サクラエイコウオー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サクラエイコウオー[1]
欧字表記 Sakura Eiko O[1]
品種 サラブレッド[1]
性別 [1]
毛色 鹿毛[1]
生誕 1991年6月1日(31歳)
登録日 1992年11月11日
抹消日 1997年12月17日
マルゼンスキー[1]
サクラハツユキ[1]
母の父 パーソロン[1]
生国 日本の旗 日本北海道静内町[1]
生産者 谷岡牧場[1]
馬主 さくらコマース[1]
調教師 境勝太郎美浦)→
小島太(美浦)
[1]
競走成績
生涯成績 15戦5勝[1]
獲得賞金 1億5099万3000円[1]
勝ち鞍
GII 弥生賞 1994年
GIII 七夕賞 1996年
テンプレートを表示

サクラエイコウオー日本競走馬。おもな勝ち鞍は弥生賞七夕賞

戦歴[編集]

新馬戦にて最終コーナーを曲がりきれず逸走し競走中止、京王杯3歳ステークスでは最後の直線走路で内ラチに接触し5着。朝日杯3歳ステークスでは前半の1000メートルを57秒6で駆け抜ける暴走ぶりを見せ終いバテて殿負け、年が明け弥生賞ではゲート内で暴れっぱなしだったものの、それぞれ2番人気・1番人気に支持されていたエアチャリオット、ナムラコクオーが繰り広げる2着争いを尻目に、2馬身半差をつける1着となり、重賞初制覇を挙げる。

その気性面の問題ぶりから「能力はあるが、乗りこなしが非常に難しい」と小島太騎手を言わしめ、皐月賞日本ダービーに於いても人気こそ集めるが、その気性が災いし終始折り合いを欠き、勝ち馬から1秒以上離される大敗を喫する。

皐月賞時点で弥生賞を含め4勝を記録する素質の高さを持つが、安定しない気性に加え脚部の弱さから順調にレースを使えず以降も凡走を繰り返す。

1996年7月、七夕賞では逃げて2着に4馬身の差をつけて勝利し2つ目の重賞タイトルを獲得[2]、騎乗した西田雄一郎騎手に初の重賞勝利をプレゼントしたが再び脚部不安を発症、1年以上に及ぶ長期療養の甲斐無く1997年12月にそのまま現役引退となった。

現在は新和牧場功労馬として繋養されている。

競走成績[編集]

以下の内容は、netkeiba.com[3]およびJBISサーチ[4]に基づく。

年月日 競馬場 競走名 頭数 枠番 馬番 オッズ
(人気)
着順 騎手 斤量 距離(馬場) タイム
(上り3F)
タイム差 勝ち馬/(2着馬)
1993 9. 11 中山 新馬 13 7 11 1.4 (1人) 中止 小島太 53 芝1200m(良) マイネルウェイヴ
10. 10 東京 未勝利 5 3 3 1.1 (1人) 1着 小島太 53 芝1400m(稍) 1:25.0 (34.9) -0.3 (カズサハリケーン)
11. 13 東京 京成杯3歳S GII 9 4 4 7.8 (3人) 5着 小島太 54 芝1400m(良) 1:24.0 (36.2) 1.1 ヤマニンアビリティ
11. 28 東京 赤松賞 500 15 7 12 7.0 (4人) 1着 小島太 54 芝1600m(良) 1:36.1 (36.4) -0.3 (タイキパイソン)
12. 12 中山 朝日杯3歳S GI 14 7 11 14.3 (7人) 14着 小島太 54 芝1600m(良) 1:37.9 (40.3) 3.5 ナリタブライアン
1994 1. 9 中山 京成杯 GIII 8 3 3 10.9 (4人) 3着 小島太 55 芝1600m(良) 1:34.2 (36.2) 0.3 ビコーペガサス
2. 5 東京 ヒヤシンスS OP 8 5 5 2.6 (2人) 1着 小島太 55 芝1400m(良) 1:23.1 (35.1) -0.4 (フィールドボンバー)
3. 6 中山 弥生賞 GII 11 3 3 14.6 (4人) 1着 小島太 55 芝2000m(良) 2:01.3 (36.0) -0.4 (エアチャリオット)
4. 17 中山 皐月賞 GI 18 5 9 10.4 (3人) 8着 小島太 57 芝2000m(良) 2:00.6 (37.7) 1.6 ナリタブライアン
5. 29 東京 東京優駿 GI 18 2 3 15.9 (3人) 11着 小島太 57 芝2400m(良) 2:28.2 (38.7) 2.5 ナリタブライアン
1995 4. 2 中山 ダービー卿CT GIII 14 1 1 17.1 (8人) 12着 小島太 56 芝1200m(稍) 1:12.0 (36.9) 2.0 オギティファニー
1996 4. 13 中山 卯月S OP 8 5 5 14.9 (6人) 2着 横山典弘 57 芝1200m(良) 1:08.6 (35.1) 0.1 ホクトフィーバス
5. 11 東京 京王杯SC GII 15 8 14 13.5 (7人) 11着 東信二 58 芝1400m(良) 1:22.2 (35.6) 1.1 ハートレイク
6. 1 東京 エプソムC GIII 14 5 7 16.4 (7人) 12着 東信二 57 芝1800m(良) 1:47.3 (37.0) 1.6 マーベラスサンデー
7. 6 中山 七夕賞 GIII 17 8 17 13.7 (5人) 1着 西田雄一郎 55 芝2000m(良) 1:59.0 (34.8) -0.7 (エスプレッソトニー)

血統表[編集]

サクラエイコウオー血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 ニジンスキー系

マルゼンスキー
1974 鹿毛
父の父
Nijinsky II
1967 鹿毛
Northern Dancer Nearctic
Natalma
Flaming Page Bull Page
Flaring Top
父の母
*シル
Shill
1970 鹿毛
Buckpasser Tom Fool
Busanda
Quill Princequillo
Quick Touch

サクラハツユキ
1980 鹿毛
*パーソロン
Partholon
1960 鹿毛
Milesian My Babu
Oatflake
Paleo Pharis
Calonice
母の母
サクラジョオー
1970 鹿毛
Alcide Alycidon
Chenille
*スワンズウッドグローヴ Grey Sovereign
Fakhry
母系(F-No.) スワンズウッドグローヴ系(FN:16-a) [§ 2]
5代内の近親交配 Menow 5・5(父系内) [§ 3]
出典
  1. ^ [5]
  2. ^ [6][5]
  3. ^ [5]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n サクラエイコウオー”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2019年8月21日閲覧。
  2. ^ 『優駿』1996年9月号、日本中央競馬会、136頁
  3. ^ サクラエイコウオーの競走成績”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2019年8月21日閲覧。
  4. ^ サクラエイコウオー 競走成績”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2019年8月21日閲覧。
  5. ^ a b c 血統情報:5代血統表|サクラエイコウオー”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2015年10月23日閲覧。
  6. ^ 『優駿』1996年9月号、日本中央競馬会、137頁

外部リンク[編集]