キョウエイプロミス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
キョウエイプロミス
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1977年4月14日
死没 2003年1月13日
ボールドリック
チヨダクイン
生国 日本の旗 日本北海道浦河町
生産 三好牧場
馬主 松岡正雄
調教師 高松邦男美浦
競走成績
生涯成績 29戦7勝
獲得賞金 2億5056万2400円
テンプレートを表示

キョウエイプロミスは、日本競走馬。おもな勝ち鞍は天皇賞(秋)毎日王冠ダイヤモンドステークス

主戦騎手所属騎手柴田政人

馬齢は旧表記(数え年)とする。

戦績[編集]

1979年に美浦の高松邦男厩舎に預けられた。4戦して初勝利したのは12月9日の中山競馬場だった。翌1980年4歳となり、3月には特別戦で2勝目を上げるが、スプリングステークスで13着するなどクラシック路線ともほぼ無縁だった。目立ったのは函館記念5着で、その後1年間脚部不安で休養に入った。 1年間休養の後の5歳となり、1981年8月の函館競馬場で復帰した。5戦未勝利で終わるが、12月の暮れにステイヤーズステークスで2着となり、翌1982年の6歳に入ってからは、自己条件の800万下特別を勝ち上がり、4月のダイヤモンドステークスで勝利、初重賞制覇となった。次走の宝塚記念モンテプリンスの4着と、半年間で上位クラスと互角に戦えるまで成長した。秋に入り、毎日王冠で重賞2勝目を挙げ、天皇賞(秋)で3番人気に支持されるも7着に敗れた。続く目黒記念も1番人気の13頭立ての12着と大きく評価を落とすものの、12月の有馬記念ではヒカリデュールアンバーシャダイに次ぐ3着に入った。 1983年の7歳時は脚部不安が再発し、春は全休となった。その後秋に毎日王冠で復帰して3着、そして再び天皇賞(秋)に出走した。この時点では日本最強馬の一角アンバーシャダイが天皇賞(春)以来の出走のため、1番人気タカラテンリュウと人気を分け合うが、レースは逃げるタカラテンリュウを直線で交わして1 1/2身差で勝利し、初の大レース制覇となった。鞍上の柴田もこの天皇賞で800勝を達成した。

ジャパンカップの2着激走[編集]

天皇賞を勝ったことで、陣営は次走にジャパンカップを選択した。この年19年ぶりに三冠を達成したミスターシービーの出走が望まれていたが、シービーは出走しないことが発表された。

これにより日本の競馬関係者、ジャパンカップに来日した世界各国のプレスを落胆させるが、高松は「なぜ三冠を達成した日本の最強馬が出走しないのか」と詰め寄る世界各国のプレスらに「ですから(日本の最強馬として)キョウエイプロミスがあなた方の馬のお相手をするわけです。」と答え、柴田も「パーフェクトな状態。堂々と勝ちに行きます!」[1]と外国馬とも互角に戦える万全な状態と答えた。一方で高松は「プロミスの脚が壊れる」とこのレースが最後になることも予感していた。

迎えたジャパンカップにおいてスタネーラ頭差(タイム差なし)の2着となり、日本馬として初の連対を果たした。鞍上柴田も納得した走りに思わずスタネーラの鞍上B.ラウスに越しに賞賛を送った。

しかしながらその激走の反動は大きく、高松の予想通りキョウエイプロミスはレース中に右前脚繋靱帯不全断裂を発症。コースからは馬運車で退場する事となり、競走能力喪失と診断されそのまま引退となった。

競馬評論家大川慶次郎は天皇賞後にキョウエイプロミスの勝ちっぷりから外国馬と互角に戦えると確信し、実際スタネーラの叩き合いの際、興奮の余り実況で「プロミス!プロミス!」と連呼していた。この天皇賞とジャパンカップ2着が評価され、1983年には優駿賞最優秀5歳以上牡馬を受賞している。

引退後[編集]

1984年から馬主が経営するインターナショナル牧場で種牡馬となった。しかしこれと言った産駒を残すことはできず、1994年に種牡馬からも引退。その後は功労馬として余生を過ごし、2003年に死亡した。

血統表[編集]

キョウエイプロミス血統プリンスキロ系セントサイモン系) / Nearco4x5=9.38% (血統表の出典)

*ボールドリック
Baldric
1961 黒鹿毛
父の父
Round Table
1954 鹿毛
Princequillo Prince Rose
Cosquilla
Knight's Daughter Sir Cosmo
Feola
父の母
Two Cities
1948 鹿毛
Johnstown Jamestown
La France
Vienna Menow
Valse

チヨダクイン
1970 栗毛
*ネヴァービート
Never Beat
1960 栃栗毛
Never Say Die Nasrullah
Singing Grass
Bride Elect Big Game
Netherton Maid
母の母
*ヴァーブ
Verve
1955 鹿毛
Nearco Pharos
Nogara
Straight Verse Straight Deal
Fille de Poete


脚注[編集]

  1. ^ 1996年 柴田政人炎の伝説、三恵書房

外部リンク[編集]