ウインデュエル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ウインデュエル
欧字表記 Win Duel
品種 サラブレッド
性別
毛色 黒鹿毛
生誕 1999年4月30日
抹消日 2005年11月25日
サンデーサイレンス
ミヤビサクラコ
母の父 ノーザンテースト
生国 日本の旗 日本北海道門別町
生産 三城牧場
馬主 (株)ウイン
調教師 藤沢和雄[1][2][3]美浦北
競走成績
生涯成績 14戦9勝[1][4]
獲得賞金 1億6743万1000円
テンプレートを表示

ウインデュエル日本競走馬中央競馬で競走生活を送り、ダートで6連勝を含む10戦8勝の成績を挙げ[4]、引退後には種牡馬となった。馬名冠名の「ウイン」と、英語で決闘を意味する[3]「デュエル」が由来となっている。

経歴[編集]

競走馬時代[編集]

1999年、セレクトセールにて6000万円で落札された[5][1]市場取引馬で、ウインレーシングクラブにて一口馬主が募集された[3]。募集価格は総額8000万円、募集口数400口、一口価格20万円だった[3]

競走馬としてのデビューは遅く2002年、3歳時の8月だったが、函館競馬場のダート1700メートル戦で大差勝ちを収めた[1]。次に芝の中距離路線へ進み[6]、3歳以上500万円以下競走で2着となったあと、重賞セントライト記念に格上挑戦したが6着に終わる[1]。その後は自己条件戦を2戦し1勝、3着1回とした[1]が、11月の3歳以上1000万円以下競走を[7]肩の跛行により出走取消となり[7][1]、さらにその後左前脚に屈腱炎を発症[1]し、1年以上の療養を余儀なくされた。

5歳となった2004年1月に実戦復帰し[1]、そこからダートで[1]6連勝を達成し[8][9]一気にオープン馬に上り詰め、9月に行われた重賞のエルムステークスでは単勝オッズ1.2倍の圧倒的な1番人気に支持された[10]が、反応の鈍さから[11]、先を行くパーソナルラッシュ1馬身4分の1およばず2着だった[10][11]。その後右前脚に屈腱炎を発症[1]し、ふたたび長期療養に入った。

6歳となった2005年、1年ぶりの実戦となったペルセウスステークスで勝利を挙げた[2][1]。続くエニフステークスはハンデキャップ競走であったが人気に応えられず[12]5着に終わる[12][1]。その後右前脚に屈腱炎が再発し[3][1]11月25日付で日本中央競馬会 (JRA) の競走馬登録を抹消され[1][3]、引退した。

オープン特別競走を3勝したが、重賞は勝てないまま終わった[4]。全14戦中、セントライト記念以外[1]はすべて単勝1番人気[1][13]で、そのうち11戦が1倍台のオッズであった[1]

競走馬引退後[編集]

競走馬引退後、株式会社ジェイエスに無料で譲渡され[3]アロースタッドで種牡馬となる[4][14][3][13]。初年度となる2006年種付け料は受胎確認後10万円、産駒誕生後20万円に設定され[13]、39頭に種付けを行った[6]

2008年、9頭に種付けを行った[6]あと、乗馬としてのオファーを受け[4]、産駒の競走馬デビューを待たずしてこの年限りで種牡馬を引退[4][6]。8月11日にアロースタッドを去り[4]ノーザンホースパークへ移動した[15][4][6]

2009年にデビューした初年度産駒は中央競馬[6]地方競馬[16][6]でそれぞれ勝利を挙げている。

血統表[編集]

ウインデュエル血統サンデーサイレンス系/Almahmoud 4×5=9.38%、Lady Angela 4×5=9.38% (血統表の出典)

*サンデーサイレンス
Sunday Silence 1986
青鹿毛 アメリカ
父の父
Halo 1969
黒鹿毛 アメリカ
Hail to Reason 1958 Turn-to
Nothirdchance
Cosmah 1953 Cosmic Bomb
Almahmoud
父の母
Wishing Well 1975
鹿毛 アメリカ
Understanding 1963 Promised Land
Pretty Ways
Mountain Flower 1964 Montparnasse
Edelweiss

