ミューチャリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ミューチャリー
Mutually February Stakes 2022.jpg
欧字表記 Mutually[1]
品種 サラブレッド[1]
性別 [1]
毛色 芦毛[1]
生誕 2016年3月31日(6歳)[1]
パイロ[1]
ゴッドビラブドミー[1]
母の父 ブライアンズタイム[1]
生国 日本の旗 日本北海道新冠町[1]
生産者 芳住鉄兵[1]
馬主 石瀬丈太郎[1]
調教師 矢野義幸(船橋[1]
調教助手 森久保仁志(調教師補佐)
競走成績
タイトル NARグランプリ年度代表馬(2021年)
NARグランプリ4歳以上最優秀牡馬(2021年)
生涯成績 28戦8勝
地方:24戦8勝
中央:4戦0勝[1]
獲得賞金 2億7908万円
(2022年9月28日現在)[1]
WBRR I115 / 2021年[2]
勝ち鞍
JpnI JBCクラシック 2021年
テンプレートを表示

ミューチャリー(欧字名:Mutually2016年3月31日 - )は、日本競走馬[1]2021年JBCクラシックの勝ち馬である。

地方競馬所属馬として、史上初めてJBCクラシックを制覇した。

戦績[編集]

2歳(2018年)[編集]

デビューから単勝1倍台の人気に推されて2連勝を飾り、無敗のまま鎌倉記念で重賞に初挑戦。初の輸送競馬で馬体重を大きく減らしており、主戦騎手御神本訓史が「思ったよりも減らしていて」心配するほどであったが、レースでは好位から後の道営三冠馬リンゾウチャネルらを一瞬で抜き去り6馬身差をつける圧勝劇を演じた[3]。暮れの全日本2歳優駿では掲示板外の6着に敗退し、デビュー4戦目にして初めての敗戦を喫した。

3歳(2019年)[編集]

雲取賞から始動し、ヒカリオーソの2着に入線すると南関東三冠全レースに出走し、ヒカリオーソが鼻出血で出走を回避した羽田盃を制するが、東京ダービーは復帰したヒカリオーソの2着、ジャパンダートダービークリソベリルの3着に終わる。9月には中央競馬の芝コースの重賞・セントライト記念に出走するが12着に敗れている。

4歳(2020年)[編集]

1月の川崎記念から始動してチュウワウィザードの4着に食い込んだのを皮切りに中央・地方交流重賞を中心に6戦に出走。フェブラリーステークスで11着に敗れた(詳細は第37回フェブラリーステークスを参照)以外はマイルグランプリで重賞3勝目を挙げるなど、掲示板を外さない堅実さを見せた。

5歳(2021年)[編集]

前年同様、川崎記念から始動。中位で入着するレースが続いたが、5月の大井記念でマイルグランプリ以来の重賞4勝目を挙げる。帝王賞4着後はJBCクラシック出走を見越して、初の長距離遠征となる白山大賞典に出走。鞍上はデビュー以来ずっと騎乗してきた御神本訓史から地元金沢吉原寛人に乗り替わっての出走となったが、レコード勝ちしたメイショウカズサの2着に食い込む。そして同じコンビで臨んだJBCクラシックでは先行策から第4コーナーでカジノフォンテンをかわして先頭に立つと、オメガパフュームの追撃を振り切って1着でゴール。交流重賞初勝利を、地方競馬所属馬として初のJBCクラシック制覇で飾った。次走、東京大賞典は好位から4コーナーでいったん先頭に立つも後続に交わされ4着となった。年末の表彰では地方所属馬初のJBCクラシック制覇が評価され、NARグランプリ年度代表馬および4歳以上最優秀牡馬に選出された。

6歳(2022年)[編集]

3年連続出走となったフェブラリーステークスは中団から伸びきれず10着に敗れた。その後は3月のダイオライト記念に出走、中団から最後の直線で逃げるノーヴァレンダを捉えるべく追い込むが、一歩及ばず3着にとどまった。

競走成績[編集]

以下の内容は、JBISサーチ[4]およびnetkeiba.com[5]に基づく。

競走日 競馬場 競走名 距離
(馬場)



