サクセスブロッケン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
サクセスブロッケン
Success Brocken 20080601P1.jpg
2008年6月1日 東京競馬場
欧字表記 Success Brocken[1]
品種 サラブレッド[1]
性別 [1]
毛色 青鹿毛[1]
生誕 2005年5月5日[1]
登録日 2007年7月11日
抹消日 2011年2月3日[2]
シンボリクリスエス[1]
サクセスビューティ[1]
母の父 サンデーサイレンス[1]
生国 日本の旗 日本北海道浦河町[1]
生産者 谷川牧場[1]
馬主 高嶋哲[1]
調教師 藤原英昭[1]栗東
調教助手 田代[3]
杉本[4]
荻野[5]
装蹄師 松若[6]
競走成績
生涯成績 19戦7勝[1]
獲得賞金 4億847万2000円[7]
勝ち鞍
GI フェブラリーステークス 2009年
JpnI ジャパンダートダービー 2008年
JpnI 東京大賞典 2009年
テンプレートを表示

サクセスブロッケン(欧字名:Success Brocken2005年5月5日 - )は、日本競走馬誘導馬[1]

主な勝ち鞍は、2008年ジャパンダートダービーJpnI)。2009年フェブラリーステークスGI)、東京大賞典JpnI)。

経歴[編集]

デビューまで[編集]

誕生までの経緯[編集]

サクセスビューティは、1999年に北海道新冠町・タニグチ牧場にて生産された牝馬(父:サンデーサイレンス)である[8]栗東トレーニングセンター山内研二厩舎で競走馬としてデビューし、2002年の菜の花賞(OP)、フィリーズレビューGII)を勝利するなど13戦3勝を記録[8]。引退後は、繁殖牝馬として北海道浦河町谷川牧場に繋養された。初年度はジャングルポケットと交配し、2004年に初仔(後のサクセスサーマル)を生産。同年、2回目の交配相手には、種牡馬供用初年度のシンボリクリスエスが選ばれた[9][10]

幼駒時代[編集]

2005年5月5日、谷川牧場にて、2番仔である青鹿毛の牡馬(後のサクセスブロッケン)が誕生[1]。産まれた仔は、牧場の谷川貴英代表が「膝から上は完璧。本当に良い馬だと思ったし、ダービーを意識できる馬だった[11]」と振り返るほどだったが、前脚が大きく外向(外側に曲がって付いている)していた[12]。外向は故障しやすく、能力発揮の妨げになる可能性があったため、日本中央競馬会装蹄師が毎日診察し、獣医師の助言を受けるなど、矯正を試みた[12]。しかし、効果はなく、しばらく競走馬としてデビューする見込みが立たなかった[13]

仔は、母や兄と同様に高嶋哲の所有が内定。競走馬デビューを目指していたが、実績のある両親にもかかわらず、検分する調教師がことごとく管理を拒否[13][14]。預け先が決まらないまま離乳を迎え、浦河町の吉田ファームに移動した[14]。吉田ファーム移動後は、細心の注意を払いながら調教を実施[13]。吉田ファームの牧場長は、大学の馬術部時代から親交のある藤原英昭調教師に仔を紹介した[14]。藤原は、当初その仔と初対面だと考えていたが、過去に牧場で草を食む様子に魅せられた馬がその仔であることが判明[13][14]。偶然の再会から、喜んで管理を受け入れた[14]。その後は、新ひだか町の小国スティーブルに移り、脚に気を遣いながら育成が進められた[15]

仔には、高嶋の用いる冠名サクセス」に、ブロッケン現象から「ブロッケン」を組み合わせ「サクセスブロッケン」と命名[16]。2歳に栗東トレーニングセンターの藤原厩舎に入厩した[13]

競走馬時代[編集]

2-3歳(2007-08年)[編集]

藤原は、脚への負担を考え、メンバーの手薄な福島競馬場かつ、ダート競走を初戦に選択[13]。2007年11月17日、新馬戦(1700メートル)に中舘英二が騎乗して、単勝2番人気でデビューとなった。スタートから先頭に立って逃げ、第3コーナーで加速。後方の追い上げなく独走、後方に10馬身以上の大差で入線して初勝利。2位入線は3.1秒後であり、走破タイムは2歳レコードタイムを樹立した。その後も、ダートへの出走を続け、黒竹賞(500万円以下)、ヒヤシンスステークス(OP)、端午ステークス(OP)にすべて1番人気で出走。それぞれ3馬身半差、4馬身差、5馬身差で悉く勝利し、4戦4勝、4連勝とした[17][18]。藤原は「ただのダート馬と思っていない」と評した[19]

