ロジータ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ロジータ
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1986年5月26日(31歳)
死没 2016年12月[1]
ミルジョージ
メロウマダング
生国 日本の旗 日本北海道新冠町
生産 高瀬牧場
馬主 加藤富保
調教師 福島幸三郎(川崎
競走成績
生涯成績 15戦10勝
獲得賞金 2億1420万円
テンプレートを表示

ロジータ日本の元競走馬。現役時代には牝馬でありながら南関東三冠競走を制した。半妹東京3歳優駿牝馬を優勝したテーケーレディー、伯母に函館3歳ステークスシンザン記念を優勝したミルフォードスルー(ランフォザドリームの母)がいる。

生まれ故郷の牧場の片隅に咲いていた百合の品種名「ロジータ」にその名は由来する。ちなみにロジータとはラテン語で「谷間に咲く百合」という意味でもある。

戦績[編集]

主戦騎手野崎武司で、15戦すべてに騎乗している。

1988年に3歳(当時)でデビューし、この年は4戦2勝。翌1989年、年明けからニューイヤーカップ京浜盃桜花賞重賞を3連勝し、陣営は牝馬路線ではなく、牡馬の三冠路線に駒を進めることとした。ロジータはその期待に応えて羽田盃東京ダービーをいずれも楽勝して二冠を達成。初の古馬との対戦となった報知オールスターカップでは2着に甘んずるものの、この時点で南関東最強クラスの1頭と数えられるようになった。

秋シーズンは初戦に当時の数少ない中央・地方交流競走であるオールカマーを選び、5着と敗れる[2]ものの、当時の規程により第9回ジャパンカップの出走権を獲得。地元に戻って東京王冠賞を勝って南関東三冠を達成。ジャパンカップではホーリックスの15着と大敗するが、次走東京大賞典で並み居る古馬を相手に馬なりで圧勝し[3]、南関東最強と呼ばれるようになる。

この時点でもう実力は出し尽くしたと判断されたのかまもなく引退が決定され、地元川崎川崎記念を引退レースに選ぶ。川崎記念では単勝1.0倍[4]、2番人気以下は全て万馬券と言う圧倒的な支持を受け、当時の川崎競馬場のレコードとなる超満員の観客が見守る中を8馬身差の圧勝。引退の花道を飾った。この入場人員のレコードは、その後ホクトベガの日本ラストランとなる川崎記念まで破られる事が無かった。川崎競馬はロジータの功績をたたえ、牝馬限定レースのロジータ記念を新設した[4]

年度別競走成績[編集]

  • 1988年(4戦2勝)
  • 1989年(10戦7勝)
    • 1着 - 東京大賞典、東京ダービー、羽田盃、東京王冠賞、桜花賞(浦和)、京浜盃、ニューイヤーカップ
    • 2着 - 報知オールスターカップ
  • 1990年(1戦1勝)
    • 1着 - 川崎記念

エピソード[編集]

ロジータは非常に後肢の力が強く、馬房で暴れた際には天井の板を蹴破って壊したこともあった。現在も福島厩舎のロジータのいた馬房にはその跡が残っている(2006年、ファン感謝イベントの際の福島師のコメントより)。

産駒[編集]

ロジータは繁殖成績も優秀で、子孫に重賞連対馬を多く輩出している。また、後継繁殖牝馬も多数生まれている。オーナーブリーダーであるノースヒルズマネジメントは、しばしば子孫を自己名義で走らせている。

川崎記念を、自身、子のカネツフルーヴ、孫のレギュラーメンバーの3世代で制している。

血統表[編集]

ロジータ血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 ミルリーフ系
[§ 2]

*ミルジョージ
Mill George
1975 鹿毛
父の父
Mill Reef
1968 鹿毛
Never Bend Nasrullah
Lalun
Milan Mill Princequillo
Virginia Water
父の母
Miss Charisma
1967 鹿毛
Ragusa Ribot
Fantan
*マタティナ Grey Sovereign
Zanzara

メロウマダング
1981 鹿毛
*マダング
Madang
1973 鹿毛
Habitat Sir Gaylord
Little Hut
Jellatina *フォルティノ
Queenpot
母の母
スピードキヨフジ
1970 鹿毛
*チャイナロック Rockefella
May Wong
イチシンヒカリ トサミドリ
ニューライト
母系(F-No.) スピードキヨフジ系(FN:4-m) [§ 3]
5代内の近親交配 Grey Sovereign 4x5、Nasrullah 4x5(父系) [§ 4]
出典
  1. ^ [5]
  2. ^ [5]
  3. ^ [6],[4]
  4. ^ [5]

脚注[編集]

  1. ^ ロジータ号死亡のお知らせ”. 川崎競馬組合 (2017年11月7日). 2017年11月7日閲覧。
  2. ^ 地方馬が軒並み2桁順位の下位に甘んずる中、勝馬掲示板に食い込む最先着であった。なお、このレースを勝った中央馬も、元々が地方競馬出身であるオグリキャップであり、地方競馬が存在感を見せたレース結果であった。
  3. ^ 2着馬は岩手競馬所属で初のダービーグランプリを優勝し、東京大賞典出走のため一時的に南関東に移籍していたスイフトセイダイだった。
  4. ^ a b c 池畑成功 (1996-04-11). ダービースタリオン96 繁殖牝馬カタログ (初版 ed.). アスペクト. p. 154. ISBN 4-89366-501-4. 
  5. ^ a b c ロジータの血統詳細”. netkeiba.com. 2015年9月19日閲覧。
  6. ^ 平出貴昭 (2014年9月17日). “『覚えておきたい日本の牝系100』収録の全牝系一覧”. 競馬“血統”人生. 2015年10月19日閲覧。

関連項目[編集]

  • GRANDAME-JAPAN - 2010年から新設された地方競馬の牝馬限定ポイント制シリーズ。「ロジータふたたび」というキャッチフレーズを使用している。なお同年の2歳シリーズ優勝のクラーベセクレタは翌2011年の羽田盃・東京ダービーのニ冠を制しており、ロジータ以来22年ぶりの「牝馬による南関東クラシックニ冠」を果たしている。

外部リンク[編集]