ニアークティック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ニアークティック
品種 サラブレッド
性別
毛色 黒鹿毛
生誕 1954年
死没 1973年
Nearco
Lady Angela
生国 カナダの旗 カナダ
生産 Edward P.Taylor
馬主 Windfields Farm
調教師 Gordon J. McCann(
競走成績
生涯成績 47戦21勝
獲得賞金 152,384ドル
テンプレートを表示

ニアークティックNearctic1954年 - 1973年)はカナダ競走馬である。20世紀有数の大種牡馬であるノーザンダンサーの父として知られる。自身はカナダ年度代表馬であり、カナダやアメリカで活躍した。名前は新北区 (Nearctic) に由来。父Nearcoと前5文字が共通している。

エドワード・プランケット・テイラーイギリスでレディアンジェラを購入し、ネアルコの子を産ませたあと、ふたたびネアルコを交配してカナダに輸入した。ニアークティックはその時母の胎内にいた馬である。

2-5歳まで走り、4歳時にはカナダの年度代表馬を受賞している。引退後は種牡馬となり、ノーザンダンサーのほか、2000ギニーに勝ったノノアルコ、種牡馬として成功したアイスカペイドを出し7度カナダ種牡馬チャンピオンになった。

主な勝利レース[編集]

  • 2歳時 サラトガスペシャルハンデキャップ、ヴィクトリアステークス、カールトンステークス、クラレンドン
  • 3歳時 インターナショナルハンデキャップ
  • 4歳時 ミシガンマイル、カナディアンマテュリティ、グリーンウッドハンデ、サンダウンステークス、スウィンフォードステークス、ジャックカルティエステークス、シーウエイハンデキャップ、ヴィジャルハンデキャップ、ボールドヴェンチャーハンデキャップ等

主な産駒[編集]

血統[編集]

父はネアルコ、母父がハイペリオン。双方ともセントサイモン血量が豊富で、NearcticにおいてもSt. Simon(=Angelica)成分は5.5.6.6×5.6.6.7.7で18%を超えている。Chaucerやその母Canterbury Pilgrim、St. Simonの父Galopinの血量も高い。

5代母は名牝Pretty Pollyである。

ニアークティック血統ネアルコ系 / Chaucer4×4=12.50% St.Simon5.5×5=9.38% Canterbury Pilgrim5×5.5=9.38%) (血統表の出典)
父系

Nearco
1935年 黒鹿毛
父の父
Pharos
1920年 鹿毛
Phalaris Polymelus
Bromus
Scapa Flow Chaucer
Anchora
父の母
Nogara
1928年 鹿毛
Havresac Rabelais
Hors Concours
Catnip Spearmint
Sibola

Lady Angela
1944年 栗毛
Hyperion
1930年 栗毛
Gainsborough Bayardo
Rosedrop
Selene Chaucer
Serenissima
母の母
Sister Sarah
1930年 黒鹿毛
Abbots Trace Tracery
Abbot's Anne
Sarita Swynford
Molly Desmond F-No.14-c
5代内の近親交配
出典

外部リンク[編集]