原良馬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

原 良馬(はら りょうま、1933年10月25日 - 2019年7月24日[1])は、群馬県出身の競馬ジャーナリスト、元俳優。本名・荻原昻(おぎはら たかし)。

略歴[編集]

東京都立北園高等学校卒業。慶應義塾大学中退後、俳優座に6期生として入所。同期には山本學市原悦子大山のぶ代がいる。NHK連続ドラマ『バス通り裏』などに出演。退所後は宗教雑誌発行の出版社勤務やフリーのルポライターを経て、週刊読売に記者として入社。1969年スピードシンボリが勝った有馬記念の特集記事を書いたことがきっかけで競馬ジャーナリストを志すようになり、1970年デイリースポーツ東京本社へ入社。原がデイリーに入社した当時のスポーツ紙の競馬記者は調教時計を計って予想するだけのスタイルであったが、原はトラックマンデビューが38歳と他の記者よりも遅れていたため、他の記者とは違うことをやろうと主に厩舎取材に専念した。これが評判となり、他のスポーツ紙でも記者を厩舎取材に送り込むようになるなどデイリーのみならず、他紙にも大きな影響を与えることとなり、現在の記者は厩舎取材が主流となっている。1987年からはテレビ東京土曜競馬中継』に司会兼スタジオメイン解説としてレギュラー出演を開始し[2]1988年にデイリースポーツを退社。その後は競馬サークルで初となる「フリーターフライター」に転身し、1989年からはラジオたんぱ第1放送中央競馬実況中継・土曜日午前』に出演[3]。同年には競馬ファンで知られる森田芳光監督の映画『愛と平成の色男』にバーテンダー役で出演。2008年からは、GIレースがある日曜日に全国各地のWINSを巡回するトークイベント「良馬がゆく」を開いていた(アシスタントは立花優美守永真彩)。2019年1月8日2018年度のJRA賞馬事文化賞功労賞を受賞した。晩年は体調を崩し、療養のため『ウイニング競馬』などメディアに出演する機会が少なくなっていた。2019年1月28日、先述のJRA賞馬事文化賞の表彰式に車いす姿で出席したのが公の場に姿を見せた最後となった[4]。2019年7月24日午前7時46分、病気のため千葉県浦安市の自宅で死去。85歳没。7月27日放送の『ウイニング競馬』では番組内で追悼コーナーが設けられた[5]

エピソード[編集]

  • デイリー入社2年目の1971年から1977年まで夏の北海道シリーズを担当し、6月初旬から9月末まで札幌函館に長期滞在していた。開催期間中は一度も帰京することなく、平日朝の調教から開催日のレースまで取材にあたった。そのため、東西の調教師や騎手と接する機会が多かった。特に境勝太郎には函館での調教後の厩舎を訪問した際に「朝飯を食いに来いや」と誘われ、湯の川温泉の常宿で朝食をご馳走になっている[6]横山富雄[7]とも親交があり、「夕食を食べに行こう」と声をかけられ、厩舎が全休となる月曜日、松風町喫茶店で夕方に待ち合わせ、横山行きつけの寿司屋で新鮮なネタ寿司を頬張りながら、競馬談義に花を咲かせた[8]
  • 1982年有馬記念ではビクトリアクラウンを本命に推した。同年に郵便貯金ホールで開かれた『有馬記念フェスティバル』に出演した際、オーナーの飯田正・政子夫妻が「うちの子に◎(二重丸)なんて・・・」と原の楽屋を訪問している。レースは12月26日に行われ、同馬は勝ったヒカリデユールに0秒4差の5着であった[9]
  • 「最強馬は?」の問いには、迷うことなくカブラヤオーと答えていたが[10]、「心に残る名馬」の1頭としてはハイセイコーと同期のヤマブキオーを挙げている。3歳暮れのデビューから8歳の有馬記念まで第一線で走り続け重賞6勝を含む通算20勝をマークした馬で、身近で取材にあたった駆け出し記者時代に"頑張れ!”と勇気を与えてくれ、競馬の楽しさ、面白さを教えてくれたのがヤマブキオーであったという[11]

脚注[編集]