ハイペリオン (競走馬)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ハイペリオン
Hyperion (1930-1960).jpg
欧字表記 Hyperion
品種 サラブレッド
性別
毛色 栗毛
生誕 1930年4月18日
死没 1960年12月9日
Gaingborough
Selene
母の父 Chaucer
生国 イギリスの旗 イギリス
生産 第17代ダービー伯爵
馬主 第17代ダービー伯爵
調教師 ジョージ・ラムトン
→コリッジ・リーダー
競走成績
生涯成績 13戦9勝
獲得賞金 2万9509ポンド
テンプレートを表示

ハイペリオン (Hyperion) はイギリス競走馬種牡馬である。1933年ダービーステークスセントレジャーステークスを制し、種牡馬としても合計6回イギリスリーディングサイアーになる成功を収めた。 競走馬名はギリシャ神話の神・ヒュペリーオーンに由来している。

概要[編集]

父・ゲインズバラ1918年のイギリス戦時クラシック三冠馬、母・シリーンチョーサー産駒の一流馬で、ハイペリオンの半兄(父が違う兄)シックルファラモンド等の重要馬を輩出していた。シリーンは非常に小柄で体高(キ甲=首と背の境から足元まで)が15.2ハンド(約154cm)であり、1歳時には調教を施すことを断念されかけたほどで、クラシックには登録されなかったが22戦16勝の成績を残した。

血統的にはともに気性難として知られるセントサイモンとその父・ガロピン奇跡の血量(血量が18.75%になるインブリード)を持っていたが、人懐っこく、非常に温和な性格だったと伝えられている。ただ自分の気に入らないことがあると頑なにそれを拒み、その場から動かなくなることもあった(膠着癖。セントサイモンも同じ癖を持っていた)。これはレースにも影響し、走る気のない時は凡走した。

ハイペリオンは母の小柄な馬体を受け継ぎ体高が14.5ハンド(約147cm)しかなく、ポニーと同じくらいの体高しかなかった。これはこの時代の標準的な体高16ハンド(約163cm)より1割も低く、飼い葉桶にクビを届かせるのが大変だったという話が残っている。成長しても15ハンド(約152.4cm)を少し越えるぐらいであった。

経歴[編集]

競走馬時代[編集]

ハイペリオンは1歳時にジョージ・ラムトンの厩舎に入厩し、調教を施された。やがて素質の片鱗を見せるようになったが調教ではやる気のない動きを見せていたため、1932年5月、調教代わりにゼトランドメイドンプレートに出走することになった。このレースで4着に敗れた後4戦して3勝し、5戦3勝でこの年のシーズンを終えた。

1933年にハイペリオンは競走馬としての真価を発揮する。調整が遅れたために2000ギニーは回避を余儀なくされた[1]が、チェスターヴァーズを経由してダービーステークスに向かうローテーションを立てた。ハイペリオンは初戦のチェスターヴァーズを勝ち、ブックメーカーによって1番人気オッズ6;1)に支持されたダービーステークスでは、調教では走りが思わしくなかったものの2分34秒0のレコードタイムを記録して優勝した。ダービーの翌6月に行われたプリンスオブウェールズステークス(2歳時のレースとは別)を2馬身差で勝った後脚部に軽い問題を抱えたが、セントレジャーステークスまでには治癒し同レースを優勝。イギリスクラシック二冠を達成した。

1934年、ラムトンは第17代ダービー伯爵の調教師をクビになり、ハイペリオンの管理調教師はラムトンからコリッジ・リーダーに替わった[2]ゴールドカップを目標に調整が進められたが、前哨戦の2レースは勝ったものの本番のゴールドカップではセントレジャーステークスで破ったフェリシテイションの3着に敗れ、さらに翌7月のダリンガムステークスでも2着に敗れた。ハイペリオンはこのレースを最後に競走馬を引退し、種牡馬となった。

1934年にハイペリオンが思うような実績を残すことができなかったのは、ハイペリオンがリーダーのことを嫌っていたという説が有力である。一方、最初に管理調教師を務めたジョージ・ラムトンと深い絆で結ばれていたことは有名で、調教師交代後のゴールドカップにおいて、ラムトンが馬場入口で観戦していたところ、それを見つけたハイペリオンがその場から動かなくなったことがある。

種牡馬時代[編集]

種牡馬となったハイペリオンはウッドランド牧場で供用された。ハイペリオンの種牡馬成績は非常に優秀で、オーエンテューダーサンチャリオット、ペンシヴなどを輩出し、1940-42、45、46、54年の6度にわたってイギリスのリーディングサイアーになった。生産者からの人気は高く交配の申し込みは非常に多かったが、第17代ダービー伯爵の方針によりハイペリオンの種付け料は常に400ギニーに保たれた。

1959年に4頭の繁殖牝馬と交配したのを最後に種牡馬を引退。1960年秋に襲来した寒波の影響から体調を崩し、12月9日にウッドランド牧場で老衰により死亡した。

産駒にはオーエンテューダー、オリオールロックフェラケーレッド、ヘリオポリス、アリバイ、ヘリオス、ルースレス、セリムハッサンなど種牡馬として成功したものが多く、子孫は大いに繁栄しハイペリオン系を築き上げたが、その後のノーザンダンサー系等の台頭等の影響もあって衰退した(子孫についての詳細は「ハイペリオン系」の項を参照)。

年度別競走成績[編集]

  • 1932年(5戦3勝)
    • 1着 - デューハーストステークス、プリンスオブウェールズステークス、ニューステークス
  • 1933年(4戦4勝)
    • 1着 - エプソムダービー、セントレジャーステークス、チェスターヴァーズ、プリンスオブウェールズステークス
  • 1934年(4戦2勝)
    • 3着 - アスコットゴールドカップ

主な産駒[編集]

ブルードメアサイアーとしての主な産駒[編集]

血統[編集]

血統表[編集]

ハイペリオン血統ゲインズバラ系タッチストン系) / St.Simon4×3=18.75% Galopin 6.4.5×4.6=18.75%、Pilgrimage4x5=9.38%) (血統表の出典)
父系

Gainsborough
1915 鹿毛 イギリス
父の父
Bayardo
1906 鹿毛
Bay Ronald Hampton
Black Duchess
Galicia Galopin
Isoletta
父の母
Rosedrop
1907 黒鹿毛
St.Frusquin St.Simon
Isabel
Rosaline Trenton
Rosalys

Selene
1919 鹿毛
Chaucer
1900 黒鹿毛
St.Simon Galopin
St.Angela
Canterbury Pilgrim Tristan
Pilgrimage
母の母
Serenissima
1913 鹿毛
Minoru Cyllene
Mother Siegel
Gondlette Loved One
Donogola F-No.6-e
母系(F-No.)
5代内の近親交配
出典

近親[編集]

母・シリーンは22戦16勝。繁殖牝馬としても優秀でハイペリオン以外に以下の産駒を送り出している。

脚注[編集]

  1. ^ 後に馬主第17代ダービー伯爵は父子2代でのイギリスクラシック三冠達成を逃したことを大いに悔やんだといわれている。
  2. ^ 背景にはラムトンの健康に不安が生じたことがあり、さらに調整の遅れからハイペリオンが2000ギニーに出走できなかったことも一因とされる。

参考文献[編集]

  • 原田俊治『世界の名馬』 サラブレッド血統センター、1970年

外部リンク[編集]