ヒガシウィルウィン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヒガシウィルウィン
Higashi will win (ヒガシウイルウイン) Urawa Kinen paddock (38578003682).jpg
第38回浦和記念パドック
(2017年11月23日)
欧字表記 Higashi Will Win
品種 サラブレッド
性別
毛色 栗毛
生誕 2014年3月30日(7歳)
死没 (現役競走馬)
サウスヴィグラス
プリモタイム
母の父 ブライアンズタイム
生国 日本の旗 日本北海道新ひだか町
生産 グランド牧場
馬主 (株)MMC
調教師 角川秀樹(北海道
佐藤賢二船橋
→角川秀樹(北海道)
→米谷康秀(船橋)
菅原勲水沢
競走成績
タイトル NARグランプリ年度代表馬(2017年)
NARグランプリ3歳最優秀牡馬(2017年)
生涯成績 43戦14勝
獲得賞金 2億2633万5000円
(2021年9月12日現在)
勝ち鞍
JpnI ジャパンダートダービー 2017年
テンプレートを表示

ヒガシウィルウィンは、日本の競走馬。2017年のジャパンダートダービー勝ち馬である。NARグランプリ2017の年度代表馬・3歳最優秀牡馬

経歴[編集]

2015年のサマーセール(1歳)に上場され、442万8000円で(株)MMCに落札された[1]

2歳 (2016年)[編集]

2016年5月12日のフレッシュチャレンジでデビュー。3戦目のアタックチャレンジで勝ちあがると7戦目のサンライズカップで重賞初制覇。その後交流重賞に挑戦し、北海道2歳優駿ではエピカリスから2.4秒離された2着、全日本2歳優駿では4着となった。このレースの後、船橋の佐藤賢二厩舎へ移籍。

3歳 (2017年)[編集]

3歳シーズン初戦は1月のニューイヤーカップ。後方から徐々に進出すると直線でブラウンレガートをゴール前でアタマ差で差し切り南関東重賞初制覇を果たす[2]。続く京浜盃では先団追走から直線で脚を伸ばすと一旦抜け出したピンクドッグウッドに1馬身1/4差をつけ重賞2連勝となる[3]。5月の羽田盃は2番手追走も逃げるキャプテンキングを捉えきれず2着に敗れる[4]。6月の東京ダービーは好位から直線で抜け出すとキャプテンキングに6馬身差をつけ圧勝した[5]。7月12日のジャパンダートダービーは 先団の後ろでレースを進めると最後の直線では一旦先頭に立ったサンライズソアをゴール前で捉え、クビ差でJpnI初制覇を果たすとともに、地方馬としては7年ぶりの同競走制覇となった[6]

秋は浦和記念から始動。道中は逃げ馬の外2番手から。向正面中間あたりで勝ち馬マイネルバサラが一気に仕掛けて先頭に。さらにそれを追いかけてきたオールブラッシュナムラアラシにもかわされ一時はそのまま沈んで行くかと思われたが、勝ち馬には離されたものの2頭を差し返して2着に入った[7]。続く東京大賞典ではJRAの先行馬を見る位置で6番手から進めるも、3〜4コーナーから伸びず8着に終わった[8]

ジャパンダートダービー優勝が評価され、2017年のNARグランプリ3歳最優秀牡馬NAR年度代表馬に選出された[9]

4歳(2018年)[編集]

かしわ記念から始動するも7着に敗退。その後は条件を問わず常に掲示板内を外さないものの勝ち切るには至らずというレースが続き、この年の勝ち鞍は59キロのトップハンデを背負って挑んだサンタアニタトロフィーの1勝に終わった。

5歳(2019年)[編集]

夏に慣れ親しんだ道営・角川厩舎に再転入し、転入初戦で久しぶりの勝利。だが、結局この年も大敗こそないがこの1勝に留まり、門別のシーズンオフとともに船橋に戻る。この時米谷康秀厩舎に転厩した。

6歳(2020年)[編集]

4月のブリリアントCを除外となったのち、岩手・菅原勲厩舎に移籍した。移籍後初戦となったすずらん賞でおよそ1年ぶりの勝利[10]。さらに青藍賞、絆カップと重賞を2勝した[11][12]

競走成績[編集]

以下の内容は、netkeiba.comの情報[13]に基づく。

競走日 競馬場 競走名 距離(馬場)


