北海道2歳優駿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
北海道2歳優駿
開催国 日本の旗 日本
主催者 北海道
競馬場 門別競馬場
創設 1974年9月21日
2018年の情報
距離 ダート1800m
格付け JpnIII
賞金 1着賞金2500万円
出走条件 サラブレッド系2歳オープン(中央・地方全国交流)
負担重量 定量(55kg牝馬1kg減、南半球産3kg減)
出典 [1]
テンプレートを表示

北海道2歳優駿(ほっかいどうにさいゆうしゅん)は、ホッカイドウ競馬で施行される地方競馬重賞競走ダートグレード競走、JpnIII)である。農林水産大臣より寄贈賞を、道新スポーツより優勝杯の提供を受けており、名称は「農林水産大臣賞典 道新スポーツ杯 北海道2歳優駿」と表記される。

副賞は農林水産大臣賞、株式会社道新スポーツ賞、日本中央競馬会理事長賞、日本馬主協会連合会長奨励賞、(一社)日本地方競馬馬主振興協会会長賞、地方競馬全国協会理事長賞、北海道知事賞(2018年)[2]

概要[編集]

1974年に北海道3歳優駿(ほっかいどうさんさいゆうしゅん)の名称で創設された、サラブレッド系3歳(現表記2歳)馬の重賞競走。施行場は1988年まで札幌競馬場(ダート1200m)で定着していたが、その後開催日程に左右されたびたび変更された後、1997年より門別競馬場(ダート1800m)で概ね定着、併せて全国交流のダートグレード競走としてGIIIに格付けされた。2001年から、馬齢表記変更に際し現名称に変更された。

2020年より本競走を発展させる形でJBC2歳優駿を新設、JBC競走として2歳馬の競走を実施する予定である。

全日本2歳優駿(JpnI、川崎競馬場)のトライアル競走に指定されており、優勝馬には全日本2歳優駿への優先出走権が与えられる(地方所属馬に限る)。

ダートグレード競走に変更された1997年から2018年の優勝馬は、中央競馬所属馬が11勝、地方所属馬が11勝(すべてホッカイドウ競馬所属)となっている[3]

条件・賞金等(2018年)[編集]

出走資格
サラブレッド系2歳、出走枠はホッカイドウ競馬所属馬6頭、地方他地区所属馬4頭、中央競馬所属馬4頭と定められている。
サンライズカップで上位2着までに入った馬に優先出走権がある。
負担重量
定量。55kg、牝馬1kg減(南半球産3kg減)[1]
賞金額
1着2,500万円、2着500万円、3着375万円、4着250万円、5着125万円[2]
優先出走権付与
優勝した地方競馬所属馬には全日本2歳優駿の優先出走権が付与される[3]

過去の副賞[編集]

本競走は2001年から2011年までスタリオンシリーズ競走に指定されており、優勝馬の馬主には特定種牡馬の次年度種付権が副賞として贈られていた。

歴史[編集]

  • 1974年 - サラブレッド系3歳(現2歳)馬の重賞北海道3歳優駿として創設。札幌競馬場・ダート1200mで施行。
  • 1989年 - この年より1996年まで、施行場が函館競馬場・岩見沢競馬場・帯広競馬場と数年ごとに変更された。距離も競馬場にあわせ1600-1800mとなり、以後中距離で定着する。
  • 1997年
  • 2001年 - 馬齢表記変更に伴い、現在の名称に変更。
  • 2006年 - 札幌競馬場のダート1700mで施行(2007年まで)。
  • 2007年 - 国際セリ名簿基準委員会(ICSC)の勧告により、格付け表記をJpnIIIに変更。
  • 2008年 - 施行場・距離が再び門別競馬場・ダート1800mに戻る。
  • 2018年 - 1着がウィンターフェル(牡2・北海道・タイム:1:54.1・騎手:井上俊彦・調教師:林和弘)、2着がイグナシオドーロと着順が確定したが、誤審だと発覚。正しい着順は1着がイグナシオドーロ、2着がウィンターフェル。なお、確定した着順は当初のまま変更されない[4]が、競走成績については2019年2月28日付で正しい着順で取り扱う事となった[5]

