カネヒキリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カネヒキリ
Kane Hekili.jpg
2008年12月7日 阪神競馬場
欧字表記 Kane Hekili
香港表記 雷神精靈
品種 サラブレッド
性別
毛色 栗毛
生誕 2002年2月26日
死没 2016年5月27日(14歳没)
フジキセキ
ライフアウトゼア
母の父 Deputy Minister
生国 日本の旗 日本北海道早来町
生産 ノーザンファーム
馬主 金子真人
→金子真人ホールディングス(株)
調教師 角居勝彦栗東
厩務員 高田建吾
競走成績
生涯成績 23戦12勝
中央競馬・13戦7勝)
地方競馬・9戦5勝)
(日本国外・1戦0勝)
獲得賞金 7億9711万6700円
(地方競馬・2億8550万円)
(日本国外・3532万5700円換算)
WTRR D/I119 -2008年
 
勝ち鞍
GI ジャパンDダービー 2005年
GI ダービーグランプリ 2005年
GI ジャパンCダート 2005年・2008年
GI フェブラリーS 2006年
JpnI 東京大賞典 2008年
JpnI 川崎記念 2009年
GIII ユニコーンS 2005年
JpnIII マーキュリーC 2010年
テンプレートを表示

カネヒキリ日本競走馬種牡馬2005年2008年JRA賞最優秀ダートホース。馬名はハワイ語で「雷の精」の意。

現役時代は自身と同じ金子真人ホールディングスの所有馬であり、また主戦騎手も武豊が務めていた同期のディープインパクトになぞらえて砂のディープインパクトと呼ばれた。

競走馬として[編集]

2004年 - 2005年[編集]

2004年7月31日新潟第5競走で、柴田善臣を背に3番人気でデビューしたが、4着に敗れた。同競走の勝ち馬は、のちにフェアリーステークスを勝利するフェリシアだった。次の小倉の未勝利戦でも11着と惨敗した。

しかし、年明けの2005年2月13日京都第2競走未勝利戦では、初めてのダート戦で人気も9番人気まで落ちたが、2着に7馬身差をつける圧勝だった。ここから、ダート路線での快進撃が始まり次の500万下条件戦では2着に大差勝ち。芝の毎日杯7着をはさんで、ダートに戻った端午ステークスでは2着に9馬身差、初のダート重賞ユニコーンステークスでは2着に1馬身4分の3差で重賞初制覇を達成した。勢いそのまま、ジャパンダートダービーは後続に4馬身差をつけ、GI初制覇を成し遂げた。続くダービーグランプリでも直線鮮やかに抜け出して勝利を収め、3歳ダートGI二冠を達成した。

古馬との初対戦となった武蔵野ステークスでは出遅れも響き、追い込み届かずサンライズバッカスの2着に敗れてダート戦初黒星を喫した。しかしジャパンカップダートでは、シーキングザダイヤスターキングマンとの叩き合いをコースレコードで制し、中央GI初制覇を果たした。これは騎乗した武豊の中央競馬史上初となる3年連続200勝達成の勝利でもあった。

これらの活躍が評価され2005年度JRA賞最優秀ダートホースを受賞した。

2006年[編集]

ジャパンカップダート以来の休養明け初戦となるフェブラリーステークスでは前年度の覇者メイショウボーラー船橋の実力馬アジュディミツオーなどが参戦する中、2着シーキングザダイヤに3馬身差で勝利。フェブラリーステークス後はドバイワールドカップに出走するが、エレクトロキューショニストの5着に敗れ、2着のブラスハットの失格により4着に繰り上がった。ブラスハットの関係者から異議申し立てがあったため最終的な着順決定が遅れたが、6月29日に4着と決定した。そしてドバイ後の初戦となる6月28日帝王賞は、地方最強馬アジュディミツオーとの一騎討ちとなり、アジュディミツオーの逃げに1馬身及ばず2着に敗れた。

その後、マイルチャンピオンシップ南部杯を目標とし調整が続けられていたが、屈腱炎を発症。復帰を目指し長期休養に入った。

2007年 - 2008年[編集]

2007年9月9日に帰厩し、復帰レースとなる武蔵野ステークスに向けて調整されていたが右前浅屈腱炎を再発し、9月12日にノーザンファームへ放牧に出され療養した。このとき臀部の脂肪組織にある幹細胞を右前脚の腱に移植する手術を同厩馬のフラムドパシオンとともに受けている。