オッズ
(人気)
着順 タイム
(上り3F)
着差 騎手 斤量
[kg]
1着馬(2着馬) 馬体重
[kg]
2016.05.12 門別 フレッシュチャレンジ J認 ダ1000m(不) 10 8 10 003.60(1人) 02着 R1:01.0(36.6) -0.9 0阿部龍 54 キタアルプス 430
0000.05.25 門別 アタックチャレンジ J認 ダ1200m(良) 10 5 5 003.00(2人) 02着 R1:14.9(38.4) -0.0 0阿部龍 54 ランニングマン 430
0000.06.09 門別 アタックチャレンジ J認 ダ1200m(不) 11 7 9 001.40(1人) 01着 R1:13.3(37.4) -1.6 0阿部龍 54 (ルックフォワード) 432
0000.06.30 門別 栄冠賞 H2 ダ1200m(良) 13 1 1 006.40(3人) 02着 R1:15.0(39.3) -0.1 0松井伸也 54 バンドオンザラン 434
0000.08.04 門別 ブリーダーズGJC H1 ダ1600m(良) 9 8 9 005.70(3人) 02着 R1:43.8(39.9) -0.1 0松井伸也 54 ストーンリバー 444
0000.08.25 門別 ウィナーズチャレンジ OP ダ1700m(稍) 7 2 2 001.90(1人) 01着 R1:49.1(39.0) -0.5 0宮崎光行 54 (ソッサスブレイ) 444
0000.10.06 門別 サンライズC H2 ダ1700m(不) 12 2 2 001.90(1人) 01着 R1:49.1(38.6) -0.0 0宮崎光行 55 (スウィフトハート) 448
0000.11.01 門別 北海道2歳優駿 JpnIII ダ1800m(稍) 13 3 3 018.20(4人) 02着 R1:57.0(41.2) -2.4 0宮崎光行 55 エピカリス 454
0000.12.14 川崎 全日本2歳優駿 JpnI ダ1600m(不) 14 5 7 020.20(8人) 04着 R1:44.6(41.6) -1.8 0宮崎光行 55 リエノテソーロ 452
2017.01.18 浦和 ニューイヤーC SIII ダ1600m(稍) 11 7 9 002.60(1人) 01着 R1:42.3(38.0) -0.0 0森泰斗 56 (ブラウンレガート) 451
0000.03.22 大井 京浜盃 SII ダ1700m(重) 13 7 12 004.20(3人) 01着 R1:48.5(38.2) -0.2 0森泰斗 56 ピンクドッグウッド 453
0000.05.10 大井 羽田盃 SI ダ1800m(良) 14 3 3 002.80(2人) 02着 R1:54.5(38.1) -0.1 0森泰斗 56 キャプテンキング 455
0000.06.07 大井 東京ダービー SI ダ2000m(重) 15 7 13 003.70(2人) 01着 R2:06.9(38.0) -1.3 0森泰斗 56 (キャプテンキング) 454
0000.07.12 大井 ジャパンDダービー JpnI ダ2000m(良) 14 3 4 010.20(5人) 01着 R2:05.8(38.2) -0.0 0本田正重 56 サンライズソア 459
0000.11.23 浦和 浦和記念 JpnII ダ2000m(不) 11 4 4 003.20(2人) 02着 R2:09.3(39.5) -1.1 0森泰斗 56 マイネルバサラ 472
0000.12.29 大井 東京大賞典 GI ダ2000m(良) 16 4 8 017.60(7人) 08着 R2:06.0(37.9) -1.8 0森泰斗 55 コパノリッキー 469
2018.05.02 船橋 かしわ記念 JpnI ダ1600m(良) 12 5 5 030.50(7人) 07着 R1:40.6(38.5) -1.4 0森泰斗 57 ゴールドドリーム 470
0000.05.23 大井 大井記念 SI ダ2000m(良) 12 8 12 002.80(2人) 03着 R2:07.1(39.6) -0.9 0森泰斗 57 リッカルド 468
0000.06.27 大井 帝王賞 JpnI ダ2000m(良) 15 5 8 068.80(9人) 05着 R2:05.2(38.5) -1.0 0森泰斗 57 ゴールドドリーム 468
0000.08.01 大井 サンタアニタT SIII ダ1600m(良) 13 8 13 002.20(1人) 01着 R1:40.9(38.0) -0.4 0森泰斗 59 (バルダッサーレ) 467
0000.10.03 船橋 日本テレビ盃 JpnII ダ1800m(稍) 12 6 8 017.80(5人) 05着 R1:53.6(37.3) -1.1 0森泰斗 57 ケイティブレイブ 471
