ランフォザドリーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ランフォザドリーム
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1994年4月3日
リアルシャダイ
ミルフォードスルー
母の父 スルーザドラゴン
生国 日本の旗 日本北海道新冠町
生産 高瀬牧場
馬主 高瀬牧場
調教師 田中耕太郎栗東
競走成績
生涯成績 25戦5勝(うち地方競馬1戦0勝)
獲得賞金 2億3008万5000円
テンプレートを表示

ランフォザドリーム日本競走馬繁殖牝馬。おもな勝ち鞍はマーメイドステークス朝日チャレンジカップ

戦績[編集]

1996年11月京都競馬場でデビュー。デビュー戦では敗れるも折り返しの新馬戦で勝ち上がり、その後2戦して勝つことができず休養に入る。

休養明けの1997年11月に約1年ぶりの勝利をあげると続くレースでも勝ち、連勝をする。 1998年になると2着を挟み重賞初挑戦となった京都牝馬ステークスで2着に入りオープン入りを果たすと、続く中山牝馬ステークスでも2着に入り重賞戦線の常連となる。

その後、マーメイドステークスで重賞初勝利をあげると、牡馬との混合戦・朝日チャレンジカップでも勝利をあげ、GI初挑戦となるエリザベス女王杯を5番人気で迎えGI初勝利も期待されたが惜しくも2着に敗れる。 続く阪神牝馬ステークスで9着に敗れるとその後は精彩を欠き、1999年のエリザベス女王杯(18頭立て18着)を最後に競走馬を引退した。

繁殖成績[編集]

生まれ故郷の高瀬牧場で繁殖入りすると、1年目から函館2歳ステークス勝ち馬のフィーユドゥレーヴ(父サンデーサイレンス)を送り出し順調なスタートをきった。 2007年に産まれた第6子オウケンサクラフラワーカップを制し桜花賞では2着、優駿牝馬(オークス)でも5着と好走した。

産駒一覧[編集]

生年 馬名 毛色 戦績(特記)
第1子 2001年 フィーユドゥレーヴ 栗毛 サンデーサイレンス 19戦2勝
  • 2003年函館2歳ステークス (GIII)
第2子 2003年 フジキドリーム 鹿毛 エルコンドルパサー 地方21戦5勝
第3子 2004年 オウケンタフバナナ 鹿毛 コマンダーインチーフ 2戦1勝
第4子 2005年 フジキライディーン 栗毛 コロナドズクエスト 3戦0勝
第5子 2006年 ヤマノランボー 鹿毛 ダンスインザダーク 6戦1勝
第6子 2007年 オウケンサクラ 鹿毛 バゴ 31戦3勝
  • 2010年フラワーカップ (GIII)
第7子 2008年 メイショウヤマト 鹿毛 ファンタスティックライト 2戦0勝
第8子 2010年 メイショウキョトウ 栗毛 アグネスタキオン 4戦0勝
第9子 2011年 ヤマノウィザード 鹿毛 ディープインパクト
第10子 2013年 ランフォザドリームの2013 鹿毛 マンハッタンカフェ
  • 2013年10月6日現在

血統表[編集]

ランフォザドリーム血統5代内アウトブリード (血統表の出典)

*リアルシャダイ
Real Shadai 1979
黒鹿毛 アメリカ
父の父
Roberto 1969
鹿毛 アメリカ
Hail to Reason Turn-to
Nothirdchance
Bramalea Nashua
Rarelea
父の母
Desert Vixen 1970
黒鹿毛 アメリカ
In Reality Intentionally
My Dear Girl
Desert Trial Moslem Chief
Scotch Verdict

ミルフォードスルー 1988
栗毛 日本
*スルーザドラゴン
Slew the Dragon 1982
鹿毛 アメリカ
Seattle Slew Bold Reasoning
My Charmer
Gueniviere Prince John
Bold But Baffled
母の母
スピードキヨフジ 1970
鹿毛 日本
*チャイナロック
China Rock
Rockefella
May Wong
イチシンヒカリ トサミドリ
ニユーライト F-No.4-m

父は同馬の項を参照。母ミルフォードスルーは函館3歳ステークスシンザン記念の優勝馬。いとこには南関東公営競馬の名牝ロジータがいる。

外部リンク[編集]