レディアンジェラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
レディアンジェラ
品種 サラブレッド
性別
毛色 栗毛
生誕 1944年
死没 1966年
Hyperion
Sister Sarah
生国 イギリスの旗 イギリス
生産者 Martin H. Benson
馬主 Martin Benson
E.P. Taylor
競走成績
生涯成績 11戦1勝
テンプレートを表示

レディアンジェラ (Lady Angela) はイギリス生産の競走馬繁殖牝馬。競走馬としては振るわなかったが、繁殖牝馬としてカナダに輸出された後、1958年のカナダ年度代表馬であり、種牡馬としても7度カナダリーディングサイアーを獲得したニアークティックを出産した。ニアークティックの産駒の中には、カナダ産馬として初めてケンタッキーダービーを制し、種牡馬としても大成功を収めたノーザンダンサーがいる。

2010年、サラブレッドの血統に対する世界的な影響力を評価され、カナダ競馬名誉の殿堂に選出された。

生い立ち[編集]

レディアンジェラはイギリスの著名なブックメーカーで、馬産家でもあったマーティン・H・ベンソン英語版によって生産された。

父のハイペリオンは1933年のダービーステークス勝馬で、種牡馬としても6度イギリスのリーディングサイアーを獲得した実績を持つ。母のシスターサラはステークスレース勝馬を4頭輩出し、その牝系は1967年のムーランドロンシャン賞勝馬であるグレートネフューや2010年ダービーステークス・凱旋門賞勝馬であるワークフォースなどに繋がっている[1][2]

戦績[編集]

生涯で11回レースに出走し、エプソム競馬場で1勝を挙げ[3]、4度2着に入った[4]。1948年に競走馬を引退。

繁殖牝馬時代[編集]

繁殖入り後、ネアルコとの種付けが数度行われた[5][6]。その後、カナダの実業家で馬生産者でもあったエドワード・プランケット・テイラーに10,500ギニーで購入された。またテイラーはレディアンジェラをカナダに輸出する前に、種付け料3,000ドルを追加で支払いネアルコとの種付けを行った。そしてカナダ到着後に出生した子馬が、のちのニアークティックである[3][6][7]

ニアークティックは4歳時にカナダ・アメリカ両国の主要なステークスレースで優勝し、1958年のカナダ年度代表馬英語版に選ばれた。引退後は種牡馬入りし、カナダで7度リーディングサイアーを獲得した。ニアークティックの代表産駒であるノーザンダンサーは、カナダ産馬として史上初となるケンタッキーダービー優勝を果たし、種牡馬としても世界的な成功を収めた[1]

ニアークティックの後、レディアンジェラはさらに8頭の子馬を産み、そのうち7頭が勝ち上がった。競走馬として最も成功したのはチョップチョップ英語版との配合で生まれたチョペリオン(Choperion)で、1961年のコロネーションフューチュリティステークス英語版で優勝した。また繁殖牝馬として成功を収めた代表産駒に以下の2頭がいる[1][6][2]

レディアンジェラは1966年に亡くなり、オシャワ近郊のウインドフィールズファームの墓地に埋葬された[8]。没後も、その血はニアークティックとノーザンダンサーを通じて多くのサラブレッドに受け継がれた。2010年、その多大な影響力を評価され、カナダ競馬名誉の殿堂に選出された[3]。1982年から毎年5月にウッドバイン競馬場で開催されているレディアンジェラステークス英語版は、生前のレディアンジェラの功績を称え命名された。

血統[編集]

レディアンジェラ血統ハイペリオン系 / St.Simon 4.5×5=12.50%、Canterbury Pilgrim 4×4=12.50%、Galopin 5×5=6.25%) (血統表の出典)

Hyperion
1930 栗毛 イギリス
父の父
Gainsborough
1915 鹿毛 イギリス
Bayardo Bay Ronald
Galicia
Rosedrop St.Frusquin
Rosaline
父の母
Selene
1919 鹿毛 イギリス
Chaucer St.Simon
Canterbury Pilgrim
Serenissima Minoru
Gondlette

Sister Sarah
1930 黒鹿毛 イギリス
Abbots Trace
1917 栗毛 イギリス
Tracery Rock Sand
Topiary
Abbot's Anne Right-Away
Sister Lumley
母の母
Sarita
1924 黒鹿毛 イギリス
Swynford John o' Gaunt
Canterbury Pilgrim
Molly Desmond Desmond
Pretty Polly F-No.14-c


脚注[編集]

  1. ^ a b c Nearctic (horse)”. American Classic Pedigrees. 2017年6月24日閲覧。
  2. ^ a b Thoroughbred Bloodlines - Pretty Polly - Family 14-c”. www.bloodlines.net. 2017年6月24日閲覧。
  3. ^ a b c Lady Angela | Canadian Horse Racing Hall of Fame”. 2017年6月24日閲覧。
  4. ^ Pedigree of Lady Angela”. pedigreequery.com. 2017年6月24日閲覧。
  5. ^ Nearctic's pedigree with nicking stats” (英語). Equineline. 2017年6月24日閲覧。
  6. ^ a b c Lady Angela Offspring”. www.pedigreequery.com. 2017年6月24日閲覧。
  7. ^ Triumph and Tribulation”. Summerhill Stud. 2017年6月24日閲覧。
  8. ^ Requests to Designate Certain Buildings... pursuant to the Ontario Heritage Act”. app.oshawa.ca. 2017年6月24日閲覧。

外部リンク[編集]