社台グループ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

社台グループ(しゃだいグループ)とは日本競走馬生産牧場集団である。

概要[編集]

グループとして世界に通用する馬作りを目標としており、すでに日本においてはいくつもの実績を残している。また、日本国外から数々の日本の競馬史に残る種牡馬を輸入、これがその後の繁栄の基礎となっている。その結果、近年の中央競馬重賞競走には社台グループの牧場で生産された馬が多数出走しており、日本の競馬界は社台グループがその中心となっている。

なお、日本国外へのシャトル種牡馬ビジネスなどはあまり積極的ではなく、シャトル種牡馬として南半球に種牡馬の貸し出しはしているが、社台の牧場はもっていない。アラブ首長国連邦ゴドルフィンアイルランドクールモアスタッドのように日本国外に進出するような予定はないが、世界的にみてもかなり大きな競走馬生産牧場集団である。

歴史[編集]

創業者の吉田善哉と社台グループの功労種牡馬、ノーザンテーストの銅像(ノーザンホースパーク)
サンデーサイレンス(2000年9月、社台スタリオンステーション)

グループ構成[編集]

社台ファーム[編集]

(代表:吉田照哉

ノーザンファーム[編集]

(代表:吉田勝己

追分ファーム[編集]

(代表:吉田晴哉

  • 追分ファームリリーバレー

社台コーポレーション[編集]

(吉田照哉・勝己・晴哉による共同運営)

愛馬会法人[編集]

社台サラブレッドクラブ(社台レースホース)[編集]

多数のGI勝利馬を有する一口馬主のための会社。1980年に社台ダイナースサラブレッドクラブとして誕生。勝負服は黄・黒縦縞・袖青一本輪。以下は歴代のGI勝利馬である。

サンデーサラブレッドクラブ(サンデーレーシング)[編集]

社台レースホースと同じく一口馬主を募り、競走馬を所有している会社である。1988年に日本ダイナースサラブレッドクラブ(日本ダイナースクラブ)として設立され、2000年から現社名に改称。勝負服は黒・赤十字襷・袖黄縦縞(日本ダイナースクラブ時代の勝負服は青、鼠鋸歯形)。以下はおもな活躍馬である。

G1サラブレッドクラブ(G1レーシング)[編集]

社台レースホース、サンデーレーシングと同じく一口馬主を募り、競走馬を所有している会社である。2010年に設立。勝負服は黒・赤襷・袖赤一本輪[9]。以下はおもな活躍馬である。

脚注[編集]

  1. ^ 社台G3代目のお値打ち良血馬戦略グノシー、2015年11月24日閲覧
  2. ^ ソウルスターリングnetkeiba.com
  3. ^ オールブラッシュnetkeiba.com
  4. ^ 2014年有馬記念レース結果netkeiba.com 2014年12月30日閲覧
  5. ^ 2015年皐月賞結果 - JBISサーチ、2015年4月20日閲覧
  6. ^ 2015年東京優駿結果 - JBISサーチ、2015年7月1日閲覧
  7. ^ メジャーエンブレムJBISサーチ、2016年5月10日閲覧
  8. ^ リアルスティール - JBISサーチ  2016年3月31日閲覧
  9. ^ 株式会社G1レーシングの馬主情報競馬ラボ 、2016年3月24日閲覧
  10. ^ コレクターアイテムnetkeiba.com
  11. ^ アルバートドックnetkeiba.com
  12. ^ ソルヴェイグnetkeiba.com
  13. ^ タンタアレグリアnetkeiba.com
  14. ^ 【アーリントンC】大物の風格漂わせペルシアンナイト快勝サンケイスポーツ、2017年2月25日閲覧

外部リンク[編集]