レギュラーメンバー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
レギュラーメンバー
Regular Member(horse) 20001125P1.jpg
2000年11月25日 東京競馬場
品種 サラブレッド
性別
毛色 黒鹿毛
生誕 1997年6月16日
死没 2017年7月11日(20歳没)
コマンダーインチーフ
シスターソノ
母の父 ナスルエルアラブ
生国 日本の旗 日本北海道新冠町
生産 高瀬牧場
馬主 (有)ノースヒルズマネジメント
調教師 山本正司栗東
競走成績
生涯成績 24戦6勝
獲得賞金 5740万6000円(中央競馬
2億5800万円(地方競馬
0円(日本国外)
テンプレートを表示

レギュラーメンバー(1997年6月16日 - 2017年7月11日)は日本中央競馬会 (JRA) に登録されていた元競走馬。2000年代初頭のダートグレード競走路線で活躍した馬で、おもな勝鞍に2000年のダービーグランプリ、2001年の第1回JBCクラシックなどがある。2001年にはドバイワールドカップへの国外遠征も経験した。引退後は種牡馬となっている。祖母にロジータ、叔父にイブキガバメントカネツフルーヴ(同い年)らがいる。競走馬時代の主戦騎手は現調教師松永幹夫

※以下特記のない限り、馬齢はすべて現年齢表記(満年齢表記)で統一する。

競走馬時代[編集]

競走馬としてのデビューは3歳を迎えた2000年2月5日の京都競馬場での新馬戦ダート1800メートル)で、単勝2.7倍の1番人気に支持されると、後の主戦騎手となる松永幹夫鞍上のもと、2着以下に大差を付けて初勝利を飾った。その勢いで同月26日に行われた重賞アーリントンカップに挑戦するが、5番人気の支持を受けながらも最下位に沈み、また続く自己条件のゆきやなぎ賞(500万下)でも9着に終わった。

しかし、再びデビュー戦以来のダート戦となった沈丁花賞(500万下)では断然の1番人気支持に応えて快勝し、続く端午ステークスでもやはり1番人気支持のもとで連勝を飾った。以後、レギュラーメンバーはダート路線を進んでいくことになるが、翌戦の昇竜ステークスでは5着、初のダート重賞戦となった名古屋優駿ではアグネスデジタルミツアキサイレンスらを抑えての1番人気に支持されるが6着に敗れている。

その後休養を挟み、秋の初戦に迎えたユニコーンステークス[1]でも再びアグネスデジタルと対戦し、5着に敗れている。続くエニフステークスでも2着に敗れたが、11月3日に迎えたダービーグランプリではマイネルブライアンマイネルコンバットウインマーベラス、ミツアキサイレンスらを相手にしながら逃げる戦術をとり、最終的には2着に大差をつけてゴールする圧勝でGI競走初勝利を挙げた。

続くジャパンカップダートではウイングアローの10着と大敗、年末の東京大賞典ではファストフレンドに1馬身半差の2着に敗れるが、翌年初戦に迎えた川崎記念ではそのファストフレンドを半馬身抑えて優勝、GI2勝目を挙げた。3月、レギュラーメンバーはトゥザヴィクトリーとともにドバイワールドカップに日本代表として参戦した。本番ではそのトゥザヴィクトリーが勝ち馬キャプテンスティーヴからハナ差の2着に喰い込んで話題になった一方で、レギュラーメンバーは12頭立ての9着と見せ場なく終わった。

帰国後の初戦は7月のマリーンステークスで3着、続くブリーダーズゴールドカップも3着であったが、10月31日に迎えた第1回のJBCクラシックでは3歳時以来の1番人気に推され、ノボトゥルーやハギノハイグレイドなどを相手にしながらも、最後にはマキバスナイパーの追撃をクビ差逃げ切って優勝を果たした。しかし翌戦のジャパンカップダートではクロフネの圧勝から遠く14着と惨敗を喫し、以後休養に入った。

休養は長引き、レギュラーメンバーが再び競走に復帰したのは約1年2ヶ月後の2003年1月であった。しかし復帰戦の平安ステークスでは7着、続くフェブラリーステークスではブービー15着、その後も2桁着順が続くなど不振を極めた。そして大沼ステークスで8着に敗れたのを最後に、6月26日付けで競走馬登録を抹消され、引退することとなった。

種牡馬時代[編集]

引退翌年の2004年春から優駿スタリオンステーションで種牡馬となり、49頭に種付けを行った。後の2008年12月16日に青森県山内牧場に移動した。

2005年に誕生したファーストクロップのうち、32頭が血統登録された。2007年7月16日に福山競馬場でバクシンスターが勝利し、これが産駒の地方競馬中央競馬通じての初勝利となった。また、10月24日には名古屋競馬場で行われたゴールドウイング賞を産駒のイーストミーが制し、初年度産駒にして地方・中央通じての重賞初勝利を挙げている。

腰を痛めたことが原因で、2012年限りで種牡馬を引退した[2]。その後は功労馬繋養展示事業の助成を受けて、2017年7月に死亡するまで青森県の山内牧場で余生を過ごした[3]

主な産駒[編集]

エピソード[編集]

ダービーグランプリでの勝利は、鞍上の松永幹夫にとって初のダートのGI級競走勝利、牡馬でのGI級競走勝利となった。

血統表[編集]

レギュラーメンバー血統リファール系ノーザンダンサー系) / Lyphard 3×4=18.75% (血統表の出典)

*コマンダーインチーフ
Commander in Chief
1990 鹿毛
父の父
*ダンシングブレーヴ
Dancing Brave
1983 鹿毛
Lyphard Northern Dancer
Goofed
Navajo Princess Drone
Olmec
父の母
Slightly Dangerous
1979 鹿毛
Roberto Hail to Reason
Bramalea
Where You Lead Raise a Native
Noblesse

シスターソノ
1991 黒鹿毛
*ナスルエルアラブ
Nasr El Arab
1985 鹿毛
Al Nasr Lyphard
Caretta
Coral Dance Green Dancer
Carvina
母の母
ロジータ
1986 鹿毛
*ミルジョージ
Mill George
Mill Reef
Miss Charisma
メロウマダング *マダング
スピードキヨフジ F-No.4-m


脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 当時は9月に開催されていた。翌年より6月に移動している。
  2. ^ レギュラーメンバーを訪ねて〜山内牧場”. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2017年7月13日閲覧。
  3. ^ 第1回JBCクラシック覇者・レギュラーメンバー死す”. スポーツ報知. 2017年7月13日閲覧。
  4. ^ イーストミー”. JBISサーチ. 2018年1月30日閲覧。
  5. ^ ダイナマイトボディ”. JBISサーチ. 2018年1月30日閲覧。
  6. ^ ブラックポイント”. JBISサーチ. 2018年1月30日閲覧。
  7. ^ サイレントスタメン”. JBISサーチ. 2018年1月30日閲覧。
  8. ^ ホウライエイブル”. JBISサーチ. 2018年1月30日閲覧。
  9. ^ フレーザーハクユウ”. JBISサーチ. 2018年1月30日閲覧。
  10. ^ ウルトラカイザー”. JBISサーチ. 2018年7月24日閲覧。
  11. ^ テッド”. JBISサーチ. 2018年1月30日閲覧。

外部リンク[編集]