ウインマーベラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ウインマーベラス
品種 サラブレッド
性別
毛色 黒鹿毛
生誕 1997年2月10日(20歳)
死没 (現役種牡馬)
サンデーサイレンス
ミヤビサクラコ
母の父 ノーザンテースト
生国 日本の旗 日本北海道門別町
生産 三城牧場
馬主 (株)ウイン
調教師 森秀行美浦
競走成績
生涯成績 平地39戦6勝
障害9戦6勝
獲得賞金 4億219万円
テンプレートを表示

ウインマーベラスとは日本の元競走馬で現在は種牡馬である。2003年障害競走で年間重賞4勝を達成した黒鹿毛牡馬全兄北海道3歳優駿に優勝したキングオブサンデー、全弟にダート競走で6連勝したウインデュエルがいる.

戦績[編集]

平地デビューは1999年。当初はダート競走を中心に出走しダービーグランプリで4着、芝ではオープン特別のディセンバーステークスに勝つなど中々の活躍を見せたが重賞を勝つことができないまま2003年に障害入りする。

障害初戦はやや雑な飛越ながらも平地力の違いで押し切り勝利で飾る。すると昇級初戦で重賞への挑戦となり阪神スプリングジャンプでは本命馬不在の中で単勝5.2倍とはいえ1番人気に推される。しかし一度目の向こう正面でロングランニングの落馬により大きな不利を受け、その後も計6頭が競走中止するなかスムーズさを欠き3着に敗れる。

だが、次走の障害オープンの勝利から快進撃が続くこととなり京都ジャンプステークスと連勝。東京ハイジャンプダイワデュールの2着に敗れるが、続く小倉サマージャンプ、そして阪神ジャンプステークス京都ハイジャンプと重賞3連勝を記録する。

そして、12月27日に行われるはずだった大一番中山大障害は降雪により翌2004年1月10日に順延となり、1番人気は前年中山グランドジャンプに優勝したビッグテースト、ウインマーベラスは2番人気となる。レースはブランディスが逃げ、ウインマーベラスは4,5番手。最終第3コーナーで詰め寄り一気に交わす勢いだったがこのあたりで脚部に故障を発生し、逃げるブランディスを捕らえきれず2着。レース後の検査で右前浅屈腱不全断裂により競走能力喪失と診断され引退となった。

飛越の度に後退しその後盛り返すなど障害の一流馬としては珍しいタイプである。また年間に重賞を4勝しながらJRA賞最優秀障害馬に選出されなかったのも本馬だけである。

引退後[編集]

引退後は種牡馬入りした。2004年から2006年までは北海道新冠町優駿スタリオンステーションで繋養されていたが、初年度は10頭に種付けを行うものの頭数には恵まれず、2007年シーズンからは青森県八戸市の山内牧場に移動している。

2007年、10月6日東京競馬場で行われた2歳未勝利戦を、血統登録された5頭の初年度産駒の1頭であるディアディアーが勝利し、この勝利が産駒の中央・地方を通じた初勝利となった。 そのディアディアーは後に父と同じく障害入りし、2010年の福島ジャンプステークスを制するなどの活躍をした。

血統表[編集]

ウインマーベラス血統サンデーサイレンス系/Almahmoud 4×5=9.38%、Lady Angela 4×5=9.38% (血統表の出典)

*サンデーサイレンス
Sunday Silence 1986
青鹿毛 アメリカ
Halo 1969
黒鹿毛 アメリカ
Hail to Reason 1958 Turn-to
Nothirdchance
Cosmah 1953 Cosmic Bomb
Almahmoud
Wishing Well 1975
鹿毛 アメリカ
Understanding 1963 Promised Land
Pretty Ways
Mountain Flower 1964 Montparnasse
Edelweiss

ミヤビサクラコ
1989 栗毛
*ノーザンテースト
Northern Taste 1971
栗毛 カナダ
Northern Dancer Nearctic
Natalma
Lady Victoria Victoria Park
Lady Angela
ダイナフリーウェイ
1982 栗毛
* ディクタス
Dictus
Sanctus
Doronic
シャダイシグナル *ボールドリック
*Safety F-No.13-c
父系
母系(F-No.)
5代内の近親交配
出典

外部リンク[編集]