スリープレスナイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
スリープレスナイト
Sleepless Night 20080817P1.jpg
2008年8月17日 小倉競馬場
欧字表記 Sleepless Night[1]
香港表記 不眠之夜[2]
品種 サラブレッド[1]
性別 [1]
毛色 鹿毛[1]
生誕 2004年2月7日[1]
死没 2012年2月2日(8歳没)[3]
抹消日 2009年10月1日[4]
クロフネ[1]
ホワットケイティーディド[1]
母の父 Nureyev[1]
生国 日本の旗 日本北海道早来町[1]
生産 ノーザンファーム[1]
馬主 (有)サンデーレーシング[1]
調教師 橋口弘次郎栗東[1]
競走成績
生涯成績 18戦9勝[5]
獲得賞金 3億7316万5000円[1]
 
勝ち鞍
GI スプリンターズS 2008年
GIII CBC賞 2008年
GIII 北九州記念 2008年
テンプレートを表示

スリープレスナイトSleepless Night2004年2月7日 - 2012年2月2日)は、日本競走馬である。馬名の意味は、ペリー提督がいわゆる「黒船(クロフネ)」で来航したときの世相を風刺した狂歌「泰平のねむりをさます 上喜撰 たった四はいで、夜も眠れず」に由来していて、「眠れない夜」という意味である[6]。おもな勝ち鞍は、2008年のCBC賞北九州記念スプリンターズステークス。サッカー・ガンバ大阪遠藤保仁一口馬主として出資していた[7]

経歴[編集]

2004年2月7日に誕生。栗東トレーニングセンター所属の 橋口弘次郎厩舎に入厩。

初勝利[編集]

デビュー戦はギリギリで桜花賞に間に合うことも考慮され2007年1月7日、第1回京都競馬2日目第6競走の新馬戦が選択され[8]、単勝オッズ1.9倍の圧倒的な1番人気に推されるも、ゴールでのシュガーヴァインとの争いに負け、ハナ差で惜しくも2着[9]。続いて中1週で京都競馬6日目第5競走の3歳未勝利戦に出走、ここでも単勝オッズ1.8倍と圧倒的な人気を集める。しかし道中思い通りの折り合いがつけられず、3着に終わり連敗を喫した[10]。そして、クロフネ産駒ということで、次走はダート戦の3歳未勝利戦に出走し[8]初勝利を挙げた。

ダートでの実績[編集]

ここから10戦は、ダート戦で出走実績を重ねていった。一時期は1400m戦を主に使ったのが響き4連敗も喫したが、それでも1200m戦では10連戦の最初となる3歳500万下で2着に敗れた以外は全勝と抜群の安定感を見せた。また馬体重も大きく変化し、デビュー戦勝利時は470kgだったのが、9戦目には492kgにまで増加していた[5]

芝に転向、重賞連勝[編集]

ダートでの10戦を経て、スリープレスナイトの次のレースには初の重賞挑戦としてプロキオンステークスが予定されていたが、10戦の中の9戦目となる京葉ステークスで、騎乗した横山典弘が芝での可能性[11]を調教師に告げたことから、予定を変更し、デビュー2戦目以来の芝でのレースとなったCBC賞に出走した[8]。これまでダート路線を使って来たことが影響し4番人気と評価は落ちた。レースでは常時2番手に位置し、直線ではトップに立つとそのまま抜け出し、芝での初勝利を自身初となる重賞制覇で飾った[12]。また、鞍上の上村洋行にとっては、1998年のスワンステークスで、ロイヤルスズカで勝って以来となる、かなり久々の重賞制覇となった[13]。この勝利間隔(9年7か月)は、重賞勝利間隔として最長記録となった[14]

次走の北九州記念では、CBC賞で勝利した影響から1番人気に支持された。このレースでも2・3番手を走る展開を作り、直線に入ると逃げ粘る先団を一網打尽し、ゴールするにつれてさらに抜け出し、2着のマルカフェニックスに2馬身差を付けて勝利した[15]

第43回北九州記念

スプリンターズステークス制覇[編集]

10月5日、初のGI挑戦となる、第42回スプリンターズステークスに出走した。重賞連勝の勢いから単勝オッズ2.4倍を集め、堂々の1番人気に推される。レースでは、幸先よく好スタートを切ると、北九州記念までは2番手辺りを進み前の馬をマークする体制をとっていたが、このレースでは5番手を追走し直線で伸びる体制をとった。直線では作戦通り外から先団を差し切り、追いすがるキンシャサノキセキらを抑えて5連勝で初のGI競走勝利を飾った。鞍上の上村洋行騎手生活17年目にして悲願のGI初勝利となった[13]。その後は香港スプリントに出走する予定だったが、トレーニングセンター内で放馬した際に外傷を負ったため断念[16] 。さらにドバイゴールデンシャヒーンを目指すプランもあったが、今度は放牧先で蕁麻疹を発症したために断念した[17]

