中山牝馬ステークス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中山牝馬ステークス
Lady-Alba-Rosa20110402.jpg
第29回優勝馬レディアルバローザ
開催国 日本の旗 日本
主催者 日本中央競馬会
競馬場 中山競馬場
第1回施行日 1983年3月20日
創設 1972年
2017年の情報
距離 芝1800m
格付け GIII
賞金 1着賞金3600万円
出走条件 サラ系4歳以上牝馬(国際)
負担重量 ハンデキャップ
出典 [1][2]
テンプレートを表示

中山牝馬ステークス(なかやまひんばステークス)は、日本中央競馬会(JRA)が中山競馬場で施行する中央競馬重賞競走GIII)である。競馬番組表での名称は「ローレル競馬場賞 中山牝馬ステークス(ローレルけいばじょうしょう なかやまひんばステークス)」と表記される[2]

寄贈賞を提供するローレルパーク競馬場は、アメリカ合衆国メリーランド州にある競馬場[3]。創設時より同競馬場との親善を目的として、競走名に場名を冠している[3]

正賞はローレル競馬場賞[2]

概要[編集]

1972年に、5歳(現4歳)以上の牝馬によるオープン特別として創設[4]。1983年より重賞に昇格[5]、グレード制が導入された1984年よりGIII[注 1]に格付けされた[5]

2006年に4歳以上の牝馬重賞路線が整備され、新設された「ヴィクトリアマイル」の前哨戦として位置づけられるようになった[5]

外国産馬は1993年から、外国馬は2006年からそれぞれ出走可能になった[6][7]

競走条件[編集]

以下の内容は、2015年現在[2]のもの。

出走資格:サラ系4歳以上牝馬

  • JRA所属馬
  • 外国調教馬(8頭まで、優先出走)

負担重量:ハンデキャップ

賞金[編集]

2017年の1着賞金は3600万円で、以下2着1400万円、3着900万円、4着540万円、5着360万円[2]

歴史[編集]

  • 1972年 - 5歳以上の牝馬によるオープン特別として創設[4]
  • 1983年 - 重賞に昇格[5]
  • 1984年 - グレード制施行によりGIII[注 1]に格付け[6]
  • 1993年 - 混合競走に指定、外国産馬が出走可能になる[6]
  • 2001年 - 馬齢表示の国際基準への変更に伴い、出走資格を「4歳以上牝馬」に変更。
  • 2006年 - 国際競走に変更され、外国調教馬が4頭まで出走可能になる[7]
  • 2007年 - 日本のパートI国昇格に伴い、外国調教馬の出走枠が8頭に拡大[8]
  • 2012年 - 「東日本大震災被災地支援競馬」として実施。

歴代優勝馬[編集]

