを施行していたが、2012年より同日での施行を避けるため、本競走を1週早めて施行することとなった。

出走条件サラ系2歳のJRA所属馬、函館2歳ステークス・中京2歳ステークス(オープン特別)・ダリア賞(オープン特別)で2着以内の条件を満たした地方競馬所属馬、及び外国調教馬(9頭まで)。

負担重量は馬齢重量で54kg。ただし南半球生まれの競走馬は3kgを減量[1]

歴史[編集]

  • 1968年 - 3歳(現2歳)馬による3歳重量(牡馬51kg・牝馬50kg)のオープン競走として新潟3歳ステークスが新潟競馬場・芝1200mで施行された[3]
  • 1970年
    • 施行距離を芝1400mで施行[2]
    • 負担重量が馬齢重量(52kg)に変更。
  • 1972年 - 施行距離を芝1400mで施行[2]
  • 1973年 - 施行距離を芝1600mで施行[2]
  • 1981年 - 3歳(現2歳)の競走馬による馬齢重量(53kg)の重賞競走として新潟3歳ステークスが創設され、新潟競馬場・芝1200mで施行された。
  • 1984年 - グレード制によりGIIIに格付け。
  • 1985年 - 柴崎勇が騎手として史上初の連覇。
  • 1990年 - ランドヒーロー号に騎乗の中野栄治が、体重調整が出来ず53.5kg(当時の負担重量は53kg)で騎乗。
  • 1994年 - 混合競走に指定。
  • 1995年 - 特別指定交流競走に指定。
  • 1996年 - 福島競馬場の改修工事による振替開催により中山競馬場の芝1200mで施行。
  • 1997年 - 施行距離を芝1400mに変更[3]
  • 1999年
  • 2000年 - 新潟競馬場の改修工事により中山競馬場の芝外回り1200mで施行。
  • 2001年
    • 馬齢表示の国際基準への変更に伴い、出走条件を「3歳」から「2歳」に変更[2]
    • 名称を新潟2歳ステークスに変更。
    • 負担重量を定量に変更。
    • 負担斤量を53kgから54kgに変更。
  • 2002年 - 施行距離を現在の芝外回り1600mに変更[3]
  • 2003年 - 負担重量を馬齢重量に変更。
  • 2007年
  • 2009年 - 岩田康誠が騎手として史上3人目の連覇。
  • 2010年
  • 2012年 - 開催時期を新潟記念と交換。
  • 2013年 - 未出走馬・未勝利馬の出走が可能になる。
  • 2014年 - サマージョッキーズシリーズの対象競走から除外。

歴代優勝馬[編集]

馬齢表記は2000年以前も現表記としている。

コース種別を記載していない距離は、芝コースを表す。

重賞格付け以前[編集]

施行日 優勝馬 性齢 タイム 優勝騎手 管理調教師 馬主[要出典]
1968年11月3日 スイテンイスズ 牡2 1:12.1 古山良司 山岡寿恵次 堀平四郎
1969年8月17日 ヒダプレジデント 牡2 1:11.7 池上昌弘 松山吉三郎 下出源七
1970年11月3日 キヨハヤ 牝2 1:24.1 樋口弘 藤本冨良 清峰殖産(株)
1971年8月15日 トクザクラ 牝2 1:10.9 田村正光 梶与四松 (有)徳間牧場
1972年10月22日 ベルロイヤル 牡2 1:26.6 矢野照正 阿部正太郎 鈴木賢一
1973年11月17日 インタージャンボ 牡2 1:40.5 中野栄治 荒木静雄 松岡正雄
1974年9月1日 ゴールドボーイ 牡2 1:11.2 増沢末夫 尾形藤吉 (株)ワイケイ
1975年8月31日 スピリットスワプス 牡2 1:11.4 中野栄治 荒木静雄 ローヤル(株)
1976年9月5日 トキノカタトラ 牝2 1:11.9 大江原哲 古山良司 久保田寅之助
1977年9月4日 タケデン 牡2 1:11.3 岡部幸雄 鴨田次男 武市伝一
1978年9月3日 ファーストアモン 牡2 1:10.9 吉永正人 松山吉三郎 菅浦一
1979年9月2日 リキウエーブ 牝2 1:11.0 嶋田功 山岡寿恵次 鬼嶋力也
1980年8月31日 キンセイパワー 牝2 1:12.1 嶋田潤 清水利章 岩澤倫子

重賞格付け後[編集]

