中村均

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
中村均
Hitoshi-Nakamura20110227.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 京都府京都市左京区
生年月日 (1948-09-13) 1948年9月13日(73歳)
所属団体 JRA
初免許年 1977年(1978年開業)
引退日 2019年2月28日
経歴
所属 中村覚之助(1971.1 - 開業)
栗東T.C.(開業 - 引退)
テンプレートを表示

中村 均(なかむら ひとし、1948年9月13日 - )は京都府京都市左京区一乗寺[1]出身の元調教師

父も元調教師の中村覚之助

2010年2月まで日本調教師会会長を務めていた。2011年の時点では同会名誉会長を務めている[2]

来歴[編集]

京都市立修学院小学校出身[1]麻布獣医科大学を首席[3]卒業し、1971年栗東・中村覚之助厩舎の厩務員となり、後に調教助手となる。

1977年成宮明光に次ぐ28歳6ヶ月の若さで調教師免許を取得し、1978年に厩舎を開業。7月8日中京第1競走アラブ3歳未勝利・アイチハヤオーが初出走で2着となり、9月10日阪神第4競走4歳以上300万下・エスティキング(延べ6頭目)で初勝利を挙げる。1983年阪神障害ステークス(春)キョウエイウオリアが制し重賞初勝利を挙げると、同年にはダートを2連勝したジョーキジルクムで優駿牝馬(オークス)に参戦。担当厩務員はトレセンに入ったばかりの20代で、鞍上の岡冨俊一は2年目であった[4]。闇雲に挑戦したため作戦などもなく、パドックでは岡冨が顔に真っ青にしていたが、レースでは5頭横一線でタイム差無しの史上稀に見る激戦の4着に好走[4]1984年にはオークスをトウカイローマンで制しGI及びクラシック初勝利を挙げるが、この時は緻密な計算で練り上げた作戦を岡冨に伝授。岡冨も前年の経験から緊張せずに作戦を忠実に実行し、ダイアナソロンの二冠を阻止した[4]

1995年11月23日に管理馬が地方競馬に初出走。

1997年12月10日に管理馬が地方競馬での初勝利を挙げる。

2001年7月29日函館2歳ステークスをサダムブルースカイが優勝。これが調教師としては最多の、函館2歳(3歳)ステークス3勝目となった。この記録は現在まで破られていない。

2007年4月2日に史上100人目となるJRA通算500勝を達成する。8月に函館開催でのリーディングトレーナーとなる。9月8日には、グレード制導入(1984年)以降ではJRA新記録となる11週連続勝利を達成した。

2012年、4月29日天皇賞(春)ビートブラックが優勝。父は1972年の秋にヤマニンウエーブで制しており、天皇賞親子制覇。

2019年2月28日付けで定年の為、調教師を引退した。引退後は東京スポーツ専属の競馬評論家として安藤勝己らとともに活動している。

2020年11月3日付けで発表された秋の叙勲受章者において、岡部幸雄とともに旭日小綬章を受章[5]

調教師成績[編集]

日付 競走名 馬名 頭数 人気 着順
初出走 1978年7月8日 - アイチハヤオー - - 2着
初勝利 1978年9月10日 - エスティキング - - 1着
重賞初出走 1979年1月28日 アラブ大賞典(春) アイチハヤオー 12頭 12 10着
重賞初勝利 1985年2月27日 阪神障害S(春) キョウエイウオリア 11頭 5 1着
GI初出走 1980年4月6日 桜花賞 サニードンテスコ 21頭 13 9着
GI初勝利 1984年5月20日 優駿牝馬 トウカイローマン 25頭 9 1着

主な管理馬[編集]

※括弧内は当該馬の優勝重賞競走、太字はGI級競走。

表彰[編集]

1988年
1988年
2020年
2020年

主な厩舎所属者[編集]

※太字は門下生。括弧内は厩舎所属期間と所属中の職分。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 2020年10月24日東京スポーツ1面
  2. ^ 週刊競馬ブック 2011年9月12日発売分
  3. ^ 日刊スポーツ「今月引退の中村均師『負けの美学感じた』出来事とは」 https://p.nikkansports.com/goku-uma/news/article.zpl?topic_id=1&id=201902210000467&year=2019&month=2&day=21
  4. ^ a b c 東京スポーツ2022年5月22日27面「智将 中村均元調教師 競馬戦国絵巻
  5. ^ 『官報』号外第230号、令和2年11月4日

関連項目[編集]