松若風馬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
松若風馬
Fuma Matsuwaka IMG 8853-2 20150104.JPG
2015年1月4日、福寿草特別パドック
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 滋賀県
生年月日 (1995-09-04) 1995年9月4日(22歳)
身長 152.6cm
体重 47kg
血液型 B型
騎手情報
所属厩舎 音無秀孝栗東
初免許年 2014年
免許区分 平地障害[1]
テンプレートを表示

松若 風馬(まつわか ふうま、1995年9月4日 - )は日本中央競馬会 (JRA) の騎手栗東トレーニングセンター音無秀孝厩舎所属。

来歴[編集]

父は装蹄師で、サクセスブロッケンローレルゲレイロアンライバルドなどの装蹄を担当した松若勝[2][3]。父に連れられ幼い頃から競馬場に通い、小学校から乗馬を始めた。

2014年2月に競馬学校を30期生として卒業。同期に石川裕紀人井上敏樹小崎綾也木幡初也義英真がいる。

2014年3月1日、阪神8Rでサンライズマーチに騎乗しデビュー(4着)。翌2日、小倉2Rで2番人気トレノカチドキに騎乗し、デビュー2戦目で初勝利を挙げた[4]。その約20分前に行われた阪神1Rで同期の義英真が初勝利を挙げたため、新人一番乗りの勝利は逃している。

2014年7月20日、中京競馬第9競走のマカオジョッキークラブトロフィーでホープタウンに騎乗。当初騎乗予定だった武豊が第6競走で落馬負傷し、急遽乗り替わりとなった代役で特別レース初勝利を挙げた[5]

2014年は最終的に47勝を挙げ、関西新人騎手の中で最多勝かつ騎乗停止処分がなかったことが評価され、中央競馬関西放送記者クラブ賞新人賞を受賞した(この年は小崎も、同期よりも2ヶ月程度遅い4月19日デビューの状況下で38勝を挙げ、「新人特別賞」を受賞。2名の受賞となった)[6]。また、関東新人騎手を含めても最多勝かつ30勝以上のため、JRA賞最多勝利新人騎手も受賞した[7]。JRA賞最多勝利新人騎手は、2010年高倉稜が受賞して以来、30勝以上をあげた新人騎手がいなかったため、4年ぶりの対象者となった。

2015年8月9日の小倉記念でアズマシャトルに騎乗し1着となり2014年にJRAデビューした騎手では初めて重賞を勝利した[8]

エピソード[編集]

騎乗成績[編集]

日付 競馬場・開催 競走名 馬名 頭数 人気 着順
初騎乗 2014年3月1日 1回阪神1日8R 4歳上500万下 サンライズマーチ 16頭 5 4着
初勝利 2014年3月2日 1回小倉8日2R 3歳未勝利 トレノカチドキ 16頭 2 1着
重賞初騎乗 2014年6月15日 3回阪神4日11R マーメイドステークス アイムヒアー 14頭 12 12着
重賞初勝利 2015年8月9日 2回小倉4日11R 小倉記念 アズマシャトル 17頭 6 1着
GI初騎乗 2015年6月28日 3回阪神8日11R 宝塚記念 レッドデイヴィス 16頭 12 7着

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]