アブクマポーロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アブクマポーロ
欧字表記 Abukuma Poro[1]
品種 サラブレッド[1]
性別 [1]
毛色 鹿毛[1]
生誕 1992年2月27日[1]
クリスタルグリッターズ[1]
バンシューウェー[1]
母の父 ペール[1]
生国 日本の旗 日本北海道門別町
生産 高澤俊雄[1]
馬主 鑓水秋則
→(株)デルマークラブ
[1]
調教師 荒山徳一(大井
→鶴田憲吉(大井)
出川克己船橋
[1]
競走成績
タイトル NARグランプリ年度代表馬(1997・1998年)
NARサラ5歳以上最優秀馬(1997・1998年)
ダートグレード競走最優秀馬(1998年)
[1]
生涯成績 32戦23勝
地方競馬30戦22勝)
中央競馬2戦1勝)
[1]
獲得賞金 8億2009万円[1]
 
勝ち鞍
GI 川崎記念 1998・1999年
GI 帝王賞 1998年
GI 東京大賞典 1998年
GII 東海ウインターステークス 1997年
GII ダイオライト記念 1998・1999年
GIII かしわ記念 1998年
GIII NTV盃 1998年
テンプレートを表示

アブクマポーロ[1]とは日本競走馬。主な勝ち鞍は東京大賞典帝王賞川崎記念(2回)。また、1997年から1998年にかけ、NARグランプリの年度代表馬部門とサラブレッド系5歳上最優秀馬部門を2年連続で受賞した。ダートグレード競走初期に地方競馬側の総大将格として君臨し、引退後年数を経ても地方競馬を代表する最強馬の1頭として名前が挙がっている[2][3]

経歴[編集]

1995年5月5日大井競馬場でデビュー戦を飾る。4歳時は8戦3勝、C1クラスの平凡な成績であった。10月のレース後に7か月の長期休養を挟み、5歳になってから復帰戦を勝った直後に、当時開業したばかりの出川克己厩舎に転厩した。

その後白星を重ね、6歳に入ると本格化。初の重賞挑戦となった大井記念で、負担重量52キログラムの軽量ながら2着馬に6馬身の差を付け、連勝記録を7まで伸ばした。続く帝王賞で連勝は止まったが、中央勢が優勢と見られていたなかコンサートボーイのクビ差2着に入り、地方馬のワンツーフィニッシュを決めた。その後サンタアニタトロフィーを勝つと、中央競馬のオールカマーに参戦。それまで芝のレースは未経験ながら単勝2番人気に推されたが9頭立ての8着に敗れ、以降は芝コースでは走っていない。グランドチャンピオン2000でコンサートボーイへの雪辱を果たしたあと(これ以降、コンサートボーイとの力関係は逆転する)ふたたび中央競馬に参戦、東海ウインターステークスで1番人気に応えて勝利。暮れの東京大賞典(当時距離2800メートル)でも1番人気に推されたが、長距離戦を得意としたトーヨーシアトルキョウトシチーに遅れを取り3着に敗れた。

7歳に入ると凄みを増し、川崎記念を皮切りに、ダイオライト記念マイルグランプリかしわ記念(当時GIII)、帝王賞、NTV盃(当時GIII)まで、いずれも1番人気での6連勝を飾る。とくにかしわ記念はコースレコード(1分35秒4)であり、どのレースも怪物・圧勝と言える内容だった[4]。続くマイルチャンピオンシップ南部杯でも断然の1番人気に推されたが、不良馬場で逃げたメイセイオペラを捕らえられず3着止まり[4]。これには管理する出川克己も「歯車が狂っていた」と振り返っている[4]。しかし連敗はせず、大井に戻ってグランドチャンピオン2000に優勝[4]。このあと馬主がデルマークラブに変わり、臨んだ暮れの東京大賞典(この年から距離2000メートル)では単勝1.8倍の1番人気に支持され、レースでは、直線抜け出しにかかったメイセイオペラをインから一気にかわしてこれに2馬身半の差を付け南部杯の借りを返した[4][5]。ゴール後、及川暁は「アブクマポーロが昨年の忘れ物を取りに来ました」と実況した。レース後、一時は海外遠征も検討されたが、これは実現しなかった[4]

8歳を迎えても強さは衰えず、川崎記念、ダイオライト記念に勝利[4]。相前後してフェブラリーステークスで地方馬初のJRAのGI制覇を成し遂げたメイセイオペラとの3度目の勝負が主たる目標として掲げられていたが、その矢先、ダイオライト記念後の3月26日に馬房で左後肢の飛節を捻挫してしまう[4][6]。休養後いったんは帰厩するも、「本来の(アブクマ)ポーロに戻るには時間がかかる」と引退が決定、復帰は叶わなかった[4]。船橋競馬場で引退式が行われた。生涯で820,090,000円を稼ぎ、地方所属馬の中での生涯獲得賞金額としては当時1位であった[7]が、のちにフリオーソによって更新された。

競走成績[編集]