歴代優勝馬[編集]

優勝馬の馬齢は2000年まで旧表記、2001年以降は現表記。

第1回から第23回までは北海道ローカル重賞、第24回からダートグレード競走。

競走名は第1回から第27回まで「北海道3歳優駿」、第28回以降は「北海道2歳優駿」。

Rは2歳コースレコード。

回数 施行日 開催地 距離 頭数 優勝馬 性齢 所属 タイム 優勝騎手 管理調教師
第1回 1974年9月21日 札幌 1200m[注 1] 12頭 シヨウマリヤ 牝3 北海道 1:14.1 伊藤隆志 鈴木亮平
第2回 1975年10月20日 札幌 1200m 12頭 カネヤマサウンド 牝3 北海道 1:13.1 千島武司 千島一巳
第3回 1976年10月16日 札幌 1200m 12頭 カミノカチドキ 牡3 北海道 1:12.9 千島武司 戸野塚郁郎
第4回 1977年10月15日 札幌 1200m 14頭 タクマイチフジ 牡3 北海道 1:13.5 山下信雄 中村光春
第5回 1978年10月15日 札幌 1200m 16頭 ミスミネタカ 牝3 北海道 1:13.0 山下信雄 林正夫
第6回 1979年10月21日 札幌 1200m 11頭 トカチオーカン 牡3 北海道 1:13.6 米川伸也 手島健児
第7回 1980年9月21日 札幌 1200m 9頭 ダイワキミコ 牝3 北海道 1:13.3 須藤三千夫 石本義孝
第8回 1981年10月21日 札幌 1200m 10頭 テスコウルフ 牡3 北海道 1:15.1 伊藤隆志 鈴木亮平
第9回 1982年10月6日 札幌 1200m 10頭 モミジビユーテイー 牝3 北海道 1:15.4 松本隆宏 鈴木権四郎
第10回 1983年10月9日 札幌 1200m 14頭 エスコート 牝3 北海道 1:13.9 原孝明 佐藤二郎
第11回 1984年10月7日 札幌 1200m 11頭 フシミイチジヨウ 牝3 北海道 1:15.4 高岡秀行 成田春男
第12回 1985年9月16日 札幌 1200m 9頭 トムロイヤル 牝3 北海道 1:13.5 佐々木一夫 佐藤二郎
第13回 1986年9月28日 札幌 1200m 16頭 フエリーナイト 牝3 北海道 1:13.5 佐々木一夫 佐藤二郎
第14回 1987年10月20日 札幌 1200m 11頭 マルスクラウン 牝3 北海道 1:13.1 佐々木一夫 須藤三千夫
第15回 1988年8月30日 札幌 1200m 12頭 ドクタースパート 牡3 北海道 1:11.8R 佐々木一夫 成田春男
第16回 1989年11月2日 帯広 1700m 11頭 テツセンスーパー 牡3 北海道 1:49.0 松田路博 石本義孝
第17回 1990年11月8日 函館 1700m 12頭 ダンサーズクロス 牡3 北海道 1:48.0 國信満 鈴木亮平
第18回 1991年11月7日 函館 1700m 12頭 スガノスキー 牡3 北海道 1:47.9 柳沢好美 成田春男
第19回 1992年11月4日 岩見沢 1600m 12頭 スイートビクトリア 牝3 北海道 1:46.5 川島洋人 鈴木英二
第20回 1993年11月3日 帯広 1700m 12頭 クラシャトル 牝3 北海道 1:50.3 小野望 後條雄作
第21回 1994年11月10日 帯広 1800m 12頭 スイートイブン 牝3 北海道 2:00.3 宮崎光行 鈴木英二
第22回 1995年11月22日 帯広 1800m 10頭 マイネルバルーン 牡3 北海道 1:55.6R 川島洋人 鈴木英二
第23回 1996年11月7日 帯広 1700m 12頭 タイセイリーフ 牡3 北海道 1:50.2 坂下秀樹 松田路博
第24回 1997年12月10日 門別 1800m 12頭 マイネルクラシック 牡3 JRA 1:55.9 佐藤哲三 中村均
第25回 1998年11月23日 門別 1800m 14頭 キングオブサンデー 牡3 JRA 1:50.8R M.ロバーツ 森秀行