競走名は第20回まで「新潟3歳ステークス」、第21回以降は「新潟2歳ステークス」。

回数 施行日 競馬場 距離 優勝馬 性齢 タイム 優勝騎手 管理調教師 馬主
第1回 1981年8月30日 新潟 1200m ビクトリアクラウン 牝2 1:11.3 嶋田功 稲葉幸夫 飯田正
第2回 1982年9月5日 新潟 1200m スティールアサ 牝2 1:11.5 蛯沢誠治 清水利章 手塚栄一
第3回 1983年9月4日 新潟 1200m マリキータ 牝2 1:09.8 中野渡清一 本郷重彦 一柳博志
第4回 1984年9月2日 新潟 1200m ダイナシュート 牝2 1:11.0 柴崎勇 矢野進 (有)社台レースホース
第5回 1985年9月1日 新潟 1200m ダイナエイコーン 牝2 1:10.3 柴崎勇 高橋祥泰 (有)社台レースホース
第6回 1986年8月31日 新潟 1200m クールハート 牝2 1:10.7 田村正光 奥平真治 (有)ハイランド牧場
第7回 1987年9月6日 新潟 1200m グリンモリー 牡2 R 1:09.5 岡部幸雄 佐藤林次郎 本田秀一
第8回 1988年9月4日 新潟 1200m マイネルムート 牡2 1:09.9 菅原泰夫 栗田博憲 (株)サラブレッドクラブ・ラフィアン
第9回 1989年9月3日 新潟 1200m ダイカツリュウセイ 牡2 1:11.3 岡部幸雄 中村好夫 志賀泰吉
第10回 1990年9月2日 新潟 1200m ビッグファイト 牡2 1:09.8 小島太 境勝太郎 戸澤澄
第11回 1991年9月1日 新潟 1200m ユートジェーン 牡2 1:10.7 小谷内秀夫 戸山為夫 (有)伊藤牧場
第12回 1992年9月6日 新潟 1200m ペガサス 牡2 1:10.1 田中勝春 大和田稔 阿部善男
第13回 1993年9月5日 新潟 1200m エクセレンスロビン 牡2 1:11.5 藤田伸二 山内研二 吉田勝己
第14回 1994年9月4日 新潟 1200m トウショウフェノマ 牡2 1:10.1 田中勝春 尾形充弘 トウショウ産業(株)
第15回 1995年9月3日 新潟 1200m タヤスダビンチ 牡2 1:09.8 牧田和弥 中村好夫 横瀬俊三
第16回 1996年9月1日 中山 1200m パーソナリティワン 牡2 1:10.3 徳吉孝士 久恒久夫 宗像進
第17回 1997年8月31日 新潟 1400m クリールサイクロン 牡2 1:23.0 蛯名正義 稲葉隆一 横山修二
第18回 1998年9月6日 新潟 1400m ロサード 牡2 1:22.9 江田照男 橋口弘次郎 (有)社台レースホース
第19回 1999年9月5日 新潟 1400m ゲイリーファンキー 牝2 R 1:22.0 江田照男 河野通文 (株)東京サラブレッドビューロー
第20回 2000年9月3日 中山 1200m ダイワルージュ 牝2 1:11.1 北村宏司 上原博之 大和商事(株)
第21回 2001年9月2日 新潟 1400m バランスオブゲーム 牡2 R 1:21.7 木幡初広 宗像義忠 薗部博之
第22回 2002年9月1日 新潟 1600m ワナ 牝2 R 1:33.8 田中勝春 音無秀孝 小田切有一
第23回 2003年9月7日 新潟 1600m ダイワバンディット 牡2 1:35.0 蛯名正義 増沢末夫 大和商事(株)
第24回 2004年9月5日 新潟 1600m マイネルレコルト 牡2 1:34.8 後藤浩輝 堀井雅広 (株)サラブレッドクラブ・ラフィアン
第25回 2005年9月4日 新潟 1600m ショウナンタキオン 牡2 1:35.0 田中勝春 上原博之 国本哲秀
第26回 2006年9月3日 新潟 1600m ゴールドアグリ 牡2 1:35.2 安藤勝己 戸田博文 スター・ホースメンズクラブ
第27回 2007年9月2日 新潟 1600m エフティマイア 牝2 1:34.1 蛯名正義 矢野進 吉野文雄
第28回 2008年9月7日 新潟 1600m セイウンワンダー 牡2 1:35.4 岩田康誠 領家政蔵 大谷高雄
第29回 2009年9月6日 新潟 1600m シンメイフジ 牝2 1:34.4 岩田康誠 安田隆行 織田芳一
第30回 2010年9月5日 新潟 1600m マイネイサベル 牝2 1:34.5 松岡正海 水野貴広 (株)サラブレッドクラブ・ラフィアン
第31回 2011年9月4日 新潟 1600m モンストール 牡2 1:33.8 柴田善臣 尾関知人 前田幸治
第32回 2012年8月26日 新潟 1600m ザラストロ 牡2 R 1:33.5 松岡正海 武藤善則 高橋一惠
第33回 2013年8月25日 新潟 1600m ハープスター 牝2 1:34.5 川田将雅 松田博資 キャロットファーム
第34回 2014年8月31日 新潟 1600m ミュゼスルタン 牡2 R 1:33.4 柴田善臣 大江原哲 高橋仁
第35回 2015年8月30日 新潟 1600m ロードクエスト 牡2 1:33.8 田辺裕信 小島茂之 ロードホースクラブ
第36回 2016年8月28日 新潟 1600m ヴゼットジョリー 牝2 1:34.3 福永祐一 中内田充正 (有)社台レースホース
第37回 2017年8月27日 新潟 1600m フロンティア 牡2 1:34.6 岩田康誠 中内田充正 (有)サンデーレーシング

脚注[編集]

参考文献[編集]

注釈[編集]


出典[編集]

各回競走結果の出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]