境勝太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
境勝太郎
Sakai katsutarou.jpg
騎手時代
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 北海道岩内郡小沢村
(現・共和町
生年月日 1920年3月6日
死没 2009年4月12日(89歳没)
騎手情報
所属団体 札幌競馬倶楽部
日本競馬会
国営競馬
日本中央競馬会
所属厩舎 清水茂次札幌(1935年-1936年)
川崎敬次郎・札幌(1936年-1943年)
(兵役 1943年-1944年)
川崎敬次郎・札幌(1944年)
(兵役 1944年-1945年)
川崎敬次郎・札幌(1945年-1947年)
稗田虎伊・札幌(1947年-1949年)
星川泉士・札幌(1949年-1951年)
石門虎吉京都(1951年 - 1955年)
橋田俊三阪神(1955年-1956年)
松元正雄・京都(1956年-1958年)
久保田金造中山(1958年-1961年)
二本柳俊夫・中山(1961年-1963年)
矢野幸夫・中山(1963年-1966年)
初免許年 1936年
騎手引退日 1966年
重賞勝利 8勝
G1級勝利 3勝
通算勝利 3070戦540勝
調教師情報
初免許年 1966年
調教師引退日 1997年2月28日(定年)
重賞勝利 53勝
G1級勝利 11勝
通算勝利 5202戦656勝
経歴
所属 中山競馬場白井分場(1966年-1978年)
美浦T.C.(1978年 - 1997年)
テンプレートを表示

境 勝太郎(さかい かつたろう、1920年3月6日 - 2009年4月12日)は、日本競馬騎手調教師

1937年に札幌競馬倶楽部(後に日本競馬会国営競馬日本中央競馬会)所属で騎手デビュー。第二次世界大戦をはさみ、1966年までに八大競走3勝を含む540勝を挙げた。騎手引退後は調教師に転身。1970年代後半より、俗に「サクラ軍団」と呼ばれた全演植(さくらコマース)所有馬の主戦厩舎として、1988年度東京優駿(日本ダービー)優勝馬サクラチヨノオーや、ともにGI競走優勝馬で種牡馬としても活躍したサクラユタカオーサクラバクシンオー親子、1996年度JRA年度代表馬サクラローレルなど数々の活躍馬を手がけた。1997年2月末をもって定年引退し、以後は競馬評論家として活動した。

日本中央競馬会所属の調教師境征勝は長男、調教助手の小島良太、小島勝三、騎手の小島太一は孫。

経歴[編集]

生い立ち - 騎手時代[編集]

1920年、北海道岩内郡小沢村共和町)に鉄道員の三男として生まれる[1]。小学生の頃から近隣の牧場で牛追いを手伝い、隣町の倶知安競馬場で見た競走馬の姿にも魅せられ騎手を志した[2]

1935年に札幌競馬倶楽部清水茂次厩舎に入門[2]。全国の競馬倶楽部が統一され日本競馬会が発足した翌1936年に騎手免許を取得し、同年7月7日に札幌で初騎乗、1937年4月の小倉開催で初勝利を挙げた(騎乗馬ホンラク)[注 1]。清水は弟子に積極的に機会を与える調教師であり、境も当時の新人騎手としては騎乗馬に恵まれながら過ごした[3]。一方で騎乗内容には非常に厳しい面もあり、勝ったにも関わらず殴られることがあったという[3]。1940年には牝馬ニパトアで特殊競走(重賞競走)の札幌農林省賞典四歳呼馬に勝利。なお、ニパトアは1942年秋に当時の古馬最高格競走・帝室御賞典を制したが、このとき清水が「間違えて」弟弟子の新屋幸吉を騎乗させ、非常な不満を抱いた境は、酒に酔った勢いで包丁を手に清水の自宅に押しかけようとしたという[4]

1944年には清水厩舎のクリヤマトで農商務省賞典(後の皐月賞)を制し、クラシック競走初制覇を果たした。同年結婚したが、太平洋戦争の最中であり、直後に徴兵を受ける[5]。激戦地であるガダルカナル島への要員であったが、入隊前日に同島の日本軍が壊滅し(ガダルカナル島の戦い)、戦地行きを免れる[5]。3カ月後、改めて旭川の部隊に配属され無線係を務めたが、その4カ月後に終戦を迎えた[5]。なお、山口進著『名馬名騎手名勝負』では、徴兵歴について1943年に応召のあといったん帰還し、1944年9月より再応召とされている[6]