0000.10.31 大井 マイルグランプリ SII ダ1600m(良) 16 4 7 002.30(1人) 02着 R1:40.4(39.0) -0.1 0森泰斗 57 クリスタルシルバー 473
0000.12.05 大井 勝島王冠 SII ダ1800m(良) 15 7 13 002.40(1人) 02着 R1:54.3(38.8) -0.6 0森泰斗 57 モジアナフレイバー 473
2019.03.14 船橋 柏の葉OP OP ダ1600m(稍) 14 5 7 002.20(2人) 02着 R1:41.1(38.9) -0.1 0森泰斗 57 ベンテンコゾウ 473
0000.04.09 大井 ブリリアントC SIII ダ1800m(良) 16 4 8 003.90(2人) 04着 R1:54.7(38.1) -0.8 0森泰斗 58 キャプテンキング 472
0000.05.22 大井 大井記念 SI ダ2000m(重) 16 3 6 009.80(5人) 06着 R2:07.4(39.7) -2.4 0本田正重 57 モジアナフレイバー 472
0000.07.04 門別 NOSAIみなみ特別 A1下 ダ1800m(不) 9 8 8 001.20(1人) 01着 R1:54.1(38.9) -0.1 0桑村真明 57 (アトス) 466
0000.08.01 門別 競馬ほのぼの観戦ツアー特別 A1下 ダ1800m(良) 8 7 7 001.20(1人) 02着 R1:55.3(39.9) -0.0 0桑村真明 58 ストーンリバー 464
0000.09.12 門別 旭岳賞 H2 ダ2000m(稍) 8 4 4 006.40(3人) 03着 R2:07.6(40.0) -1.7 0桑村真明 57 スーパーステション 472
0000.10.09 門別 瑞穂賞 H2 ダ1800m(不) 9 8 9 003.70(3人) 02着 R1:52.8(36.8) -0.1 0桑村真明 58 バルダッサーレ 470
0000.11.07 門別 道営記念 H1 ダ2000m(稍) 12 1 1 002.30(1人) 06着 R2:08.0(40.1) -0.8 0桑村真明 56 リンノレジェンド 474
0000.12.10 船橋 総の国OP OP ダ1600m(稍) 11 3 3 004.60(3人) 03着 R1:41.2(38.8) -1.2 0森泰斗 57 リッカルド 470
2020.01.02 川崎 大師OP OP ダ1600m(良) 12 1 1 003.50(2人) 04着 R1:41.1(38.7) -1.0 0森泰斗 57 マイネルバサラ 472
0000.02.26 大井 フジノウェーブ記念 SIII ダ1400m(良) 16 3 6 011.60(5人) 11着 R1:26.9(38.4) -1.4 0吉原寛人 57 トロヴァオ 471
0000.04.07 大井 ブリリアントC SIII ダ1800m(良) 15 7 13 除外 0石崎駿 57 ストライクイーグル 計不
0000.08.01 盛岡 すずらん賞 準重賞 ダ1600m(良) 6 6 6 001.40(1人) 01着 R1:36.9(37.3) -0.3 0山本聡哉 56 (パンプキンズ) 477
0000.09.13 盛岡 青藍賞 M2 ダ1600m(良) 7 1 1 001.10(1人) 01着 R1:38.6(37.9) -1.2 0山本聡哉 57 (パンプキンズ) 480
0000.10.12 盛岡 MCS南部杯 JpnI ダ1600m(稍) 16 7 13 201.8(10人) 08着 R1:34.6(35.8) -1.9 0山本聡哉 57 アルクトス 484
0000.11.23 盛岡 絆C M2 ダ1600m(重) 10 5 5 001.20(1人) 01着 R1:37.7(35.6) -0.3 0山本聡哉 57 (ランガディア) 484
0000.12.31 水沢 桐花賞 M1 ダ2000m(不) 12 7 9 001.90(1人) 02着 R2:13.9(41.2) -0.4 0山本聡哉 57 エンパイアペガサス 486
2021.04.11 水沢 赤松杯 M3 ダ1600m(良) 8 7 7 001.40(1人) 05着 R1:43.7(39.5) -0.9 0山本聡哉 56 チャイヤプーン 486
0000.05.09 水沢 シアンモア記念 M1 ダ1600m(良) 10 5 5 004.10(2人) 01着 R1:42.0(38.0) -0.0 0山本聡哉 57 (エンパイアペガサス) 485
0000.06.20 水沢 みちのく大賞典 M1 ダ2000m(良) 9 6 6 004.20(3人) 02着 R2:12.2(38.4) -0.0 0坂口裕一 57 エンパイアペガサス 480
0000.09.12 盛岡 青藍賞 M2 ダ1600m(良) 12 4 4 001.80(1人) 01着 R1:40.4(38.9) -0.4 0山本聡哉 57 ユノートルベル 470
  • 競走成績は2021年9月12日現在