続いて、6月1日の東京優駿(日本ダービー)(JpnI)に参戦。クラシックの出走登録をしていなかったため、追加登録料200万円を支払った上での出走となった[20][6]。初の重賞およびGI、芝競走出走に藤原は「体もしっかりして、脚元の心配もなくなってきた。牡馬を預かったからにはダービーを目指すのは当たり前。オーナーの決断もあってのことだし、横山典騎手も分かってくれている。説明する必要もない。結果を残せると思っているよ[6]」と話し、横山も「十分勝負になると思っていた[21]」と語っている。皐月賞優勝馬のキャプテントゥーレが故障で回避する中、1番人気は、NHKマイルカップを勝利したディープスカイ、続く2番人気は、重賞2勝のマイネルチャールズ。サクセスブロッケンはそれに次ぐ3番人気に支持され、芝の重賞優勝馬を上回る評価となった。スタートから先行し、最終コーナーは4番手で通過。直線では全く伸びず最下位の18着に敗れた。横山は「オレの夢は終わりました。すいません。ダート馬でした。(後略)[22]」と振り返り、藤原も「今後はダート路線でいく[22]」と宣言した。

その後は、栗東トレーニングセンターで調整され、7月9日のジャパンダートダービーJpnI)に参戦[23]。単勝オッズ1.2倍の1番人気で出走した。2番手追走から第3コーナーで抜け出し、追い上げるスマートファルコンに3馬身半差をつけて先頭で入線[24]。重賞およびGI級競走初勝利となった。

秋は園田競馬場で行われた、JBCクラシックJpnI)に2番人気で出走。逃げに出たが、直線で1番人気のヴァーミリアンに捕まり、クビ差かわされ2着敗退した[25][26]。続いてジャパンカップダートGI)でも2番人気で出走し逃げるも、8着に敗れてダートでは初めて着外となった[27][28]。続戦し、年末の東京大賞典JpnI)では岩田康誠に乗り替わり参戦する予定だったが、岩田が騎乗停止となったために結局内田博幸が騎乗[13][29]。2番手から抜け出すも、カネヒキリやヴァーミリアンにかわされ3着に敗れた[30]

4-6歳(2009-11年)[編集]

古馬となった2009年、1月28日の川崎記念JpnI)では2番人気で出走し、3着に敗れて4連敗とした[31]

映像外部リンク
2009年 フェブラリーステークス
レース映像 JRA公式YouTubeチャンネルによる動画

続く、2月22日のフェブラリーステークスGI)では、単勝オッズ20.6倍の6番人気で出走した[13]。スタートからエスポワールシチーが逃げる中、それを見る好位に位置[32]。直線では、同じく好位にいたカネヒキリカジノドライヴと共に3頭で追い上げ、やがてエスポワールシチーをかわして3頭の競り合いとなった。残り50メートルで一番外のサクセスブロッケンが抜け出し、カジノドライヴにクビ差をつけて先頭で入線[33]GI級競走2勝目となり、JRAのGIおよび重賞初勝利となった[33]。走破タイムは、メイショウボーラーが2005年に記録した1分34秒7を0.1秒上回るレースレコードを樹立[33]。谷川牧場は、1994年の優駿牝馬(オークス)をチョウカイキャロルで制して以来、15年ぶりのJRAGI競走勝利となった[12][16]。 その後は8か月の休養となり、秋はマイルチャンピオンシップ南部杯JpnI)で復帰[34]。単勝1番人気に支持されたが、終始エスポワールシチーに突き離されて2着。名古屋競馬場で行われたJBCクラシックは、補欠止まりで出走が叶わず、武蔵野ステークスGIII)に転進[35][36]。1番人気の支持だったが10着。それからジャパンカップダート4着となり3連敗となった。

映像外部リンク
2009年 東京大賞典
レース映像 東京シティ競馬公式YouTubeチャンネルによる動画
第55回東京大賞典(2009年12月29日)

続いて年末の東京大賞典に2番人気で出走。フリオーソが逃げる中、1番人気ヴァーミリアンとともに先行[37]。直線では、ヴァーミリアンが先に抜け出し、サクセスブロッケンはその外から追い上げた[38]。残り100メートルで2頭が並び、競り合ったまま決勝線を通過[39][37]。サクセスブロッケンがハナ差だけ先着し、GI級競走3勝目を挙げた[40]