2008年、療養を終えて10月1日に帰厩した。そして約2年4か月ぶりに出走した武蔵野ステークスでは2番人気に支持されたが、道中では終始掛かり気味に競馬を進め、直線に向いてからは仕掛けどころで周りの馬たちが傘の様な壁となり前にも横にも抜け出すことができず、脚を余して9着に敗れた。

12月7日、阪神競馬場に舞台を移したジャパンカップダートに出走。これまでの実績を評価されて単勝4番人気に推された。レースは骨折の武豊に代わり初騎乗となったクリストフ・ルメールがスタート良く好位につけてインコースを走らせ、第4コーナーを回ったあたりで先頭に立ち、追走するメイショウトウコン、ヴァーミリアンを振り切り、2006年フェブラリーステークス以来、2年10か月ぶりの勝利を2度目の同競走制覇で飾った。ジャパンカップダートの2度制覇は当馬が初めてである。また、この勝利で東京と阪神両方のジャパンカップダートを制したこととなり、これは中央競馬における唯一の記録である。

その後、12月29日大井競馬場で行われた東京大賞典に2番人気で出走。最後の直線で、1番人気のヴァーミリアンを一騎討ちの末、クビ差で制して勝利した。これらの活躍が評価され2008年度JRA賞において最優秀ダートホースに選出されている。

2009年[編集]

2009年は川崎記念から始動、鞍上は引き続きルメールが務めた。レースではフリオーソの2番手でレースを運び、最後の直線で逃げるフリオーソを半馬身かわして、平地GI (JpnI) 勝利数最多タイ(当時)となる7勝目を飾った。

2月22日、GI (JpnI) 4連勝を目指しフェブラリーステークスに出走。全出走馬中最速の上がりで詰め寄るも、サクセスブロッケンカジノドライヴと同タイムの3着に敗れた。5月5日にはかしわ記念に出走し、エスポワールシチーの2着に敗れた。この競走後鞍上の内田博幸が脚元に違和感を覚えたために下馬[1]。翌日に行われた精密検査で左第3指骨々折が判明、1年間の休養に入る[2]

2010年[編集]

当初の復帰初戦は宝塚記念を予定していたが、陣営が「ダートにしたい」という理由でプロキオンステークスへの出走が検討されていた。ところが、大井競馬を主催する特別区競馬組合がダートグレード競走出走資格の変更を行い、従来出走を認めていなかった1年以上休養した馬でも、ゲート試験に合格すれば出走を認めることとし、当年の帝王賞からこの規定が適用されることとなった[3]。無事にゲート試験に合格し、晴れて出走可能となった帝王賞では横山典弘を鞍上に迎え、中団からの押し切りを試みたが、フリオーソから2馬身半離され2着に敗れた。7月19日マーキュリーカップでは逃げるマコトスパルビエロをマークし、2番手でレースを進めると3〜4コーナー中間で先頭に立ち、後続に5馬身差をつけ圧勝し前年の川崎記念以来となる勝ち星を挙げた。8月12日ブリーダーズゴールドカップでは圧倒的1番人気に支持され、レースでは好位で追走し直線でいったん先頭に立つもシルクメビウスにかわされ4馬身差の2着に敗れた。

その後は日本テレビ盃に向けて調整が行われていたが、9月5日、新潟競馬場にて角居調教師より、右前脚の以前とは違う個所に加え、左前脚にも浅屈腱炎が発症したことから、年齢を鑑み引退することが発表され、9月17日付で競走馬登録が抹消された[4][5][6]

競走成績[編集]