その後[編集]

2009年はその蕁麻疹の影響による調整遅れもあって3月29日の第39回高松宮記念に直行し、1番人気に推され出走するも、先行して粘るローレルゲレイロを捉えきれず、2着に敗れた[18]。その後、休養を挟んで9月13日の第23回セントウルステークスに出走。好位追走から直線で追い上げてくるも今度は早めに先頭に立ったアルティマトゥーレを捕らえることができず2着に敗れた[19]。 前年に続きスプリンターズステークス連覇を狙っていた矢先の9月26日、右前屈腱炎を発症し陣営は同馬を引退させるとコメントした。そして、2009年10月1日付でJRA競走馬登録を抹消、生まれ故郷のノーザンファームで繁殖牝馬となった。

2011年1月27日に第1仔を出産。2012年1月23日に2番仔を出産した後、2月2日に右橈骨を骨折したことにより死亡[3]。8歳没。初仔は「ブロンシェダーム」(フランス語で「眠れない淑女」)と名付けられ、2014年2月8日に小倉芝1200mで新馬勝ちを収めた[20]

繁殖[編集]

馬名 誕生年 毛色 厩舎 馬主 戦績
初仔 ブロンシェダーム 2011年 鹿毛 ディープインパクト 栗東・橋口弘次郎 (有)サンデーレーシング 8戦1勝(引退・繁殖)
2番仔   2012年    

競走成績[編集]

年月日 競馬場 競走名


オッズ
(人気)
着順 騎手
距離(馬場) タイム
上り3F
タイム
勝ち馬/(2着馬)
2007 1. 7 京都 3歳新馬 16 7 14 1.9 (1人) 2着 安藤勝己 54 芝1400m(稍) 1:25.2 (35.7) 0.0 シュガーヴァイン
1. 20 京都 3歳未勝利 16 5 10 1.8 (1人) 3着 C.ルメール 54 芝1600m(良) 1:37.5 (36.0) 0.2 ウィンナワルツ
2. 10 京都 3歳未勝利 16 6 12 1.3 (1人) 1着 安藤勝己 54 ダ1200m(良) 1:12.8 (36.8) -1.6 (スリーキュラソー)
3. 3 阪神 3歳500万下 13 6 9 1.5 (1人) 2着 安藤勝己 54 ダ1200m(良) 1:12.9 (37.7) 0.2 マジックボンバー
5. 13 京都 3歳500万下 16 1 2 1.7 (1人) 1着 上村洋行 54 ダ1200m(良) 1:11.9 (36.4) -0.4 (テイエムカゲムシャ)
6. 17 阪神 出石特別 16 4 8 3.4 (1人) 1着 上村洋行 52 ダ1200m(良) 1:11.7 (36.7) -0.3 (アグネスハッピー)
7. 14 新潟 越後S 15 8 14 3.4 (2人) 1着 上村洋行 52 ダ1200m(稍) 1:11.0 (36.5) -0.3 (エアアドニス)
10. 8 東京 ペルセウスS OP 16 1 1 3.4 (1人) 5着 上村洋行 51 ダ1400m(良) 1:22.9 (36.4) 0.5 トーセンブライト
11. 18 東京 霜月S OP 16 2 4 7.5 (5人) 5着 上村洋行 53 ダ1400m(良) 1:23.3 (36.0) 0.5 アドマイヤスバル
12. 9 阪神 ギャラクシーS OP 16 2 3 7.9 (4人) 2着 上村洋行 53 ダ1400m(良) 1:22.5 (35.5) 0.1 マイネルスケルツィ
2008 1. 6 京都 門松S OP 16 6 12 4.7 (2人) 2着 上村洋行 53 ダ1400m(良) 1:24.0 (36.0) 0.1 トラストジュゲム
4. 20 中山 京葉S OP 16 1 2 4.8 (2人) 1着 横山典弘 53 ダ1200m(稍) 1:09.1 (35.6) 0.0 (ニシノコンサフォス)
5. 18 京都 栗東S OP 16 6 12 2.1 (1人) 1着 上村洋行 55 ダ1200m(良) 1:10.7 (35.2) -0.1 (ジョイフルハート)
6. 15 中京 CBC賞 GIII 18 1 2 7.7 (4人) 1着 上村洋行 55 芝1200m(良) 1:08.0 (33.8) -0.2 (スピニングノアール)
8. 17 小倉 北九州記念 JpnIII 18 2 4 2.5 (1人) 1着 上村洋行 56 芝1200m(稍) 1:07.5 (34.2) -0.3 (マルカフェニックス)
10. 5 中山 スプリンターズS GI 16 7 14 2.4 (1人) 1着 上村洋行 55 芝1200m(良) 1:08.0 (33.9) -0.2 キンシャサノキセキ
2009. 3. 29 中京 高松宮記念 GI 18 2 4 3.5 (1人) 2着 上村洋行 55 芝1200m(良) 1:08.1 (34.8) 0.1 ローレルゲレイロ
9. 13 阪神 セントウルS GII 15 4 8 2.8 (1人) 2着 上村洋行 57 芝1200m(良) 1:08.2 (34.1) 0.4 アルティマトゥーレ