クインナルビーを駆る境(1953年天皇賞・秋)

戦後は騎手として復帰。「条件のいい」厩舎を転々としながら騎手生活を続けた。1950年にはトサミツルで桜花賞に優勝し、クラシック2勝目を挙げる。同馬は当時所属していた星川泉士厩舎で境が厩務員も兼ねた「持ち乗り」であった[7]。同馬は桜花賞を前に強い調教をかけられて飼料を食べなくなってしまったが、境の手からは僅かずつ食べることを見て取り、夜通し食べさせ続けたといい[7]、騎手時代の一番の思い出としてこの桜花賞を挙げている[8]。また、1953年にはクインナルビーで牝馬として史上4頭目の天皇賞(秋)制覇を果たした[注 2]。走破タイム3分23秒0は当時のレコードタイムであった。境は同馬について「体のやわらかさが非凡で、終いの非常に切れる馬だった。よく乗り役が、『ベンツとトラックの違い』というのだが、体がやわらかく、乗り味のいい馬は大変走るものだ。クインナルビーはまさにベンツの乗り味だった。先行タイプの騎手だった僕も、この馬に乗るときだけは後方待機の直線強襲と決めていた」述懐している[9]

1957年には腎臓を患い1年の入院を経験[6]。翌1958年、中山競馬場久保田金造厩舎から日本ダービー優勝馬ダイゴホマレの騎乗を頼まれ、以後拠点を関東に移す[10]。1964年7月25日、史上13人目の通算500勝を達成[7]したのち、1965年をもって騎手を引退した。騎手通算成績は3070戦540勝[6]。うち八大競走3勝を含む重賞8勝。

調教師時代[編集]

1966年、調教師免許を取得し、中山競馬場白井分場で厩舎を開業[11]。1973年、管理馬キョウエイグリーンスプリンターズステークスを制し、調教師としての重賞初勝利を挙げる。当時は「キョウエイ」や「インター」の冠名を用いた大馬主・松岡正雄が厩舎を支え[12]、1979年には松岡、芦部照仁、西川幸男の共同所有馬スリージャイアンツが天皇賞(秋)を制し、八大競走制覇も果たした。またこれに先立ち、開業当初からの付き合いだった馬主の角隆の繋がりで、さくらコマース会長・全演植と知り合い、その所有馬を任せられるようになる[13]。以後「サクラ」の馬で毎年のように重賞を制し、1986年にはサクラユタカオーで天皇賞(秋)に優勝した。また、1988年には境、全と密な付き合いを続けていた谷岡牧場の生産馬サクラチヨノオーが日本ダービーに優勝し、境は開業23年目・競馬界入りして53年目にしてダービートレーナーの称号を得た。この競走の最後の直線でサクラチヨノオーはメジロアルダンと競り合い、いったん交わされたことから境は「2着でいい!2着!」と叫んだが、ゴール寸前で再び差し返しての勝利であった[14]。勝利を知った境は、腰が抜けて立てなくなっていたという[14]。同年12月にはチヨノオーの弟のサクラホクトオー朝日杯3歳ステークスを制し、前年に勝っていたチヨノオーと兄弟での連覇を達成した。

1993年12月、全演植が死去。その9日後に行われたスプリンターズステークスではサクラユタカオーの子・サクラバクシンオーが優勝を果たした。以後馬主業は息子の全尚烈が引き継ぎ、サクラバクシンオーは翌1994年のスプリンターズステークスも連覇した。さらに1995年にはサクラチトセオーサクラキャンドル兄妹がそれぞれ天皇賞(秋)とエリザベス女王杯に優勝。調教師生活最晩年の1996年には、境が自身が手がけた最強馬と評するサクラローレルが本格化を迎え、天皇賞(春)と年末のグランプリ競走・有馬記念に優勝して年度代表馬に選出された。有馬記念は境が「死ぬまでに何とかして一度有馬に勝ちたい」と念願していた競走であり[15]、ラストチャンスでの勝利となった。同年境も東京競馬記者クラブ賞を受賞した。