5歳となった2010年は、ドバイミーティング参戦を目論み、フェブラリーステークスから始動[41][42]。2番人気の支持を集めて先行するも、先に抜け出したエスポワールシチーや、後方から追い込んだテスタマッタに敵わず3着。レース直後、招待を受けていたゴドルフィンマイルG2)への参戦を決定したが[43][44]、後日招待を辞退し、国内に専念した[45]。それから、かしわ記念JpnI)は、2番人気4着、6月の帝王賞は1番人気8着。藤原は、状態の立て直しを図るために放牧させ、秋の出走を見送り年内全休となった[46]。6歳となった2011年、2月の根岸ステークスGIII)で7か月ぶりに復帰するも、13着敗退[47]。体調の悪化を理由に、その後のフェブラリーステークス出走を断念するとともに、引退を発表[47]。2月3日付けでJRAの競走馬登録を抹消した[48]

競走馬引退後[編集]

誘導馬時代(2011年4月24日)

競走馬引退後は去勢され、東京競馬場乗馬となる[2][49]。2011年の2開催では、競馬場内のローズガーデンで展示された[50]。2012年2月からは、誘導馬に転身[51]。インターネット上ではサクセスブロッケンの名でFacebookが開設され、1万人以上のフォロワーを集めた[52]。自身が優勝したフェブラリーステークスでは毎年のように先導を行っていた。また2020年には、初めて東京優駿(日本ダービー)の先導を行った[53]

2021年2月21日、フェブラリーステークスの先導を以って誘導馬を引退し、鹿児島県のホーストラストに移動している[54]。2021年から引退名馬繋養展示事業の対象になっている。

競走成績[編集]

以下の内容は、netkeiba.com[55]およびJBISサーチ[56]に基づく。

競走日 競馬場 競走名 距離(馬場)


オッズ
(人気)
着順 タイム
(上がり3F)
着差 騎手 斤量
[kg]
1着馬(2着馬) 馬体重
[kg]
2007.11.17 福島 2歳新馬 ダ1700m(良) 11 8 11 003.50(2人) 01着 R1:47.9(37.3) -3.1 0中舘英二 55 (クリノコブオー) 506
2008.01.19 中山 黒竹賞 5下 ダ1800m(良) 16 2 3 001.90(1人) 01着 R1:53.9(38.5) -0.6 0横山典弘 56 (クリールパッション) 506
0000.02.24 東京 ヒヤシンスステークス OP ダ1600m(良) 11 7 9 001.50(1人) 01着 R1:37.0(38.0) -0.7 0横山典弘 56 (ダイワマックワン) 522
0000.05.03 京都 端午ステークス OP ダ1800m(良) 15 5 8 001.40(1人) 01着 R1:51.2(37.8) -0.9 0横山典弘 57 ユビキタス 512
0000.06.01 東京 東京優駿 JpnI 芝2400m(良) 18 1 2 008.30(3人) 18着 R2:28.9(37.2) -2.2 0横山典弘 57 ディープスカイ 502
0000.07.09 大井 ジャパンダートダービー JpnI ダ2000m(不) 15 6 11 001.20(1人) 01着 R2:04.5(36.6) -0.6 0横山典弘 56 スマートファルコン 514
0000.11.03 園田 JBCクラシック JpnI ダ1870m(良) 12 1 1 002.20(2人) 02着 R1:56.8(37.5) -0.1 0横山典弘 55 ヴァーミリアン 521
0000.12.07 阪神 ジャパンカップダート GI ダ1800m(良) 15 4 7 004.40(2人) 08着 R1:49.9(37.3) -0.7 0横山典弘 56 カネヒキリ 522
0000.12.29 大井 東京大賞典 JpnI ダ2000m(良) 10 7 8 005.60(3人) 03着 R2:05.0(35.8) -0.5 0内田博幸 55 カネヒキリ 512
2009.01.28 川崎 川崎記念 JpnI ダ2100m(稍) 13 2 2 004.90(2人) 03着 R2:14.0(37.0) -0.7 0内田博幸 56 カネヒキリ 515
0000.02.22 東京 フェブラリーステークス GI ダ1600m(稍) 16 8 15 020.60(6人) 01着 R1:34.6(35.4) -0.0 0内田博幸 57 カジノドライヴ 522
0000.10.12 盛岡 マイルCS南部杯 JpnI ダ1600m(良) 15 4 6 001.80(1人) 02着 R1:36.1 -0.7 0内田博幸 57 エスポワールシチー 520
0000.11.07 東京 武蔵野S GIII ダ1600m(良) 16 6 12 003.80(1人) 10着 R1:36.4(37.5) -0.9 0内田博幸 59 ワンダーアキュート 526
0000.12.06 阪神 ジャパンカップダート GI ダ1800m(良) 16 1 2 009.20(4人) 04着 R1:50.7(37.6) -0.8 0内田博幸 57 エスポワールシチー 526
0000.12.29 大井 東京大賞典 JpnI ダ2000m(良) 14 8 14 002.90(2人) 01着 R2:05.9(36.7) -0.0 0内田博幸 57 (ヴァーミリアン) 521
2010.02.21 東京 フェブラリーステークス GI ダ1600m(良) 15 3 6 006.40(2人) 03着 R1:35.9(36.5) -1.0 0内田博幸 57 エスポワールシチー 532
0000.05.05 船橋 かしわ記念 JpnI ダ1600m(良) 14 3 4 005.70(2人) 04着 R1:37.9(37.0) -1.1 0内田博幸 57 エスポワールシチー 525
0000.06.30 大井 帝王賞 JpnI ダ2000m(稍) 15 1 1 003.00(1人) 08着 R2:05.2(39.6) -1.8 0内田博幸 57 フリオーソ 527
2011.01.30 東京 根岸ステークス GIII ダ1400m(良) 16 6 12 012.30(6人) 13着 R1:25.1(37.0) -2.1 0内田博幸 58 セイクリムズン 522

