カンタベリーピルグリム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

カンタベリー・ピルグリム・Canterbury Pilgrim、1893年 - 1917年)は、イギリス競走馬繁殖牝馬である。イギリスオークスに優勝するなどのほか、繁殖牝馬としてチョーサースウィンフォードを送り出した。2歳下の半弟にダービー馬ジェッダがいる。

カンタベリーピルグリム
欧字表記 Canterbury Pilgrim
品種 サラブレッド
性別
毛色 栗毛
生誕 1893年
死没 1917年
トリスタン
ピルグリメイジ
生国 イギリスの旗 イギリス
生産 Duchess of Montrose
馬主 第16代ダービー伯爵
調教師 ジョージ・ラムトン
競走成績
生涯成績 10戦4勝
獲得賞金 6,470ポンド
テンプレートを表示

経歴[編集]

競走馬時代[編集]

モントローズ公夫人によって生産された牝馬で、ジョン・グリフィスの薦めに基づいて1歳時に馬主の第16代ダービー伯爵が購入した。 馬名は母ピルグリメイジ(巡礼の意、2000ギニー1000ギニー勝ち)から連想して「カンタベリー大聖堂の巡礼者」という意味で名付けられた。

1895年にデビューするが、2歳時は4戦全敗とまったく良いところを見せられなかった。この状況を覆すために、調教師のジョージ・ラムトンはカンタベリーピルグリムをステイヤーにするべく調教するという方針転換を行い、この目論見が見事に的中して、後にオークスの優勝という結果に繋がった。同競走のほかにもパークヒルステークスジョッキークラブカップに勝ち、10戦4勝で引退した。

なおオークスは、16代ダービー伯の曾祖父にあたる12代ダービー伯ダービーステークスとともに創設し、1779年第1回をブリジット (Briget) で勝利したものである。 16代伯の父でイギリス首相を3度務めた14代ダービー伯も、1851年アイリス (Iris) の馬主として優勝しており、カンタベリーピルグリムの勝利は、馬主親子の45年ぶり制覇となった。

繁殖牝馬時代[編集]

この頃のダービー伯爵家は競馬界からやや遠のいており、第16代ダービー伯爵が競馬界への再帰を期して購入した馬の1頭が、このカンタベリーピルグリムであった。後の大馬産家として知られる第17代ダービー伯爵も同馬を受け継ぎ、10頭の仔馬を産ませている。このため、第17代ダービー伯爵の生産馬の多くがカンタベリーピルグリムの血を受け継いでいる[1]

カンタベリーピルグリムの産駒のうち、1900年生まれのチョーサー1907年生まれのスウィンフォードが後に種牡馬として成功を収め、カンタベリーピルグリムの血は後世に多大な影響を残した。

血統表[編集]

カンタベリーピルグリム血統(ハーミット系(タッチストン系) / Touchstone 4x5=9.38%、Cowl 5x4=9.38%、Banter 5x5=6.25%、Gladiator 5x5=6.25%) (血統表の出典)

Tristan
1878
父の父
Hermit
1864
Newminster Touchstone
Beeswing
Seclusion Tadmor
Miss Sellon
父の母
Thrift
1865
Stockwell The Baron
Pocahontas
Braxey Moss Trooper
Queen Mary

Pilgrimage
1875
The Palmer
1864
Beadsman Weatherbit
Mendicant
Madame Eglentine Cowl
Diversion
母の母
Lady Audley
1867
Macaroni Sweetmeat
Jocose
Secret Melbourne
Mystery F-No.1-g


脚注[編集]

外部リンク[編集]