1997年2月28日をもって定年により調教師を引退。調教師としての通算成績は5202戦656勝、うち重賞は八大競走・GI競走11勝を含む53勝であった。

引退後[編集]

引退後は競馬評論家として活動。スポーツニッポン紙上では「水戸黄門」をもじった「美浦黄門」の愛称で呼ばれ、自身の経験を交えた分かりやすい予想解説で人気を博した[16]。1998年には皐月賞と桜花賞を連続的中させ、スポーツニッポンから感謝状を贈られている[16]。また、騎手時代からの親しい付き合いで、同紙大阪本社と契約していた浅見国一とは「東西予想マッチ」という形で仕事を共にした。紙上での活動のみならず、全国各地のイベントにも足を運んだ[16]

2009年4月12日4時54分(JST)、合併症のため逝去[17]。89歳没。

人物など[編集]

調教管理の特色[編集]

開業当時厩舎を置いていた中山競馬場白井分場は、僻地であった上に馬場が小さく路面も劣悪で、当時主流だった長距離を走らせる調教ができなかった[11]。境は苦肉の策として5ハロン(1000メートル)程度の距離で済ませる調教を試みたが、思いのほかに成績を挙げることができたことから、1978年に厩舎が美浦トレーニングセンターに移ってからも同様の方針をとり続けた[11]。短い距離で済ませる調教は時代が下ってから主流になるもので、境は馬場の狭さからいち早くこれを取り入れることができた[11]

また、「(故障馬の)8割から9割は蹄鉄で壊す」という自論を持ち、装蹄師には「鉄は必ず僕の見ている前で、僕の言う通りに打ってくれ。馬を勝手に引っ張り出して打ったりしたら金は払わん」と言っていたという[18]。著書の中では「人間が合わない靴を履いていれば靴擦れを起こすように、馬はフィットしない蹄鉄を履かされてガラスの脚を傷める[19]」「種牡馬の質、育成のノウハウ、馬場の高速化などで、レースが速くなっている。馬の脚への負担も計り知れないわけである。紙一枚の削り方にもこだわって、少しでも負担を軽減してやらなければならない[19]」と述べている。サクラローレルは境の定年後に行ったフランス遠征で、屈腱不全断裂という重度の怪我を負い引退に追い込まれたが、境はこれも現地の装蹄師に原因があったとしており[20]、「(脚に)爆弾を抱えていたユタカオーがあそこまで走れたのも、鉄のおかげです。ローレルは鉄でだめになった」と述べている[18]

境ラッパ[編集]

調教師時代は、自身の管理馬の状態やレースに向けての意気込みで強気な発言を繰り返したことから「ラッパ」と呼ばれた。発言に結果が伴わないこともしばしばであり、「境師の吹いた馬は消し(レースに勝たないという意)」とも言われていた。競馬評論家の大川慶次郎は「新聞記者には、調教師の言うことを100%信じている人が多いから、境厩舎の馬はいつも人気になって、ファンの期待を裏切ることが多い。とくにGIの前に新聞やラジオのコメントを聞くと、いつも『デビュー以来最高のデキです』としか言わないんですよ。境さんは本当にそう思ってるのかもしれないけど(笑)、そういうマスコミ泣かせの発言をするところが、僕は嫌いで」と述べている[21]。一方で、ライターの石田敏徳は「現場で取材していると境が口にする強気なコメントは、"こう喋れば記事を書きやすいだろう"という、いわばサービス精神の発露として感じられることがあった」と述べている[22]。境自身は著書の中で、1996年の有馬記念を前に「今のサクラローレルを負かせる馬は、日本におらんでしょう」と発言し、新聞に「境ラッパ、鳴り響く」と書かれた出来事を引き合いに出し、「僕のことを〈ラッパ〉だなんていうヤツがいる。(中略)何がラッパなものか。せっかく正直な気持ちをはっきりと言ったのではないか。腹が立って、『君たち、もう僕のところに話を聞きにくるんじゃないぞ』と文句を言ったことがあった」と不快感を示していた[23]