年月日 競馬場 競走名


オッズ
(人気)
着順 騎手 斤量
[kg]
距離(馬場) タイム
上り3F
タイム
勝ち馬/(2着馬)
2004. 7. 31 新潟 2歳新馬 14 8 14 06.7(3人) 04着 柴田善臣 54 芝1400m(良) R1:24.6 (37.1) -1.6 フェリシア
8. 21 小倉 2歳未勝利 13 4 5 08.9(5人) 11着 福永祐一 54 芝1800m(良) R1:51.0 (37.5) -2.1 ニホンピロブレイブ
2005. 2. 13 京都 3歳未勝利 14 8 13 59.5(9人) 01着 池添謙一 56 ダ1800m(良) R1:53.3 (36.7) -1.2 (サンシーズン)
2. 26 中山 3歳500万下 10 7 8 01.3(1人) 01着 O.ペリエ 56 ダ1800m(重) R1:53.3 (37.6) -1.8 (シュウザンイーグル)
3. 26 阪神 毎日杯 GIII 14 8 13 08.3(3人) 07着 武豊 56 芝2000m(良) R2:03.0 (35.2) -0.8 ローゼンクロイツ
4. 30 京都 端午S OP 14 6 9 01.2(1人) 01着 武豊 56 ダ1800m(良) R1:50.8 (36.5) -1.4 (エイシンニュートン)
6. 4 東京 ユニコーンS GIII 16 6 11 01.1(1人) 01着 武豊 56 ダ1600m(良) R1:36.5 (37.3) -0.3 アグネスジェダイ
7. 13 大井 ジャパンDダービー GI 14 6 10 01.1(1人) 01着 武豊 56 ダ2000m(良) R2:04.9 (37.8) -0.8 (メイプルエイト)
9. 19 盛岡 ダービーグランプリ GI 12 4 6 01.0(1人) 01着 武豊 56 ダ2000m(良) R2:03.8 (計不) -0.4 サンライズバッカス
10. 29 東京 武蔵野S GIII 16 4 8 01.3(1人) 02着 武豊 57 ダ1600m(良) R1:35.5 (36.2) -0.3 サンライズバッカス
11. 26 東京 ジャパンCダート GI 16 5 10 02.1(1人) 01着 武豊 55 ダ2100m(良) R2:08.0 (36.2) -0.0 シーキングザダイヤ
2006. 2. 19 東京 フェブラリーS GI 16 7 14 02.7(1人) 01着 武豊 57 ダ1600m(良) R1:34.9 (35.7) -0.5 (シーキングザダイヤ)
3. 25 UAE ドバイワールドC G1 11 - 5 発売なし 04着 武豊 57 ダ2000m(良) 計測不能 - Electrocutionist
6. 28 大井 帝王賞 GI 13 5 6 01.6(1人) 02着 武豊 57 ダ2000m(良) R2:02.3 (36.9) -0.2 アジュディミツオー
2008. 11. 8 東京 武蔵野S GIII 16 1 1 06.4(2人) 09着 武豊 58 ダ1600m(良) R1:36.6 (36.7) -0.6 キクノサリーレ
12. 7 阪神 ジャパンCダート GI 15 5 10 09.8(4人) 01着 C.ルメール 57 ダ1800m(良) R1:49.2 (36.4) -0.0 メイショウトウコン
12. 29 大井 東京大賞典 JpnI 10 8 9 03.1(2人) 01着 C.ルメール 57 ダ2000m(良) R2:04.5 (35.1) -0.0 ヴァーミリアン
2009. 1. 28 川崎 川崎記念 JpnI 13 3 3 01.1(1人) 01着 C.ルメール 57 ダ2100m(稍) R2:13.3 (36.5) -0.1 フリオーソ
2. 22 東京 フェブラリーS GI 16 1 2 02.7(1人) 03着 C.ルメール 57 ダ1600m(稍) R1:34.6 (35.3) -0.0 サクセスブロッケン
5. 5 船橋 かしわ記念 JpnI 13 7 11 01.8(1人) 02着 内田博幸 57 ダ1600m(重) R1:36.0 (36.0) -0.1 エスポワールシチー
2010. 6. 30 大井 帝王賞 JpnI 15 8 14 05.8(4人) 02着 横山典弘 57 ダ2000m(稍) R2:03.9 (38.2) -0.5 フリオーソ
7. 19 盛岡 マーキュリーC JpnIII 10 3 3 01.5(1人) 01着 横山典弘 59 ダ2000m(良) R2:04.8 (38.1) -0.8 (ブルーラッド)
8. 12 門別 ブリーダーズGC JpnII 13 4 4 01.2(1人) 02着 横山典弘 58 ダ2000m(不) R2:03.7 (37.2) -0.7 シルクメビウス

※ タイム欄のRはレコード勝ちを示す。

種牡馬時代[編集]

2011年から優駿スタリオンステーションにて種牡馬入り。総額9600万円(1口160万円×60口)のシンジケートが組まれ、早々に満口となった。初年度の種付け料は60万円(受胎条件)または80万円(出生条件)[7]。初年度は6月網嚢孔ヘルニアを発症して手術を受けたためその年の種付けを中断するアクシデントに見舞われたものの、それでも約170頭に種付けをする人気で[8]、2012年も175頭に種付けと好調を維持している。

2014年5月21日門別競馬第5競走・JRA認定フレッシュチャレンジで、コールサインゼロが産駒初勝利をあげた。 2016年5月27日、繋養先の優駿スタリオンステーションにて、種付け中の事故により死亡した。14歳没[9]