以下の内容は、netkeiba.com[8]、JBISサーチ[9]地方競馬全国協会[10]に基づく。

年月日 競馬場 競走名 距離(馬場)


オッズ(人気) 着順 タイム
(上り3F)
着差 騎手 斤量
(kg)
勝ち馬/(2着馬)
1995.05.05 大井 サラ系4歳 ダ1200m(重) 10 3 3 0.0(2人) 1着 1:14.7 (38.4) -1.1 荒山勝徳 54 (ウインドホーラー)
0000.06.22 大井 サラ系4歳 ダ1500m(稍) 11 5 5 0.0(1人) 3着 1:39.4 (41.8) -0.9 荒山勝徳 54 マーチンチェニル
0000.07.09 大井 サラ系4歳 ダ1500m(重) 10 7 7 0.0(1人) 1着 1:39.1 (40.9) -0.6 石崎隆之 54 (ヤナギノセイリュウ)
0000.07.23 大井 特選4歳 ダ1600m(良) 14 4 6 0.0(5人) 2着 1:45.5 (40.8) -0.2 荒山勝徳 54 カズサスイジン
0000.08.30 大井 マリーゴールド特別 ダ1600m(良) 10 7 7 0.0(2人) 5着 1:44.4 (38.6) -1.6 荒山勝徳 54 ナイスダッシュ
0000.09.09 大井 コスモス特別 ダ1700m(良) 9 8 9 0.0(2人) 1着 1:51.0 (37.9) -0.4 荒山勝徳 55 (カゼノシルク)
0000.09.29 大井 ハーベストムーン特別 C1二 ダ1700m(良) 12 3 3 0.0(1人) 2着 1:49.7 (38.4) -0.8 荒山勝徳 55 ホワイトアスター
0000.09.29 大井 オパール特別 C1一 ダ1700m(良) 14 5 8 0.0(3人) 4着 1:50.5 (38.4) -0.8 荒山勝徳 55 アロングフローラ
1996.05.17 大井 白鳥座特別 C1一 ダ1700m(良) 14 5 8 0.0(4人) 1着 1:49.6(00.0) -0.5 荒山勝徳 55 (ブルーグランディー)
0000.05.29 船橋 ブルースカイ特別 B3一 ダ1700m(良) 12 5 5 0.0(1人) 1着 1:50.0(00.0) -1.1 石崎隆之 55 (ノーザンエデン)
0000.06.25 船橋 麻綿原特別 B2二 ダ1800m(稍) 7 4 4 0.0(2人) 1着 1:54.5(00.0) -0.0 石崎隆之 55 (タケミパワー)
0000.07.30 川崎 TVK盃 B2一 ダ1600m(良) 11 1 1 0.0(1人) 1着 1:42.6(00.0) -1.0 石崎隆之 55 (ロマンスゴッテス)
1997.04.03 船橋 卯月特別 A3下 ダ1800m(稍) 12 6 8 0.0(1人) 1着 1:52.9(00.0) -0.6 石崎隆之 54 (リズムスター)
0000.04.25 大井 グリーンカップ A2以下 ダ2000m(良) 13 6 9 0.0(1人) 1着 2:06.6 (37.5) -1.2 石崎隆之 53 (ホクリョータイトル)
0000.05.21 大井 大井記念 ダ2600m(良) 12 4 4 0.0(1人) 1着 2:47.9 (38.5) -1.2 石崎隆之 52 (テツノセンゴクオー)
0000.06.24 大井 帝王賞 GI ダ2000m(良) 12 5 6 0.0(3人) 2着 2:04.9 (37.9) -0.0 石崎隆之 57 コンサートボーイ
0000.07.28 大井 サンタアニタT ダ1600m(稍) 12 7 9 0.0(3人) 1着 1:39.8 (38.4) -0.4 石崎隆之 55.5 (ダンディーハート)
0000.09.14 中山 オールカマー GII 芝2200m(良) 9 3 3 03.4(2人) 8着 2:17.4 (36.4) -0.8 石崎隆之 57 メジロドーベル
0000.10.29 大井 グランドチャンピオン2000 ダ2000m(良) 14 5 7 0.0(1人) 1着 2:04.8 (36.6) -0.9 石崎隆之 57 (コンサートボーイ)
0000.11.30 中京 東海ウインターS GII ダ2300m(重) 16 7 13 02.6(1人) 1着 2:24.8 (37.3) -0.0 石崎隆之 56 トーヨーシアトル
0000.12.28 大井 東京大賞典 GI ダ2800m(良) 13 7 10 0.0(1人) 3着 3:01.1 (38.2) -0.7 石崎隆之 57 トーヨーシアトル
1998.01.28 川崎 川崎記念 GI ダ2000m(良) 9 4 4 0.0(1人) 1着 2:04.8(00.0) -0.7 石崎隆之 56 テイエムメガトン
0000.03.18 船橋 ダイオライト記念 GII ダ2400m(良) 11 2 2 0.0(1人) 1着 2:35.3(00.0) -0.8 石崎隆之 55 (テイエムメガトン)
0000.04.16 大井 マイルグランプリ ダ1600m(稍) 15 8 15 0.0(1人) 1着 1:38.3 (37.6) -1.2 石崎隆之 56 (カガヤキローマン)
0000.05.27 船橋 かしわ記念 GIII ダ1600m(重) 9 6 6 0.0(1人) 1着 1:35.4(00.0) -1.2 石崎隆之 57 (パーソナリティワン)
0000.06.24 大井 帝王賞 GI ダ2000m(稍) 13 6 8 0.0(1人) 1着 2:03.4 (35.5) -0.3 石崎隆之 57 バトルライン
0000.09.16 船橋 NTV盃 GIII ダ1800m(重) 10 7 8 0.0(1人) 1着 1:50.9(00.0) -1.6 石崎隆之 58 (ウインドフィールズ)
0000.10.10 盛岡 南部杯 GI ダ1600m(不) 12 8 12 0.0(1人) 3着 1:35.7(00.0) -0.6 石崎隆之 56 メイセイオペラ
0000.10.28 大井 グランドチャンピオン2000 ダ2000m(良) 13 4 5 0.0(1人) 1着 2:05.1 (37.1) -0.5 石崎隆之 56 サプライズパワー
0000.12.23 大井 東京大賞典 GI ダ2000m(良) 15 6 11 0.0(1人) 1着 2:05.4 (36.9) -0.5 石崎隆之 57 (メイセイオペラ)
1999.02.03 川崎 川崎記念 GI ダ2100m(良) 12 7 10 0.0(1人) 1着 2:16.6(00.0) -0.7 石崎隆之 56 キョウトシチー
0000.03.17 船橋 ダイオライト記念 GII ダ2400m(重) 8 8 8 0.0(1人) 1着 2:32.0(00.0) -0.1 石崎隆之 55 マイターン