ミヤビサクラコ
1989 栗毛
*ノーザンテースト
Northern Taste 1971
栗毛 カナダ
Northern Dancer Nearctic
Natalma
Lady Victoria Victoria Park
Lady Angela
母の母
ダイナフリーウェイ
1982 栗毛
* ディクタス
Dictus
Sanctus
Doronic
シャダイシグナル *ボールドリック
*Safety F-No.13-c


全兄キングオブサンデーウインマーベラスがいる[1][4]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s ウインデュエルが引退、種牡馬入り” (日本語). netkeiba.com. ネットドリーマーズ (2005年12月1日). 2012年6月9日閲覧。
  2. ^ a b 【ペルセウスS】(中山)〜ウインデュエルが完勝で復活の狼煙” (日本語). 競馬実況web. 日経ラジオ社 (2005年9月17日). 2012年6月9日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h 所属馬詳細 ウインデュエル” (日本語). ウインレーシングクラブ (2005年11月25日). 2012年6月9日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i トピックス「ウインデュエルが種牡馬を引退、乗馬に」” (日本語). ケイバブック (2008年8月21日). 2012年6月9日閲覧。
  5. ^ セレクトセール1999 セール結果 [上場No順全取引結果]” (日本語). 日本競走馬協会. 2012年6月9日閲覧。 “2 ミヤビサクラコの99”
  6. ^ a b c d e f g 新種牡馬ウインデュエル産駒が初勝利” (日本語). netkeiba.com. ネットドリーマーズ (2009年8月29日). 2012年6月9日閲覧。
  7. ^ a b 平成14年 第5回 中山競馬 (PDF)” (日本語). 日本中央競馬会. pp. 14-15 (2002年). 2012年6月9日閲覧。
  8. ^ ウインデュエル圧勝で6連勝達成” (日本語). netkeiba.com. ネットドリーマーズ (2004年7月18日). 2012年6月9日閲覧。
  9. ^ 【マリーンS】(函館)〜ウインデュエル7馬身差で6連勝” (日本語). 競馬実況web. 日経ラジオ社 (2004年7月18日). 2012年6月9日閲覧。
  10. ^ a b エルムS、パーソナルラッシュ快勝” (日本語). netkeiba.com. ネットドリーマーズ (2004年9月4日). 2012年6月9日閲覧。
  11. ^ a b 全国競馬情報「9月4日(土)『エルムS(GIII)は3歳馬パーソナルラッシュ』他」” (日本語). 競馬実況web. 日経ラジオ社 (2004年9月6日). 2012年6月9日閲覧。
  12. ^ a b 全国競馬情報「10月15日(土)「エニフS(JRA京都)の結果」他」” (日本語). 競馬実況web. 日経ラジオ社 (2005年10月17日). 2012年6月9日閲覧。
  13. ^ a b c 馬産地ニュース「21日アロースタッドで種牡馬展示会を開催」” (日本語). 競走馬のふるさと案内所. 日本軽種馬協会 (2006年2月23日). 2012年6月9日閲覧。
  14. ^ ウインデュエル、アロースタッドへ入厩” (日本語). netkeiba.com. ネットドリーマーズ (2005年12月3日). 2012年6月9日閲覧。
  15. ^ 名馬を訪ねて「ウインデュエルを訪ねて」” (日本語). 競走馬のふるさと案内所. 日本軽種馬協会 (2009年1月9日). 2012年6月9日閲覧。
  16. ^ 小塚歩 (2009年5月29日). “全国競馬情報「5月29日(金)『ダービーWeek開幕、佐賀と岩手の2レースの枠順確定』他」” (日本語). 競馬実況web. 日経ラジオ社. 2012年6月9日閲覧。

外部リンク[編集]