キョウエイグリーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
キョウエイグリーン
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1969年3月28日
マタドア
リユウカオル
母の父 ヒンドスタン
生国 日本の旗 日本
北海道勇払郡鵡川町
生産 西山牧場
馬主 松岡正雄
調教師 境勝太郎中山
競走成績
生涯成績 35戦11勝
獲得賞金 9085万7200円
勝ち鞍 スプリンターズステークス(1973年)
安田記念(1974年)
テンプレートを表示

キョウエイグリーン1969年3月28日 - ?)は、日本中央競馬会に所属していた競走馬繁殖牝馬。「花の47年組」の一頭。

経歴[編集]

戦績[編集]

1971年7月函館でデビューし、2戦目に8馬身差の圧勝で人気に応えて初勝利を挙げる。3戦目のオープンこそ9着に敗れて人気を裏切ったが、10月から12月にかけて3連勝でシーズンを終えた。1972年京成杯クイーンC7着の後、オープンを勝利してクラシック1冠目の桜花賞に参戦。当日は3番人気に推された。レースでは4ハロンを45秒台で通過するというハイペースで逃げたが[1]、直線でアチーブスター[2]に捕らえられると一杯になり、最後はハジメローズ・センコウミドリ・トクザクラにも交わされて5着に終わる。増沢末夫との初コンビで挑んだ2冠目のオークスは距離の2400mが長すぎたのか、初の2桁着順となる13着に大敗。その後は2ヶ月の休養を経て、9月中山で行われたオープンで復帰。クイーンSではタカイホーマの2着に入り、続くスプリンターズSでは1番人気に推されたが、4歳牡馬のノボルトウコウハクホオショウの3着に終わる。牝馬東京タイムズ杯(3着)・ダービー卿CT(9着)では共にトクザクラの圧勝を許し、最終戦のCBC賞は最下位の8着だった。1973年はオープン2着の後、3連勝で安田記念に臨む。野平祐二の騎乗で3番人気に推されたが、17頭中17着と惨敗に終わった。夏は3歳時以来の北海道シリーズに参戦し、札幌の短距離Sではダート戦ながら快勝。秋のスプリンターズSでは前年と同じ1番人気に推され、騎乗した東信二と共に重賞初制覇を飾る。ノボルトウコウの連覇を阻止してのもので、勝ち時計の1分9秒6はレコードタイムとなった。続く牝馬東京タイムズ杯でも1番人気になったが、初の不良馬場に泣いて13着と大敗。11月のオープンでは3位入線も失格となり、12月のオープン2着を最後にシーズンを終えた。1974年はオープン5着・3着、関屋記念9着と3連続で連対を外す。安田記念では近走不振もあって9番人気と評価を下げたが、同じく牝馬のナスノチグサニットウチドリを抑えて重賞2勝目を挙げた。連覇を狙ったスプリンターズSは無念の出走取消。復帰戦のオープンでタケクマヒカルの3着に入って立て直したが、ダービー卿CTは13着と大敗し、クモハタ記念7着を最後に引退。

引退後[編集]

引退後は繁殖牝馬になったが、目立った産駒を出せなかった。その後は不明。

競走成績[編集]


脚注[編集]

  1. ^ 実況していた杉本清(当時・関西テレビアナウンサー)は「キョウエイグリーンがすっ飛ばす、キョウエイグリーンがすっ飛ばします!」と伝えた。
  2. ^ 騎乗した武邦彦はこのレースでGI級(八大競走)初制覇。
  3. ^ 以前はオープン特別。