ロックフェラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ロックフェラ
欧字表記 Rockfella
品種 サラブレッド
性別 牡馬
毛色 黒鹿毛
生誕 1941年
死没 1968年
Hyperion
Rockfel
母の父 Felstead
生国 イギリスの旗 イギリス
生産

Hugo Cunliffe-Owen

(Weir Park Stud)
競走成績
生涯成績 3勝
テンプレートを表示

ロックフェラ (Rockfella) とは、イギリス産の競走馬及び種牡馬である。
父は大種牡馬ハイペリオン(Hyperion)、母は英二冠牝馬ロックフェル(Rockfel)で、競走馬としてはそれほど活躍しなかったものの、種牡馬としてゲイタイムチャイナロックなどを輩出し、特に日本競馬に大きな影響を与えた。
父系子孫はハイペリオン系の中でもロックフェラ系と呼ばれることが多い。

経歴[編集]

母ロックフェルは、デビュー当初セリングレースでも入着できなかったところから、1938年の1000ギニーオークスを制して二冠牝馬になると、秋にはチャンピオンステークスやエイントリーダービーでは牡馬を相手に完勝して、プリティーポリーセプターと比較されるほどの名牝になった競走馬であった。
しかしながら、ロックフェルは繁殖入り後間もなく腸捻転が原因で亡くなってしまい、唯一残した産駒が父ハイペリオンの牡馬、後のロックフェラであった。
ロックフェラは、3勝をあげたものの、競走馬としては特筆すべき成績は残さなかった。
ところが、競走馬を引退して種牡馬になると、クラシック優勝馬などを輩出し、さらに産駒のチャイナロックは輸出された日本においてタケシバオーハイセイコーを輩出してリーディングサイアーに輝く活躍をみせた。
チャイナロックのほかにゲイタイムも二冠馬メイズイなどを輩出したため、日本では父系子孫をロックフェラ系と扱うことがある。

おもな産駒[編集]


母の父として[編集]

  • Hibernia(GER,1960) - 1963年愛オークス
  • Sharpen Up(GB,1969) - 1971年ミドルパークステークス
  • Appiani(ITY,1963) - 1966年伊ダービー
  • Hi Q.(USA,1966) - 1971年ヴァニティーハンデキャップ
  • Bounty Hawk(NZ,1980) - 1984年豪マッキノンステークス
  • Rosalba(GB,1956) - 1959年クイーンエリザベス2世ステークス

血統表[編集]

ロックフェラ血統ハイペリオン系/Galicia S4×M5=9.38%、St. Simon S4×S5=9.38%、Galopin S5xS5=6.25%、Cyllene S5×M5=6.25%) (血統表の出典)
父系

Hyperion
1930 栗毛 イギリス
父の父
Gainsborough
1915 鹿毛 イギリス
Bayardo Bay Ronald
Galicia
Rosedrop St. Frusquin
Rosaline
父の母
Selene
1919 鹿毛 イギリス
Chaucer St. Simon
Canterbury Pilgrim
Serenissima Minoru
Gondolette

Rockfel
1935 黒鹿毛 イギリス
Felstead
1925 鹿毛 イギリス
Spion Kop Spearmint
Hammerkop
Felkington Lemberg
Comparison
母の母
Rockliffe
1928 鹿毛 イギリス
Santorb Santoi
Countess Torby
Sweet Rocket Rock Flint
Bustle

F-No.7-a

母系(F-No.)
5代内の近親交配
出典


外部リンク[編集]