血統表[編集]

サクセスブロッケン血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 ロベルト系
[§ 2]

*シンボリクリスエス
1999 黒鹿毛
父の父
Kris S.
1977 黒鹿毛
Roberto Hail to Reason
Bramalea
Sharp Queen Princequillo
Bridgework
父の母
Tee Kay 1991
黒鹿毛
Gold Meridian Seattle Slew
Queen Louie
Tri Argo Tri Jet
Hail Proudly

サクセスビューティ
1999 黒鹿毛
*サンデーサイレンス
1986 青鹿毛
Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
母の母
*アワーミスレッグス
1993 黒鹿毛
Deputy Minister Vice Regent
Mint Copy
Colonial Waters Pleasant Colony
Water Cress
母系(F-No.) 4号族(FN:4-r) [§ 3]
5代内の近親交配 Hail to Reason 4×4×5=15.63% [§ 4]
出典
  1. ^ JBISサーチ サクセスブロッケン 5代血統表2017年9月19日閲覧。
  2. ^ netkeiba.com サクセスブロッケン 5代血統表2017年9月19日閲覧。
  3. ^ JBISサーチ サクセスブロッケン 5代血統表2017年9月19日閲覧。
  4. ^ netkeiba.com サクセスブロッケン 5代血統表2017年9月19日閲覧。


近親の活躍馬[編集]

