上村洋行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
上村洋行
Hiroyuki-Uemura20120204.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 滋賀県
生年月日 (1973-10-23) 1973年10月23日(44歳)
身長 164cm
体重 49kg
血液型 O型
騎手情報
所属団体 JRA
所属厩舎 フリー
初免許年 1992年
免許区分 平地
騎手引退日 2014年2月28日
経歴
所属 柳田次男(栗東)→フリー→
藤原英昭(栗東)→フリー
テンプレートを表示

上村 洋行(うえむら ひろゆき、1973年10月23日 - )は日本中央競馬会 (JRA) 栗東トレーニングセンター所属の元騎手・現調教師。実兄の上村典久は調教助手

来歴[編集]

1992年栗東の柳田次男所属騎手としてデビュー。同期には後藤浩輝横山義行らがいる。

競馬学校在学時より複数の教官たちから追う技術や騎手向きの性格を評価される[1]などデビューした当時から騎乗技術が高く、同年は京王杯オータムハンデキャップをトシグリーンで制するなど、新人ながら40勝を挙げた。

2年目には53勝を挙げ、若手ながら相当な実力を持った騎手として認知されるようになる。1994年には東京優駿でデビュー3年目ながら2番人気のナムラコクオーに騎乗している(6着)。なお、デビュー3年以内で100勝を達成している騎手は他には武豊[2]蛯名正義角田晃一藤田伸二福永祐一[2]武幸四郎秋山真一郎池添謙一北村宏司藤岡佑介川田将雅鮫島良太三浦皇成[2]らがいるが、競馬学校騎手過程8期生以降に適用された「デビュー3年以内でも100勝以上の騎手は減量されない」対象となった最初の騎手である[3]

また、主戦騎手が武豊に乗り替わる前のサイレンススズカゴールドアリュールと後にGI馬になる馬にも騎乗している。

その後もコンスタントに勝ちを積み重ねていたが、1990年代の後半ごろから以前ほどの勢いが落ちる。実はこの時、眼の病気(飛蚊症)を患っていたにもかかわらず治療をしないまま騎乗を続けていたという。それでも毎年10勝以上と2桁の勝ち鞍は挙げていたが、2004年に治療をするため騎乗を自粛。しばらくの間、手術をするため休養に入る。手術は3回行われ、ようやく視力が回復するに至った。

復帰後の2005年には42勝と若い頃に近い成績を残し、神戸新聞杯でストーミーカフェに騎乗した四位洋文に替わってシックスセンスに騎乗したり、エリザベス女王杯を連覇中だったアドマイヤグルーヴにも騎乗している。

2008年6月15日スリープレスナイトCBC賞を勝ち、実に10年ぶりのJRA重賞競走を勝利するとその後も同馬で北九州記念、さらにはスプリンターズステークスも制覇し、GI競走騎乗40回目の挑戦にして初勝利を挙げた。

2014年2月28日付をもって騎手を引退、池添兼雄厩舎所属の調教助手として働きつつ調教師を目指していたが[4]2017年12月7日、JRAの2018年度新規調教師試験に合格した[5]。2018年3月1日付で調教師免許発効となる。

不祥事[編集]

2002年7月12日函館競馬場の調整ルーム食堂内にて上村は青木芳之と口論になり一方的な暴力行為に及んだ。裁決委員は13~14日の騎乗は不適当と判断。競馬施行規則第126条第20号「競馬の公正確保について業務上の注意義務を負う者として相応しくない非行のあった者」を適用し、上村に対し13日から21日までの騎乗停止処分を科した。

主な騎乗馬[編集]

騎乗成績[編集]

日付 競馬場・開催 競走名 馬名 頭数 人気 着順
初騎乗 1992年3月1日 1回阪神2日2R 4歳未勝利 トシワイズ 12頭 3 4着
初勝利 1992年3月28日 1回中京7日6R 5歳上500万円下 スナークライナー 14頭 1 1着
重賞初騎乗 1992年8月30日 3回小倉6日11R 小倉記念 ダンツジュピター 10頭 9 9着
重賞初勝利 1992年9月13日 4回中山2日11R 京王杯AH トシグリーン 13頭 10 1着
GI初騎乗 1993年4月11日 2回阪神6日10R 桜花賞 ショウザンダイヤ 18頭 16 14着
GI初勝利 2008年10月5日 4回中山8日11R スプリンターズS スリープレスナイト 16頭 1 1着
年度 1着 2着 3着 騎乗数 勝率 連対率 複勝率
1992年 40 30 33 398 .101 .176 .259
1993年 53 44 41 433 .122 .224 .319
1994年 50 58 65 546 .092 .198 .317
1995年 36 37 40 449 .080 .163 .252
1996年 6 9 8 119 .050 .126 .193
1997年 21 24 23 328 .064 .137 .207
1998年 15 16 18 218 .069 .142 .225
1999年 23 19 30 318 .072 .132 .226
2000年 29 27 36 414 .070 .135 .222
2001年 14 16 19 286 .049 .105 .171
2002年 28 27 24 359 .078 .153 .220
2003年 14 16 22 278 .050 .108 .187
2004年 6 4 11 95 .063 .105 .221
2005年 42 33 32 529 .079 .142 .202
2006年 24 26 21 438 .055 .114 .162
2007年 36 37 41 503 .072 .145 .227
2008年 30 30 39 483 .062 .124 .205
2009年 16 23 9 372 .043 .105 .129
2010年 33 32 29 471 .070 .138 .200
2011年 29 25 22 348 .083 .155 .218
中央 545 533 563 7385 .074 .146 .222
地方 10 6 6 56 .179 .286 .393

テレビ出演[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 競馬騎手読本
  2. ^ a b c 2年目で達成
  3. ^ 藤田伸二ら競馬学校騎手過程7期生までは、デビューから3年間は勝利数に関わらず一般競走では1kg減で出走できた。なお、2016年に規定が改定され、従来は「デビュー3年以内でも100勝以上の騎手は減量されない」だったものが2年緩和され、「デビュー5年以内でも100勝以上の騎手は減量されない」に変更されている。また見習騎手に対する減量規定については、年によって異なるが、詳細は当該記事を参照のこと。
  4. ^ 上村が引退…目の病気克服し568勝、次は調教師の道へ - スポーツニッポン、2014年2月7日付
  5. ^ 平成30年度新規調教師試験、上村洋行元騎手など5人が合格 - ラジオNIKKEI・競馬実況web、2017年12月7日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]