全演植・小島太について[編集]

最大の後援者であった全演植との関係について、境は「会長あってこその境だった。もし会長と巡り会わなければ、今頃私はどうなっていたか分からない。網走の刑務所に入っていたかもしれない」と述べている[24]。サクラバクシンオーなどを生産した社台ファームとの付き合いも全の提言から始めたもので、社台ファームの所有種牡馬ノーザンテーストの子が活躍を始めた頃、北海道に赴く飛行機の中で「これからは社台の時代がくる。ノーザンテーストの時代がくる。だから今日はまず社台に寄って、何頭か買っていこう」と諭すように言われたといい、境はこれについても「大変な先見の明」と述べている[24]。一方で、自身の弟子を差し置いて、全が実子のように可愛がっていた小島太を乗せ続けなければならなかったことについては、「東信二はじめ僕の厩舎の所属騎手たちにはずいぶんかわいそうなことをした。乗せてやりたくても、何しろうちの管理馬の7割まではサクラさんの馬で、太が乗るものと決まっていたのである。たとえばうちの東が、太と比べて明らかに腕が劣るならまだしも、はっきり言って、太の騎乗はおよそ僕を満足させるものではなかった」と不本意だったことを明かしている[25]。ただし、境は小島の騎乗フォームについては「日本一」と評しており[25]、また、「サクラユタカオーの天皇賞とサクラチヨノオーのダービーは、小島の腕で勝ったようなもの」とも語っている[26]

成績[編集]

騎手成績[編集]

通算成績 1着 2着 3着 4着以下 騎乗回数 勝率 連対率
540 471 451 1,608 3070 .176 .329

主な騎乗馬[編集]

※括弧内は境騎乗時の優勝重賞競走

八大競走優勝馬

その他重賞勝利馬

調教師成績[編集]

区分 1着 2着 3着 4着以下 出走数 勝率 連対率
1966年 平地 4 1 4 43 52 .077 .096
障害 0 1 0 2 3 .000 .333
4 2 4 45 55 .072 .109
1967年 平地 5 6 3 70 84 .060 .131
障害 1 0 0 4 5 .200 .200
6 6 3 74 89 .067 .134
1968年 平地 17 20 17 71 125 .136 .296
障害 0 0 0 4 4 .000 .000
17 20 17 75 129 .131 .286
1969年 平地 12 16 15 117 160 .075 .175
障害 0 0 0 1 1 .000 .000
12 16 15 118 161 .074 .174
1970年 平地 19 22 27 126 194 .098 .211
1971年 平地 28 20 22 130 200 .140 .240
1972年 平地 27 18 20 144 209 .129 .215
障害 0 1 0 1 2 .000 .500
27 19 20 145 211 .128 .218
1973年 平地 29 22 23 121 195 .149 .173
1974年 平地 15 24 19 106 164 .091 .238
障害 0 0 0 1 1 .000 .000
15 24 19 107 165 .091 .236
1975年 平地 23 12 16 98 149 .154 .235
1976年 平地 22 30 21 112 185 .119 .281
1977年 平地 22 21 22 127 192 .115 .224
1978年 平地 28 26 20 109 183 .153 .295
障害 0 0 0 2 2 .000 .000
28 26 20 111 185 .151 .291
1979年 平地 23 16 22 141 202 .114 .193
障害 4 0 2 7 13 .308 .308
27 16 24 148 215 .125 .200
1980年 平地 25 26 16 95 162 .154 .315
1981年 平地 24 18 26 111 179 .134 .235
障害 1 0 0 6 7 .143 .143
25 18 26 118 186 .134 .231
1982年 平地 16 16 9 82 123 .130 .260
障害 2 1 1 4 8 .250 .375
18 17 10 86 131 .137 .267
1983年 平地 24 19 22 158 223 .108 .193
障害 1 0 1 8 10 .100 .100
25 19 23 164 233 .107 .189
1984年 平地 25 16 12 90 143 .175 .287
障害 0 0 0 1 1 .000 .000
25 16 12 91 144 .174 .286
1985年 平地 24 13 18 93 148 .162 .250
1986年 平地 29 18 17 125 189 .153 .249
1987年 平地 23 12 19 102 156 .147 .224
障害 0 0 0 1 1 .000 .000
23 12 19 103 157 .146 .223
1988年 平地 19 11 11 95 136 .140 .221
1989年 平地 19 21 13 128 181 .105 .221
1990年 平地 26 17 14 103 160 .163 .269
1991年 平地 14 21 26 113 174 .080 .201
1992年 平地 17 16 17 113 163 .104 .202
障害 0 0 0 3 3 .000 .000
17 16 17 116 166 .102 .199
1993年 平地 23 9 19 132 183 .126 .175
障害 3 0 0 1 4 .750 .750
26 9 19 133 187 .139 .187
1994年 平地 21 11 21 137 190 .111 .168
1995年 平地 16 12 17 88 133 .120 .211
障害 1 1 2 5 9 .111 .222
17 13 19 93 142 .120 .211
1996年 平地 21 18 14 112 165 .127 .236
障害 0 0 0 1 1 .000 .000
21 18 14 113 166 .127 .235
1997年 平地 3 3 0 20 26 .115 .231
平地 643 531 542 3,412 5,128 .125 .229
障害 13 4 6 52 75 .173 .227
総計 656 535 548 3,464 5,203 .126 .229