オッズ
(人気)
着順 タイム
(上り3F)
着差 騎手 斤量
[kg]
1着馬(2着馬) 馬体重
[kg]
2018.08.10 船橋 ハイビスカスデビュー 新馬 ダ1000m(重) 6 3 3 001.60(1人) 01着 R1:01.1(37.5) -1.5 0御神本訓史 54 (エスケイエンジェル) 471
0000.09.02 船橋 サプライズパワーメモリアル 一組 ダ1600m(稍) 9 3 3 001.70(1人) 01着 R1:43.5(40.4) -0.7 0御神本訓史 54 (トーセンアイアン) 471
0000.10.17 川崎 鎌倉記念 SII ダ1500m(良) 13 2 2 001.90(1人) 01着 R1:33.6(38.5) -1.3 0御神本訓史 55 リンゾウチャネル 461
0000.12.19 川崎 全日本2歳優駿 JpnI ダ1600m(重) 14 6 10 004.50(3人) 06着 R1:43.9(39.9) -1.1 0御神本訓史 55 ノーヴァレンダ 464
2019.02.07 大井 雲取賞 SIII ダ1800m(重) 16 6 11 001.70(1人) 02着 R1:56.2(38.3) -0.4 0御神本訓史 57 ヒカリオーソ 467
0000.04.24 大井 羽田盃 SI ダ1800m(良) 16 5 10 002.60(1人) 01着 R1:53.5(36.9) -1.0 0御神本訓史 56 (ウィンターフェル) 466
0000.06.05 大井 東京ダービー SI ダ2000m(良) 16 6 12 001.30(1人) 02着 R2:09.8(38.0) -0.4 0御神本訓史 56 ヒカリオーソ 465
0000.07.10 大井 ジャパンDダービー JpnI ダ2000m(稍) 14 3 4 018.80(5人) 03着 R2:06.7(37.1) -0.6 0御神本訓史 56 クリソベリル 463
0000.09.16 中山 セントライト記念 GII 芝2200m(重) 18 6 6 065.7(13人) 12着 R2:12.5(35.1) -1.0 0御神本訓史 56 リオンリオン 460
0000.10.15 大井 '19スターバーストC 準重賞 ダ2000m(重) 11 7 9 001.30(1人) 01着 R2:09.8(38.6) -0.4 0御神本訓史 58 (ハルディネロ) 463
2020.01.29 川崎 川崎記念 JpnI ダ2100m(不) 12 8 11 031.40(6人) 04着 R2:15.5(40.4) -1.4 0御神本訓史 56 チュウワウィザード 465
0000.02.23 東京 フェブラリーS GI ダ1600m(良) 16 7 14 112.9(15人) 11着 R1:37.1(36.4) -1.9 0御神本訓史 57 モズアスコット 464
0000.07.29 大井 マイルGP SII ダ1600m(稍) 13 6 9 004.70(2人) 01着 R1:39.9(38.6) -0.2 0御神本訓史 57 グレンツェント 473
0000.09.30 船橋 日本テレビ盃 JpnII ダ1800m(稍) 14 4 6 007.00(4人) 04着 R1:51.7(39.4) -1.2 0御神本訓史 56 ロードブレス 475
0000.11.03 大井 JBCクラシック JpnI ダ2000m(稍) 15 6 11 109.10(9人) 04着 R2:04.0(37.4) -1.5 0御神本訓史 57 クリソベリル 468
0000.12.29 大井 東京大賞典 GI ダ2000m(良) 16 8 16 032.70(7人) 05着 R2:07.1(36.0) -0.2 0御神本訓史 57 オメガパフューム 468
2021.01.27 川崎 川崎記念 JpnI ダ2100m(重) 10 6 6 016.50(5人) 05着 R2:16.1(37.1) -1.2 0御神本訓史 57 カジノフォンテン 469
0000.02.21 東京 フェブラリーS GI ダ1600m(良) 16 8 15 120.1(13人) 07着 R1:35.3(35.6) -0.9 0御神本訓史 57 カフェファラオ 462
0000.05.05 船橋 かしわ記念 JpnI ダ1600m(稍) 12 5 5 032.10(8人) 06着 R1:40.5(39.1) -1.2 0御神本訓史 57 カジノフォンテン 471
0000.05.19 大井 大井記念 SI ダ2000m(重) 16 5 10 002.50(2人) 01着 R2:04.3(37.2) -1.2 0御神本訓史 57 (フィアットルクス) 467
0000.06.30 大井 帝王賞 JpnI ダ2000m(重) 13 4 5 019.60(8人) 04着 R2:03.8(37.7) -1.1 0御神本訓史 57 テーオーケインズ 466
0000.09.22 金沢 白山大賞典 JpnIII ダ2100m(不) 12 6 8 003.40(2人) 02着 R2:10.9(36.1) -0.6 0吉原寛人 54 メイショウカズサ 461
0000.11.03 金沢 JBCクラシック JpnI ダ2100m(良) 12 6 7 013.90(6人) 01着 R2:13.1(36.0) -0.1 0吉原寛人 57 (オメガパフューム) 460
0000.12.29 大井 東京大賞典 GI ダ2000m(良) 15 6 11 005.60(2人) 04着 R2:04.6(37.8) -0.5 0御神本訓史 57 オメガパフューム 466
2022.02.20 東京 フェブラリーS GI ダ1600m(重) 16 6 12 031.7(11人) 10着 R1:35.1(35.0) -1.3 0御神本訓史 57 カフェファラオ 464
0000.03.23 船橋 ダイオライト記念 JpnII ダ2400m(不) 14 4 6 003.90(3人) 03着 R2:37.8(40.0) -0.6 0本橋孝太 56 ノーヴァレンダ 472
0000.05.25 大井 大井記念 SI ダ2000m(良) 15 8 15 002.10(1人) 15着 R2:09.8(41.6) -4.9 0御神本訓史 57 ランリョウオー 453
0000.09.28 船橋 日本テレビ盃 JpnII ダ1800m(良) 13 5 8 019.40(6人) 13着 R2:06.8(51.0) -13.8 0真島大輔 58 フィールドセンス 465
  • 競走成績は2022年9月28日現在

