山内研二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
山内研二
Kenji-Yamauchi20100515.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 宮崎県
生年月日 (1949-06-30) 1949年6月30日(68歳)
騎手情報
所属団体 JRA
所属厩舎 東京・松山吉三郎(1974年 - 1975年)
栗東・田中良平(1975年 - 1984年)
栗東・フリー(1984年 - 1985年)
栗東・白井壽昭(1985年 - 引退)
初免許年 1974年
免許区分 平地
騎手引退日 1987年2月28日
重賞勝利 1勝
通算勝利 971戦61勝
調教師情報
初免許年 1987年(1989年開業)
経歴
所属 栗東T.C.
テンプレートを表示

山内 研二(やまうち けんじ、1949年6月30日 - )は中央競馬栗東トレーニングセンター所属の元騎手で現在は調教師宮崎県出身。

経歴[編集]

大阪工業大学短期大学部を卒業[1]後、1970年に騎手候補生となった異色の経歴を持つ。太宰義人らとともに騎手では珍しい大学卒業者であった[2]

短期騎手講習課程の1972年度第3期生として講習を受け[3]1974年に騎手としてデビューした。騎手免許を取得した時点ですでに24歳であり、見習騎手の期間は同年12月22日までのわずかな期間であった。

デビュー当時は関東の松山吉三郎厩舎所属だったが、1975年6月5日付で関西の田中良平厩舎に所属を変更した。

15年間の騎手生活で61勝(うち重賞1勝)。その後、1987年に調教師免許を取得したが開業が遅れ、1989年にようやく開業する。初出走は同年3月4日阪神競馬第4競走のラガージャッカルで8着だった。初勝利は同年5月6日新潟競馬第6競走のマサミエイトで、のべ29頭目であった。2年目の1990年東京障害特別(秋)をシンクロトロンで制覇し重賞初制覇、さらに優秀調教師賞も受賞した。その後もコンスタントに勝利数を積み重ねていく。そしてダンツシアトル1995年宝塚記念を制覇し調教師としてGIを初制覇。さらに翌年イシノサンデー皐月賞も制した。このころから、牡牝ともにクラシック路線での活躍馬を多数送り出すようになる。早い段階での活躍馬が多いのは2歳時の夏に積極的に管理馬を出走させるためである。

2000年チアズグレイス桜花賞に勝利する。同馬は同世代の勝ち上がり第1号でもあったため、山内の手腕が存分に発揮された馬でもある。この桜花賞は同じく管理していたシルクプリマドンナが3着、サニーサイドアップが5着に入り管理馬が掲示板5頭中3頭を占めた。続く優駿牝馬で、今度はシルクプリマドンナが勝利し、さらに2着に桜花賞優勝馬のチアズグレイスが入り、1、2着を管理馬で占めた。

2002年にはダンツフレームで宝塚記念を制覇。6月15日から8月11日まで当時JRAの新記録となる9週連続勝利を達成する。

2006年にはコンゴウリキシオー金鯱賞を制し、史上2人目となるJRA全10競馬場重賞勝利を達成。

その後もクラシック路線を中心に多数の活躍馬を送り出している。手腕は前述のとおりで、2006年までに10回優秀調教師賞を受賞。

2016年アポロケンタッキー東京大賞典を制覇。 G1級のビッグレース制覇は2004年ダービーグランプリ以来12年振りでもあった。

特徴[編集]

  • ピンク色のメンコを所属馬に被せている。このメンコには山内家の家紋(三葉柏)が緑色で描かれている。目立つ色なのでレース中など遠目からでも見分けられる。管理馬はメンコを被って出走するが、流星が目立つ馬や特徴的な馬には被せないこともまれにある。
  • 2002年度優秀厩舎スタッフ賞で、山内厩舎スタッフが1位になった。

騎手成績[編集]

通算成績 1着 2着 3着 騎乗数 勝率 連対率
平地 60 63 70 952 .063 .129
障害 1 1 2 18 .056 .111
61 64 72 970 .063 .129
日付 競走名 馬名 頭数 人気 着順
初騎乗 1974年3月10日 - メジロマツカゼ - - 5着
初勝利 1974年6月23日 - サンロイヤル - - 1着
重賞初騎乗 1975年6月1日 東京障害特別(春) アオヤマオーザ 8頭 7 中止
重賞初勝利 1978年8月27日 小倉記念 ショウフウグリーン 8頭 6 1着
GI級初騎乗 1978年11月12日 菊花賞 ショウフウグリーン 20頭 16 19着

おもな騎乗馬[編集]

調教師成績[編集]

日付 競馬場・開催 競走名 馬名 頭数 人気 着順
初出走 1989年3月4日 1回阪神3日4R 3歳新馬 ラガージャッカル 9頭 9 8着
初勝利 1989年5月6日 1回新潟7日6R 3歳未勝利 マサミエイト 13頭 4 1着
重賞初出走 1989年12月10日 5回阪神4日10R ラジオたんぱ杯3歳牝馬S カシワズパレス 11頭 10 7着
重賞初勝利 1990年10月13日 4回東京3日10R 東京障害特別(秋) シンクロトロン 7頭 7 1着
GI初出走 1990年4月29日 2回京都4日10R 天皇賞(春) ショウリテンユウ 16頭 10 7着
GI初勝利 1995年6月4日 1回京都8日10R 宝塚記念 ダンツシアトル 17頭 2 1着

おもな管理馬[編集]

おもな厩舎所属者[編集]

※太字は門下生。括弧内は厩舎所属期間と所属中の職分。

  • 古小路重男(1989年-1994年 騎手)
  • 松田国英(1993年-1995年 調教助手)
  • 上籠勝仁(1999年-2002年 騎手、2002年-現在 調教助手)
  • 田中克典(2006年-2008年 騎手)
  • 武英智(2006年-2009年 騎手)
  • 榊原洋一(1989年-現在 厩務員)[5][6]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「厩舎歩き50年 小堀孝二の「今昔談義」より」p134
  2. ^ ただし、現在の競馬学校の入学規定は年齢の上限が20歳以下であるため、大学卒業者のデビューは事実上不可能となっている。
  3. ^ 「中央競馬騎手名鑑・昭和59年版」p556
  4. ^ アポロケンタッキーが人気2頭を下しGI初制覇!/東京大賞典・大井netkeiba.com、2016年12月29日閲覧
  5. ^ 日本中央競馬会「優駿」2011年8月号「ザ・厩舎人」
  6. ^ 榊原洋一公式ブログ記事「優駿」

関連項目[編集]