主な管理馬[編集]

※括弧内は境管理下の優勝重賞競走。安田記念・スプリンターズステークスはGIに格付けられた1984年・1990年以降のみGI級として扱う。

八大競走・GI級競走優勝馬

その他重賞勝利馬

受賞[編集]

主な厩舎所属者[編集]

※太字は門下生。括弧内は厩舎所属期間と所属中の職分。

  • 久恒久夫(1966年-1968年 騎手、1968年-1973年 調教助手)
  • 境征勝(1968年-1983年 調教助手)
  • 東信二(1970年-1987年 騎手)
  • 木藤隆行(1975年-1993年 騎手)
  • 柴田政人(1979年 騎手)
  • 高橋明(1989年-1995年 騎手)
  • 小島良太(1995年-1997年 調教厩務員)

関連人物[編集]

  • 高松三太 - 騎手・調教師。境と同じく白井分場で同期開業し、最も親しい友人であった[27]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 井上(1965)p.40。境(1998)では札幌開催での初勝利で、騎乗馬は「ホンダク」とされている。
  2. ^ 前身の帝室御賞典が春秋1回ずつの開催となった1937年以降。同年春の天皇賞を制したレダを含めると史上5頭目。

出典[編集]

  1. ^ 木村(1997)p.43
  2. ^ a b 境(1998)p.10
  3. ^ a b 『調教師の本VI』p.69
  4. ^ 境(1998)pp.25-26
  5. ^ a b c 境(1998)p.18
  6. ^ a b c 山口(1971)p.149
  7. ^ a b c 境(1998)p.21
  8. ^ 『書斎の競馬(7)』p.179
  9. ^ 境(1998)pp.23-24
  10. ^ 境(1998)p.25
  11. ^ a b c d 境(1998)pp.48-49
  12. ^ 木村(1997)p.46
  13. ^ 『書斎の競馬(7)』p.181
  14. ^ a b 境(1998)pp.119-121
  15. ^ 境(1998)p.131
  16. ^ a b c 『調教師の本VI』pp.78-79
  17. ^ 美浦黄門・境勝太郎氏が死去 スポーツニッポン 2009年4月12日閲覧
  18. ^ a b 『書斎の競馬(7)』p.179
  19. ^ a b 境(1998)pp.148-149
  20. ^ 境(1998)p.151
  21. ^ 『名馬列伝サクラバクシンオー』pp.100-101
  22. ^ 『調教師の本VI』p.79
  23. ^ 境(1998)p.171
  24. ^ a b 『調教師の本VI』p.75
  25. ^ a b 境(1998)p.67
  26. ^ 『書斎の競馬(7)』p.176
  27. ^ 境(1998)p.57

参考文献[編集]

外部リンク[編集]