グレード制重賞優勝馬[編集]

地方重賞優勝馬[編集]

血統表[編集]

カネヒキリ血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 ヘイロー系サンデーサイレンス系
[§ 2]

フジキセキ 1992
青鹿毛 北海道千歳市
父の父
*サンデーサイレンス
Sunday Silence 1986
青鹿毛 アメリカ
Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
父の母
*ミルレーサー
Millracer 1983
鹿毛 アメリカ
Le Fabuleux Wild Risk
Anguar
Marston's Mill In Reality
Millicent

*ライフアウトゼア
Life Out There 1992
栗毛 アメリカ
Deputy Minister 1979
黒鹿毛 カナダ
Vice Regent Northern Dancer
Victoria Regina
Mint Copy Bunty's Flight
Shakney
母の母
Silver Valley 1979
栗毛
Mr. Prospector Raise a Native
Gold Digger
Seven Valleys Road at Sea
Proud Pied F-No.2-s
母系(F-No.) 2号族(FN:2-s) [§ 3]
5代内の近親交配 5代内アウトブリード [§ 4]
出典
  1. ^ JBIS カネヒキリ5代血統表2016年7月6日閲覧。
  2. ^ netkeiba.com カネヒキリ5代血統表2016年7月6日閲覧。
  3. ^ JBIS カネヒキリ5代血統表2016年7月6日閲覧。
  4. ^ JBIS カネヒキリ5代血統表2016年7月6日閲覧。
  • 半姉アウトオブザウィムの仔にアウトジェネラル(羽田盃)がいる。
  • 母ライフアウトゼアの全兄には、ディバインシルバーやSilverbulletdayらを輩出した種牡馬Silver Deputyがいる。
  • 母ライフアウトゼアの牝系にはその孫に東京ジャンプステークスを制したギルティストライクがいる。
  • 3代母Seven Valleysの牝系からはケンタッキーカップクラシックハンデキャップを制したDa Devil、トロピカルパークダービーを制したLord Robynが出ている。

脚注[編集]

  1. ^ 【かしわ記念】(船橋)〜レース後の関係者のコメント”. ラジオNIKKEI. 2009年5月6日閲覧。
  2. ^ カネヒキリ号が故障”. JRA. 2009年5月6日閲覧。
  3. ^ ダートグレード競走出走資格(欠格事項)の一部変更について”. TOKYO CITY KEIBA. 2010年6月15日閲覧。
  4. ^ 屈腱炎再発でネヒキリが引退、今後は種牡馬に”. 競馬LAB. 2010年9月5日閲覧。
  5. ^ G1 7勝カネヒキリ引退、再び屈腱炎 サンケイスポーツ 2010年9月6日閲覧
  6. ^ “砂のディープインパクト”カネヒキリ引退 デイリースポーツ 2010年9月6日閲覧
  7. ^ 【優駿スタリオンS種牡馬】の2011年度種付料と種牡馬展示会について
  8. ^ 新種牡馬カネヒキリが種付休止
  9. ^ “砂のディープ”ダートG1・7勝馬カネヒキリが死亡 デイリースポーツより 2016年5月27日閲覧
  10. ^ ミツバ”. JBISサーチ. 2018年7月17日閲覧。
  11. ^ ロンドンタウン”. JBISサーチ. 2018年11月26日閲覧。
  12. ^ ディオスコリダー”. JBISサーチ. 2017年12月11日閲覧。
  13. ^ テーオーエナジー”. JBISサーチ. 2018年5月4日閲覧。
  14. ^ コールサインゼロ”. JBISサーチ. 2017年10月22日閲覧。
  15. ^ ユズチャン”. JBISサーチ. 2017年10月22日閲覧。
  16. ^ オトコノヒマツリ”. JBISサーチ. 2017年10月22日閲覧。
  17. ^ ウインオベロン”. JBISサーチ. 2017年10月22日閲覧。
  18. ^ コウザンヒキリ”. JBISサーチ. 2017年12月18日閲覧。
  19. ^ トロヴァオ”. JBISサーチ. 2017年10月22日閲覧。
  20. ^ ミサイルマン”. JBISサーチ. 2017年10月22日閲覧。
  21. ^ カツゲキマドンナ”. JBISサーチ. 2017年10月22日閲覧。
  22. ^ スーパーステション”. JBISサーチ. 2018年7月20日閲覧。
  23. ^ スーパージェット”. JBISサーチ. 2018年6月19日閲覧。

外部リンク[編集]