血統表[編集]

ヒガシウィルウィン血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 ミスタープロスペクター系
[§ 2]

*サウスヴィグラス
1996 栗毛
父の父
*エンドスウィープ
End Sweep
1991 鹿毛
*フォーティナイナー Mr. Prospector
File
Broom Dance Dance Spell
Witching Hour
父の母
*ダーケストスター
Darkest Star
1989 黒鹿毛
Star de Naskra Naskra
Candle Star
Minnie Riperton Cornish Prince
English Harbor

プリモタイム
2004 鹿毛
*ブライアンズタイム
Brian's Time
1985 黒鹿毛
Roberto Hail to Reason
Bramalea
Kelley's Day Graustark
Golden Trail
母の母
キハク
1993 鹿毛
*アサティス Topsider
Secret Asset
ウイニングベット アローエクスプレス
ノースフェイス
母系(F-No.) プロポンチス(GB)系(FN:4-d) [§ 3]
5代内の近親交配 Graustark 4 × 5 = 9.38%、Northen Dancer 5 × 5 = 6.25% [§ 4]
出典
  1. ^ [14]
  2. ^ [15]
  3. ^ [15]
  4. ^ [14][15]


脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 2015年度 北海道サマーセール サラブレッド 1歳”. JBISサーチ. 2019年1月5日閲覧。
  2. ^ ヒガシウィルウィン号 第60回ニューイヤーカップ(SIII)優勝浦和競馬、2017年7月12日閲覧
  3. ^ ヒガシウィルウィンが差し切り重賞連勝/京浜盃・大井netkeiba.com、2017年7月12日閲覧
  4. ^ 移籍初戦のキャプテンキングが押し切りV/羽田盃・大井netkeiba.com、2017年7月12日閲覧
  5. ^ 【大井・東京ダービー】ヒガシウィルウィンV、森は涙の初制覇スポーツニッポン、2017年7月12日閲覧
  6. ^ ヒガシウィルウィンがJRA勢撃破! 7年ぶりの地方馬V!/ジャパンダートダービーnetkeiba.com、2017年7月12日閲覧
  7. ^ https://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=129522
  8. ^ https://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=131373
  9. ^ “NARグランプリ2017、ウィルウィンが年度代表馬を受賞”. スポーツニッポン. (2018年1月16日). https://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2018/01/16/kiji/20180115s00004049411000c.html 2020年11月23日閲覧。 
  10. ^ 準重賞 すずらん賞結果/優勝はヒガシウィルウィン号 – 岩手競馬” (日本語). 2020年11月23日閲覧。
  11. ^ 重賞 青藍賞M2結果/優勝はヒガシウィルウィン号 – 岩手競馬” (日本語). 岩手競馬オフィシャルページ. 2020年11月23日閲覧。
  12. ^ 重賞 絆カップM2結果/優勝はヒガシウィルウィン号 – 岩手競馬” (日本語). 岩手競馬オフィシャルページ. 2020年11月23日閲覧。
  13. ^ ヒガシウィルウィン”. netkeiba.com. Net Dreamers co.LTD. 2019年10月7日閲覧。
  14. ^ a b ヒガシウィルウィン 血統情報:5代血統表”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2021年10月14日閲覧。
  15. ^ a b c ヒガシウィルウィンの5代血統表”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2021年10月14日閲覧。

外部リンク[編集]