3代母のColonial WatersはアメリカG1ジョンA.モリスハンデキャップの勝ち馬で、ブリーダーズカップ・ディスタフを含めてG1でたびたび2着に入っている活躍馬。その半兄ソードダンサーHの勝ち馬Southern Sultan、プリークネスステークス2着のIron Constitutionがいる。 また、いとこ東京ダービー勝ち馬のマカニビスティーがいる。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o サクセスブロッケン|JBISサーチ(JBIS-Search)”. www.jbis.or.jp. 2021年10月3日閲覧。
  2. ^ a b サクセスブロッケン号が競走馬登録抹消”. JRAニュース. 日本中央競馬会 (2011年2月2日). 2011年2月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年2月9日閲覧。
  3. ^ ブロッケンJDD勝利から一夜明け元気 - 競馬ニュース : nikkansports.com”. www.nikkansports.com. 2021年10月2日閲覧。
  4. ^ 【JCダート】(2)サクセスブロッケン - スポニチ Sponichi Annex ギャンブル” (日本語). スポニチ Sponichi Annex. 2021年10月2日閲覧。
  5. ^ ブロッケン願い届き内枠2番/JCダート - 競馬ニュース : nikkansports.com”. www.nikkansports.com. 2021年10月3日閲覧。
  6. ^ a b c 初芝ブロッケンが伝説になる/ダービー - 競馬ニュース : nikkansports.com”. www.nikkansports.com. 2021年10月3日閲覧。
  7. ^ 根岸S惨敗…G1・3勝サクセスブロッケン引退” (日本語). スポーツニッポン (2011年2月3日). 2012年9月20日閲覧。
  8. ^ a b サクセスビューティ|JBISサーチ(JBIS-Search)”. www.jbis.or.jp. 2021年10月3日閲覧。
  9. ^ 2004年06月06日 愛知杯 G3 | 重賞ウイナーレポート | 競走馬のふるさと案内所”. uma-furusato.com. 2021年10月3日閲覧。
  10. ^ 繁殖牝馬情報:牝系情報|サクセスビューティ|JBISサーチ(JBIS-Search)”. www.jbis.or.jp. 2021年10月3日閲覧。
  11. ^ 2009年02月22日 フェブラリーS G1 | 重賞ウイナーレポート | 競走馬のふるさと案内所”. uma-furusato.com. 2021年10月3日閲覧。
  12. ^ a b c 『優駿』2009年5月号 58-61頁
  13. ^ a b c d e f g h 『優駿』2012年7月号 78-85頁
  14. ^ a b c d e 『優駿』2009年4月号 48-51頁
  15. ^ 2015年11月03日 JBCクラシック(中央交流) Jpn1 | 重賞ウイナーレポート | 競走馬のふるさと案内所”. uma-furusato.com. 2021年10月3日閲覧。
  16. ^ a b フェブラリーSアラカルト | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2021年10月3日閲覧。
  17. ^ ヒヤシンスS、サクセスブロッケンが無傷の3連勝 | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2021年10月3日閲覧。
  18. ^ 【端午S】(京都)~サクセスブロッケンが無傷の4連勝 | 競馬実況web | ラジオNIKKEI”. keiba.radionikkei.jp. 2021年10月3日閲覧。
  19. ^ ブロッケンV4、ダービー挑戦も/端午S - 競馬ニュース : nikkansports.com”. www.nikkansports.com. 2021年10月4日閲覧。
  20. ^ 追加登録での優勝馬はいまだ無し/ダービー - スポニチ Sponichi Annex ギャンブル” (日本語). スポニチ Sponichi Annex. 2021年10月4日閲覧。
  21. ^ 『優駿』2009年7月号 27頁
  22. ^ a b ブロッケンは「ダート馬でした」/ダービー - スポニチ Sponichi Annex ギャンブル” (日本語). スポニチ Sponichi Annex. 2021年10月3日閲覧。
  23. ^ “漆黒の弾丸”ブロッケン/JDD - スポニチ Sponichi Annex ギャンブル” (日本語). スポニチ Sponichi Annex. 2021年10月4日閲覧。
  24. ^ ジャパンダートダービー | 夏の三重賞特設サイト” (日本語). 東京シティ競馬 : TOKYO CITY KEIBA. 2021年10月4日閲覧。
  25. ^ ヴァーミリアンが初のGⅠ8勝目/JBCクラシック【交流JpnⅠ】 | 競馬ニュース | 競馬ラボ” (日本語). www.keibalab.jp. 2021年10月4日閲覧。
  26. ^ 斎藤修. “web Furlong【レースハイライト】第8回JBCクラシックJpnI”. www.keiba.go.jp. 2013年2月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月4日閲覧。
  27. ^ サクセスブロッケン、フィールドルージュ、阪神・JCダートへ”. 競馬ブック. 2021年10月4日閲覧。
  28. ^ カネヒキリ3年ぶりの優勝/JCダート - 競馬ニュース : nikkansports.com”. www.nikkansports.com. 2021年10月4日閲覧。
  29. ^ 岩田が騎乗停止、有馬記念モナーク乗れず - 競馬ニュース : nikkansports.com”. www.nikkansports.com. 2021年10月4日閲覧。
