松岡正雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松岡 正雄(まつおか まさお、1925年 - 2004年9月12日)は、日本実業家

経歴・人物[編集]

  • 1948年にインターナショナル宣伝株式会社を設立。
  • 1961年に広告代理店共栄興業(後にキョウエイアドエージェンシー)創業。
  • 1963年に代表取締役就任。
  • 1983年にインターナショナル宣伝株式会社とキョウエイアドエージェンシーを合併させ、社名をキョウエイアドインターナショナルに変更し、代表職を次男の松岡雅昭へ禅譲する。
  • 1972年当時経営難に陥っていた競週ニュース(後のケイシュウニュース)の代表に就任して、経営を立て直したこともある。
  • ワールドオートプレートでは世界で初めてとなる字光式ナンバーを商品化した。

馬主・馬生産者(インターナショナル牧場)としても有名で、1970年代、1980年代前半には中央競馬のリーディングオーナーともなっている[1]

「インター」「キョウエイ」の冠名を使用していた。一時期は「ケイシュウ」「ワールド」も使用していたこともある。

勝負服の柄は「桃、白袖、青三本輪」。

主な役職[編集]

  • 株式会社キョウエイアドインターナショナル 前代表
  • インターナシヨナルホース株式会社 前代表
  • ワールドオートプレート株式会社 前代表
  • 株式会社昼夜通信啓衆社 前代表。

代表所有馬[編集]

出典・脚注[編集]

  1. ^ 「昭和56年度馬主成績」『優駿』1982年2月号、日本中央競馬会、30頁