コース種別を表記していない距離は、芝コースを表す。

優勝馬の馬齢は、2000年以前も現行表記に揃えている。

回数 施行日 競馬場 距離 優勝馬 性齢 タイム 優勝騎手 管理調教師
第1回 1983年3月20日 中山 1800m ダンシングファイタ 牝5 1:51.3 中野栄治 元石孝昭
第2回 1984年2月26日 中山 1800m メジロハイネ 牝4 1:52.7 的場均 大久保洋吉
第3回 1985年2月24日 中山 1800m シャダイコスモス 牝7 1:48.8 加藤和宏 二本柳俊夫
第4回 1986年2月23日 中山 1800m ユキノローズ 牝4 1:49.6 郷原洋行 佐々木猛
第5回 1987年3月1日 中山 1800m カツダイナミック 牝4 1:48.8 大崎昭一 和田正道
第6回 1988年2月28日 東京 1800m ソウシンホウジュ 牝4 1:47.2 柴田善臣 古賀末喜
第7回 1989年2月26日 中山 1800m リキアイノーザン 牝4 1:50.6 本田優 清水出美
第8回 1990年2月25日 中山 1800m ジムクイン 牝4 1:50.2 大塚栄三郎 八木沢勝美
第9回 1991年2月24日 中山 1800m ユキノサンライズ 牝4 1:47.6 増沢末夫 鈴木康弘
第10回 1992年3月1日 中山 1800m スカーレットブーケ 牝4 1:47.6 柴田政人 伊藤雄二
第11回 1993年2月28日 中山 1800m ラビットボール 牝6 1:49.7 内田浩一 池江泰郎
第12回 1994年2月27日 中山 1800m ホッカイセレス 牝4 1:47.6 安田富男 伊藤正徳
第13回 1995年2月26日 中山 1800m アルファキュート 牝5 1:49.4 松永昌博 松永善晴
第14回 1996年2月25日 中山 1800m プレイリークイーン 牝6 1:48.2 菊沢隆徳 池江泰郎
第15回 1997年2月23日 中山 1800m ショウリノメガミ 牝6 1:49.3 武豊 武邦彦
第16回 1998年3月2日 中山 1800m メジロランバダ 牝5 1:49.8 横山典弘 池江泰郎
第17回 1999年2月28日 中山 1800m ナリタルナパーク 牝4 1:48.4 佐藤哲三 大久保正陽
第18回 2000年3月11日 中山 1800m レッドチリペッパー 牝4 1:48.5 横山典弘 松田博資
第19回 2001年3月10日 中山 1800m エイシンルーデンス 牝5 1:49.5 柴田善臣 野元昭
第20回 2002年3月9日 中山 1800m ダイヤモンドビコー 牝4 1:45.4 O.ペリエ 藤沢和雄
第21回 2003年3月15日 中山 1800m レディパステル 牝5 1:46.7 蛯名正義 田中清隆
第22回 2004年3月13日 中山 1800m オースミコスモ 牝5 1:46.1 蛯名正義 中尾正
第23回 2005年3月12日 中山 1800m ウイングレット 牝4 1:49.7 田中勝春 宗像義忠
第24回 2006年3月12日 中山 1800m ヤマニンシュクル 牝5 1:47.8 四位洋文 浅見秀一
第25回 2007年3月11日 中山 1800m マイネサマンサ 牝7 1:50.2 蛯名正義 中村均
第26回 2008年3月16日 中山 1800m ヤマニンメルベイユ 牝6 1:48.4 柴山雄一 栗田博憲
第27回 2009年3月15日 中山 1800m キストゥヘヴン 牝6 1:49.1 横山典弘 戸田博文
第28回 2010年3月14日 中山 1800m ニシノブルームーン 牝6 1:47.6 北村宏司 鈴木伸尋
第29回 2011年4月2日 阪神 1800m レディアルバローザ 牝4 1:45.4 福永祐一 笹田和秀
第30回 2012年3月11日 中山 1800m レディアルバローザ 牝5 1:50.6 福永祐一 笹田和秀
第31回 2013年3月10日 中山 1800m マイネイサベル 牝5 1:48.5 松岡正海 水野貴広
第32回 2014年3月16日 中山 1800m フーラブライド 牝5 1:48.5 酒井学 木原一良
第33回 2015年3月15日 中山 1800m バウンスシャッセ 牝4 1:47.5 田辺裕信 藤沢和雄
第34回 2016年3月13日 中山 1800m シュンドルボン 牝5 1:50.3 吉田豊 矢野英一
第35回 2017年3月12日 中山 1800m トーセンビクトリー 牝5 1:49.4 武豊 角居勝彦

脚注・出典[編集]

参考文献[編集]

  • 「ローレル競馬場賞中山牝馬ステークス(GIII)」『中央競馬全重賞競走成績集【古馬関東編】』 日本中央競馬会、2006年、445-474頁。

注釈[編集]

  1. ^ a b 当時の格付表記は、JRAの独自グレード。

出典[編集]

  1. ^ 重賞競走一覧(レース別・関東) (PDF)”. 日本中央競馬会. p. 8. 2017年3月13日閲覧。
  2. ^ a b c d e 平成29年第2回中山競馬番組 (PDF)”. 日本中央競馬会. 2017年3月13日閲覧。
  3. ^ a b 2017年度第2回中山競馬特別レース名解説 (PDF)”. 日本中央競馬会. p. 3. 2017年3月13日閲覧。
  4. ^ a b Nakayama25 中山牝馬ステークス”. 一般社団法人中山馬主協会. 2016年3月7日閲覧。
  5. ^ a b c d レースについて:中山牝馬ステークス 今週の注目レース”. 日本中央競馬会. 2017年3月13日閲覧。
  6. ^ a b c 中央競馬全重賞競走成績集【古馬関東編】
  7. ^ a b 第2回 中山競馬成績集計表 (PDF)”. 日本中央競馬会. pp. 633-634 (2006年). 2016年3月7日閲覧。(索引番号:05071)
  8. ^ 第2回 中山競馬成績集計表 (PDF)”. 日本中央競馬会. pp. 610-611 (2007年). 2016年3月7日閲覧。(索引番号:05071)

各回競走結果の出典[編集]

外部リンク[編集]