  30. ^ 東京大賞典、カネヒキリが完全復活 | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2021年10月4日閲覧。
  31. ^ web Furlong【レースハイライト】第58回川崎記念JpnI”. www.keiba.go.jp. 2021年10月5日閲覧。
  32. ^ 『優駿』2009年4月号 72-73頁
  33. ^ a b c サクセスブロッケン世代交代の一撃! 7歳2強撃破だ=フェブラリーS” (日本語). スポーツナビ. 2021年10月5日閲覧。
  34. ^ サクセスブロッケン10・12南部杯で復帰” (日本語). 競馬予想のウマニティ. 2021年10月4日閲覧。
  35. ^ 斎藤修 (2009年11月6日). “クローズアップ「歴史を重ねた第9回JBC、課題はいかに有力馬を集めるか」” (日本語). Web Furlong 2009. 地方競馬全国協会. 2010年6月23日閲覧。
  36. ^ サクセスブロッケンで統一を誓う | 藤原英昭調教師 | 競馬ラボ” (日本語). www.keibalab.jp. 2021年10月4日閲覧。
  37. ^ a b 【東京大賞典】サクセスブロッケンGI3勝目” (日本語). 競馬予想のウマニティ. 2021年10月5日閲覧。
  38. ^ ブロッケンが鼻差でV/東京大賞典 - 競馬ニュース : nikkansports.com”. www.nikkansports.com. 2021年10月5日閲覧。
  39. ^ 『優駿』2010年2月号 118頁
  40. ^ ブロッケン鼻差競り勝ち復権/東京大賞典 - 競馬ニュース : nikkansports.com”. www.nikkansports.com. 2021年10月5日閲覧。
  41. ^ サクセスブロッケン、ドバイWC視野に調整” (日本語). 競馬予想のウマニティ. 2021年10月4日閲覧。
  42. ^ サクセスブロッケン勝ってドバイへ/フェブラリーS | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2021年10月4日閲覧。
  43. ^ ブエナビスタにドバイの招待状届く - 競馬ニュース : nikkansports.com”. www.nikkansports.com. 2021年10月4日閲覧。
  44. ^ 3着サクセスブロッケン - スポニチ Sponichi Annex ギャンブル” (日本語). スポニチ Sponichi Annex. 2021年10月4日閲覧。
  45. ^ ゲレイロにドバイ招待状、ブロッケン辞退 - 競馬ニュース : nikkansports.com”. www.nikkansports.com. 2021年10月4日閲覧。
  46. ^ 【根岸S】砂は6歳!ブロッケン戦列復帰” (日本語). 競馬予想のウマニティ. 2021年10月4日閲覧。
  47. ^ a b 根岸S惨敗…G1・3勝サクセスブロッケン引退 - スポニチ Sponichi Annex ギャンブル” (日本語). スポニチ Sponichi Annex. 2021年10月4日閲覧。
  48. ^ サクセスブロッケン引退、乗馬に | 競馬実況web | ラジオNIKKEI”. www.radionikkei.jp. 2021年10月4日閲覧。
  49. ^ 名馬を訪ねて「サクセスブロッケンを訪ねて〜JRA東京競馬場」” (日本語). 競走馬のふるさと案内所. 日本軽種馬協会 (2011年12月27日). 2012年2月28日閲覧。
  50. ^ 東京競馬場から” (日本語). 競馬場だより. 日本中央競馬会 (2011年5月6日). 2016年3月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年2月28日閲覧。
  51. ^ 有吉正徳 (2012年2月24日). “競馬ウイークリー「GI馬ブロッケン、幸せな余生」” (日本語). 朝日新聞. 2012年2月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年2月28日閲覧。
  52. ^ 田中恵一 (2012年12月1日). “【競馬サイドストーリー】ユニークな関西弁で本音ズバズバ サラブレッドがフェイスブックで内幕暴露!?” (日本語). msn産経west. マイクロソフト. p. 1. 2013年6月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年4月2日閲覧。
  53. ^ 【日本ダービー】大先輩サクセスブロッケン“初の大役” 12年ぶりダービー誘導馬として参加”. 日刊スポーツ (2020年5月31日). 2020年5月31日閲覧。
  54. ^ 09年フェブラリーS覇者サクセスブロッケンが誘導馬引退 | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2021年2月6日閲覧。
  55. ^ サクセスブロッケンの競走成績”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2019年10月10日閲覧。
  56. ^ サクセスブロッケン 競走成績”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2019年10月10日閲覧。

参考文献[編集]

  • 優駿』(日本中央競馬会
    • 2009年4月号
      • 芦谷有香「【クローズアップ】サクセスブロッケン デビューすら危ぶまれた馬の『運命』」
    • 2009年5月号
      • 広見直樹「【優駿たちの故郷をたずねて】谷川牧場 創業96年の老舗、長かった15年」
    • 2009年7月号
      • 平松さとし「【日本ダービー詳報】横山典弘 ダービージョッキーとなる1パーセントの奇跡」
    • 2010年2月号
      • 河野道夫「【ダートグレードダイジェスト】第55回東京大賞典(JpnI)」
    • 2012年7月号
      • 阿部珠樹「【優駿激闘譜】サクセスブロッケン 衝撃のデビューから一時代を築き上げた砂の怪物」

外部リンク[編集]