メジロアルダン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
メジロアルダン
品種 サラブレッド
性別
毛色 黒鹿毛
生誕 1985年3月28日
死没 2002年6月18日
アスワン
メジロヒリュウ
生国 日本北海道伊達市
生産 メジロ牧場
馬主 (有)メジロ牧場
調教師 奥平真治美浦
厩務員 宮崎利男
競走成績
生涯成績 14戦4勝
獲得賞金 2億4332万9000円
テンプレートを表示

メジロアルダン1985年 - 2002年)は日本競走馬半姉中央競馬三冠牝馬メジロラモーヌがいる。

馬齢は旧表記で統一する。

出生[編集]

メジロアルダンは双子だったのだが、もう片方の仔は死産だった。競走馬の双子は大成しないと言われており、もし双子として産まれていたらメジロアルダンの活躍はなかったとも言われている[1][2]

戦績[編集]

デビューは遅く、明け4歳となった1988年3月の未出走戦だった。生涯唯一のダート戦となるこのレースを勝ち、400万条件にも勝って連勝を飾る。次走NHK杯では2着に入り、東京優駿(日本ダービー)の優先出走権を獲得する。そしてダービーでは最後の直線で先頭のサクラチヨノオーをかわしたが、ここからサクラチヨノオーに差し返され、2着に敗れる。この後骨折していることが分かり、長期休養に入る[3]。 復帰は丸1年後の1989年5月のメイステークス。長期休養明けとは言えオープン特別ではさすがに格が違い快勝。次走高松宮杯では安田記念バンブーメモリーを抑えてレコード勝ち、初重賞制覇を飾った。この頃の古馬GI戦線はオグリキャップスーパークリークイナリワンの平成三強全盛の時代であり、休養を挟んだ第40回毎日王冠ではオグリキャップ、イナリワンの3着、第100回天皇賞(秋)ではスーパークリーク、オグリキャップの3着と三強の壁に跳ね返されるレースが続いた。さらに天皇賞後に屈腱炎を発症し、再び長期休養に入った。

明け6歳となった1990年9月のオールカマーで復帰し、1番人気で4着に敗れる。次走天皇賞(秋)では前走の敗戦でやや人気を落とし5番人気で、同期の皐月賞ヤエノムテキをアタマ差捉え切れず2着と惜敗。有馬記念では2番人気に支持されたが、オグリキャップの奇跡の復活の影で10着と大敗。翌年の日経新春杯4着の後屈腱炎が再発し、3度目の長期休養を強いられる。秋には復帰したが全盛期の力は見る影もなく、ジャパンカップ14着を最後に引退、種牡馬となった。デビューから引退まで約3年半経過したが、その半分以上は故障で休養しており、脚元の弱さに泣かされ続けた。

引退後[編集]

代表産駒はアメリカジョッキークラブカップ3着のメジロスティード、新潟ジャンプステークス2着のガルフィンドリーム。北海道ブリーダーズ・スタリオン・ステーションにて2000年まで繋養。2001年からは中国の北京龍頭牧場で繋養された。2002年6月18日、種付け中の心臓麻痺により死亡。母ヤマニンディライトの2002年産馬Wu Diが種牡馬入りしている。

血統表[編集]

メジロアルダン血統ノーザンテースト系 / Nearco5×5×5×5=12.50% Nasrullah4×4=12.50% Hyperion5×4=9.38% Lady Angela5×4=9.38%) (血統表の出典)

アスワン
1979 鹿毛
父の父
*ノーザンテースト
Northern Taste
1971 栗毛
Northern Dancer Nearctic
Natalma
Lady Victoria Victoria Park
Lady Angela
父の母
*リリーオブザナイル
Lily of the Nile
1966 黒鹿毛
Never Bend Nasrullah
Lalun
Nile Lily Roman
Azalea

メジロヒリュウ
1972 鹿毛
*ネヴァービート
Never Beat
1960 栃栗毛
Never Say Die Nasrullah
Singing Grass
Bride Elect Big Game
Netherton Maid
母の母
*アマゾンウォリアー
Amazon Warrior
1960 鹿毛
Khaled Hyperion
Eclair
War Betsy War Relic
Betsy Ross F-No.9-f


脚注[編集]

  1. ^ 現在は内視鏡で双子と分かった時点で片方を堕胎するため、双子が誕生するケースはほとんどない。
  2. ^ その後1999年東京優駿(日本ダービー)アドマイヤベガが双子として受胎し、残された卵子から生まれた活躍馬として有名。
  3. ^ 勝ったサクラチヨノオーも屈腱炎を発症しており、1,2着馬が揃って故障している。

外部リンク[編集]