1400m以上の距離では6戦し2着3回・3着1回と一度も優勝していないのに対し、1200m戦では芝・ダートを問わず12戦し9勝2着3回、連対率100%を誇る生粋のスプリンターであった。

血統表[編集]

スリープレスナイト血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 ヴァイスリージェント系

*クロフネ
1998 芦毛
父の父
*フレンチデピュティ
French Deputy
1992 栗毛
Deputy Minister Vice Regent
Mint Copy
Mitterand Hold Your Peace
Laredo Lass
父の母
*ブルーアヴェニュー
Blue Avenue
1990 芦毛
Classic Go Go Pago Pago
Classic Perfection
Eliza Blue Icecapade
*コレラ

*ホワットケイティーディド
What Katy Did
1989 鹿毛
Nureyev
1977 鹿毛
Northern Dancer Nearctic
Natalma
Special Forli
Thong
母の母
Katies
1981 黒鹿毛
*ノノアルコ Nearctic
Seximee
Mortefontaine *ポリック
Brabantia
母系(F-No.) Katies系(FN:7-f) [§ 2]
5代内の近親交配 Northern Dancer 5×3、Nearctic 5×4・4 [§ 3]
出典
  1. ^ [21]
  2. ^ [22][21]
  3. ^ [21]


備考[編集]

母はアメリカ産で3勝を上げており、半妹にエリザベス女王杯などを制したヒシアマゾンフェアリーステークス勝ちのヒシナイル、ローズステークスを制したヒシピナクルがいる。また、祖母のKatiesの一族からは2007年JRA賞年度代表馬に選出されたアドマイヤムーンが出ている。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m スリープレスナイト JBIS Searchより 2016年7月29日閲覧
  2. ^ 不眠之夜終於永眠 flameracing(中国語の記事)より 2016年7月29日閲覧
  3. ^ a b スリープレスナイト死亡「23日に出産したばかりだったのに」 スポーツニッポン 2016年7月29日閲覧
  4. ^ スリープレスナイト登録抹消 Hatena Diaryより 2016年7月29日閲覧
  5. ^ a b スリープレスナイト netkeibaより 2016年7月29日閲覧
  6. ^ 今更スリープレスナイトの話 gooブログより 2016年7月29日閲覧
  7. ^ “馬主”ガンバ遠藤が武豊を口撃!?
  8. ^ a b c 『優駿』(日本中央競馬会)2008年11月号
  9. ^ 2007年1月7日3歳新馬(京都6R)の結果・払戻 netkeibaより 2016年7月29日閲覧
  10. ^ 2007年1月20日3歳未勝利(京都5R)の結果・払戻 netkeibaより 2016年7月29日閲覧
  11. ^ 函館スプリントステークスへの出走を提案し、騎乗したい旨を調教師に伝えている。
  12. ^ 第44回 CBC賞 KLANより 2016年7月29日閲覧
  13. ^ a b 上村 洋行 Yahoo!競馬より 2016年7月29日閲覧
  14. ^ 上村やっとやっとやっと重賞V/CBC賞 スポニチアネックスより 2016年7月29日閲覧
  15. ^ 第43回 北九州記念 KLANより 2016年7月29日閲覧
  16. ^ スポーツニッポン 2008年10月24日 「スリープレスナイトがけが 香港遠征を中止」
  17. ^ スポーツニッポン 2009年1月21日 「スリープレスナイトじんましんの回復遅れる」
  18. ^ 第39回 高松宮記念 KLANより 2016年7月29日閲覧
  19. ^ 第23回 セントウルステークス KLANより 2016年7月29日閲覧
  20. ^ ブロンシェダーム netkeibaより 2016年7月29日閲覧
  21. ^ a b c 血統情報:5代血統表|スリープレスナイト”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2017年2月23日閲覧。
  22. ^ 平出貴昭 (2014年9月17日). “『覚えておきたい日本の牝系100』収録の全牝系一覧”. 競馬“血統”人生/平出貴昭. 2017年2月23日閲覧。

外部リンク[編集]