血統表[編集]

ミューチャリー血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 シアトルスルー系
[§ 2]

*パイロ
2005 黒鹿毛
父の父
Pulpit
1994 鹿毛
A.P. Indy Seattle Slew
Weekend Surprise
Preach Mr. Prospector
Narrate
父の母
Wild Vision
1998 鹿毛
Wild Again Icecapade
Bushel-n-Peck
Carol's Wonder Pass the Tab
Carols Christmas

ゴッドビラブドミー
2004 芦毛
*ブライアンズタイム
1985 黒鹿毛
Roberto Hail to Reason
Bramalea
Kelley's Day Graustark
Golden Trail
母の母
ゴッドインチーフ
1996 芦毛
*コマンダーインチーフ *ダンシングブレーヴ
Slightly Dangerous
*ファーガーズプロスペクト Chief's Crown
Fager's Glory
母系(F-No.) (FN:3-b) [§ 3]
5代内の近親交配 Mr. Prospector 4 × 5 = 9.38%、Roberto 3 ・ 5(母内) = 15.63%、 [§ 4]
出典
  1. ^ [6][7]
  2. ^ [7]
  3. ^ [6]
  4. ^ [6][7]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o ミューチャリー”. JBISサーチ(JBIS-Search). 日本軽種馬協会. 2022年1月15日閲覧。
  2. ^ 国際競馬統括機関連盟 (IFHA) The LONGINES World's Best Racehorse Rankings”. 2022年1月26日閲覧。
  3. ^ 【地方競馬】ミューチャリーが鎌倉記念制覇 デビューから無傷で重賞初勝利 デイリースポーツ、2019年11月4日、2021年11月4日閲覧
  4. ^ "競走成績:全競走成績|ミューチャリー". JBISサーチ. 日本軽種馬協会. 2021年11月3日閲覧
  5. ^ "ミューチャリーの競走成績". netkeiba.com. ネットドリーマーズ. 2021年11月3日閲覧
  6. ^ a b c ミューチャリー 血統情報:5代血統表”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2021年11月3日閲覧。
  7. ^ a b c ミューチャリーの血統表”. netkeiba.com. ネットドリーマーズ. 2021年11月3日閲覧。

外部リンク[編集]