第26回 1999年11月25日 門別 1800m 14頭 タキノスペシャル 牡3 北海道 1:55.2 井上俊彦 高岡秀行
第27回 2000年11月23日 門別 1800m 14頭 ムガムチュウ 牡3 JRA 1:54.5 藤田伸二 清水出美
第28回 2001年11月21日 門別 1800m 13頭 フェスティバル 牝2 JRA 1:56.8 小野次郎 伊藤圭三
第29回 2002年11月14日 門別 1800m 12頭 ブラックミラージュ 牡2 北海道 1:53.7 武豊 林正夫
第30回 2003年10月29日 門別 1800m 14頭 アドマイヤホープ 牡2 JRA 1:55.1 武豊 橋田満
第31回 2004年11月9日 門別 1800m 11頭 モエレアドミラル 牡2 北海道 1:57.8 千葉津代士 堂山芳則
第32回 2005年10月27日 門別 1800m 14頭 エイティジャガー 牡2 北海道 2:00.1 佐々木国明 恵多谷豊
第33回 2006年10月26日 札幌 1700m 13頭 トップサバトン 牡2 北海道 1:48.7 井上俊彦 国信満
第34回 2007年10月25日 札幌 1700m 11頭 ディラクエ 牡2 北海道 1:47.0R 山口竜一 成田春男
第35回 2008年10月30日 門別 1800m 12頭 メトロノース 牡2 JRA 1:54.5 武豊 安田隆行
第36回 2009年11月5日 門別 1800m 13頭 ビッグバン 牡2 北海道 1:53.4 桑村真明 角川秀樹
第37回 2010年11月4日 門別 1800m 12頭 カネマサコンコルド 牡2 北海道 1:55.3 宮崎光行 堂山芳則
第38回 2011年11月10日 門別 1800m 14頭 オーブルチェフ 牡2 JRA 1:53.1 中舘英二 萩原清
第39回 2012年11月8日 門別 1800m 10頭 アルムダプタ 牡2 JRA 1:53.5 幸英明 五十嵐忠男
第40回 2013年11月7日 門別 1800m 12頭 ハッピースプリント 牡2 北海道 1:52.5 宮崎光行 田中淳司
第41回 2014年11月6日 門別 1800m 12頭 ディアドムス 牡2 JRA 1:54.9 三浦皇成 高橋裕
第42回 2015年11月5日 門別 1800m 10頭 タイニーダンサー 牝2 北海道 1:55.7 桑村真明 角川秀樹
第43回 2016年11月1日 門別 1800m 13頭 エピカリス 牡2 JRA 1:54.6 C.ルメール 萩原清
第44回 2017年10月31日 門別 1800m 9頭 ドンフォルティス 牡2 JRA 1:55.5 武豊 牧浦充徳
第45回 2018年11月1日 門別 1800m 13頭 ウィンターフェル(2018/11/01~2019/02/27)

イグナシオドーロ(2019/02/28~)

牡2 北海道 1:54.1 阿部龍 角川秀樹

脚注[編集]

  1. ^ 当時の札幌競馬場は芝コース設置前で、外回りダートコースとして使用していた。

出典[編集]

  1. ^ a b 農林水産大臣賞典 道新スポーツ杯第45回北海道2歳優駿競走(JpnIII)出走予定馬 (PDF)”. (一社)北海道軽種馬振興公社. 2018年10月30日閲覧。
  2. ^ a b 門別競馬出走馬一覧表 平成30年度第15回門別競馬第3日11月1日(木) (PDF)”. 名古屋けいばオフィシャルサイト. 2018年10月30日閲覧。
  3. ^ a b キャンペーン”. SPAT4プレミアムポイント. 2018年10月30日閲覧。
  4. ^ 北海道2歳優駿(JpnIII)における着順の誤審について”. 地方競馬全国協会. 2018年11月2日閲覧。
  5. ^ 「第45回北海道2歳優駿」に関わる1着馬、2着馬の競走成績の取り扱いについて”. ホッカイドウ競馬. 2019年2月28日閲覧。

各回競走結果の出典[編集]

関連項目[編集]