引退後[編集]

引退後は種牡馬となるも、目立った成績を残せず、2005年に引退。その後は乗馬としてにいかっぷホロシリ乗馬クラブ所属を経て石狩市のオーフルホースコミューンで繋養されている[2][11]

血統表[編集]

アブクマポーロ血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 ブラッシンググルーム系

*クリスタルグリッターズ
Crystal Glitters
1980 鹿毛
父の父
Blushing Groom
1974 栗毛
Red God Nasrullah
Spring Run
Runaway Bride Wild Risk
Aimee
父の母
Tales to Tell
1967 鹿毛
Donut King Determine
Strayed
Fleeting Doll Fleet Nasrullah
Fleet Nasrullah

バンシューウェー
1982 鹿毛
*ペール
1968 鹿毛
Milesian My Babu
Oatflake
Paleo Pharis
Calonice
母の母
ポーロニアユミコ
1978 鹿毛
*プロント Prince Taj
La Caravelle
ミスオリオンの弐 *ヒンドスタン
ヒバナ
母系(F-No.) ウォーターミュージック系(FN:2-i) [§ 2]
5代内の近親交配 Nasrullah 4・5(父内) [§ 3]
出典
  1. ^ [12]
  2. ^ [13][12]
  3. ^ [12]
近親
祖母ポーロニアユミコの半姉ポーロニアオリオンの産駒にイナズマクロス(クイーンステークス)がいる[13]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o アブクマポーロ”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2019年10月1日閲覧。
  2. ^ a b 高橋華代子の(続)気になるあの馬は…”. web Furlong 2013. 地方競馬全国協会 (2013年12月20日). 2019年10月1日閲覧。
  3. ^ 船橋駿馬伝説”. 船橋ケイバホームページ. 千葉県競馬組合. 2019年10月1日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i 1998年東京大賞典”. 日刊競馬で振り返るGI. 日刊競馬新聞社. 2019年10月1日閲覧。
  5. ^ 「Play-back the Grade-Races 1998 December 第44回東京大賞典(GI)」『優駿』第59巻第2号、日本中央競馬会、1999年2月、 71頁。
  6. ^ 「北から南から今月のトピックス」『優駿』第59巻第5号、日本中央競馬会、1999年5月、 126頁。
  7. ^ 斎藤修. “アジュディミツオー引退、そして再出発のとき”. web Furlong 2009. 地方競馬全国協会. 2015年7月5日閲覧。
  8. ^ アブクマポーロの競走成績”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2019年10月1日閲覧。
  9. ^ アブクマポーロ 競走成績”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2019年10月1日閲覧。
  10. ^ アブクマポーロ 出走履歴”. 地方競馬全国協会. 2019年10月1日閲覧。
  11. ^ 引退名馬 - アブクマポーロ”. meiba.jp. 2014年8月24日閲覧。
  12. ^ a b c 血統情報:5代血統表|アブクマポーロ”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2016年7月16日閲覧。
  13. ^ a b 『優駿』1999年2月号、日本中央競馬会、151頁

外部リンク[編集]