川原正一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
川原正一
Shoichi Kawahara.jpg
園田移籍後の川原正一
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 鹿児島県
生年月日 (1959-03-14) 1959年3月14日(60歳)
騎手情報
所属団体 兵庫県競馬組合
勝負服 胴青、白菱山形一本輪、袖赤(兵庫)
初免許年 1976年(笠松)
テンプレートを表示

川原 正一(かわはら しょういち、1959年3月14日 -)は、鹿児島県出身で兵庫県競馬組合所属の騎手2005年6月までは笠松原隆男田口輝彦厩舎に所属していた。

勝負服は胴青・白菱山形一本輪、袖赤。好きな戦法は差し。

地方通算成績は27537戦5009勝・2着3803回・3着3089回・勝率18.2%・連対率32.0%(2016年5月5日現在)。

人物[編集]

1976年4月28日の第1競走でデビューし、その日の第5競走(通算4戦目)で騎乗したカツスタツクで初勝利を挙げる。

1997年にはワールドスーパージョッキーズシリーズで総合優勝。1996年にはそれまで18年間リーディングだった安藤勝己から初のリーディングを奪取、1997年と1999年から2004年まで笠松リーディングの偉業を成し遂げた。2005年は6月24日の時点で東川公則に次ぐ2位。

2005年6月24日、最終レースの終了後に兵庫県の曾和直榮厩舎に移籍すると発表、27日付けで移籍した。笠松所属としての最後の騎乗は苦楽を共にしたミツアキサイレンス(6月26日・福島テレビオープン)だった。笠松所属時の成績は16951戦2856勝。トップジョッキーの移籍により、笠松競馬の経営状態が相当悪化していることが改めて認識された。本人も移籍に際して「家庭の事情」を移籍の理由に挙げている。

兵庫県競馬組合の内規により、他競馬場から移籍した騎手は、いったん騎手免許を返上し1年間厩務に従事することが定められていたが、所属する曾和厩舎の尽力で約半年後の2月7日に再デビューを果たした。6月27日までは1日に騎乗できる回数を4鞍に限定されていたものの、2月9日に行われるゴールデンジョッキーカップに合わせての復帰だったこと、2004年にJRAに移籍した厩舎所属だった小牧太に続いて2006年3月からJRAに移籍した岩田康誠に代わる優秀な所属騎手を確保するためだったこともある。

2013年は267勝をあげて地方競馬全国リーディングジョッキーとなり、NARグランプリ2013「最優秀勝利回数騎手賞」を受賞した[1]

2016年4月26日第2回園田競馬4日目第2競走C3二組条件戦をオープンハートで優勝(10頭立て2番人気)し、27,500戦目で地方競馬通算5,000勝を達成した[2][3]

兵庫移籍後には「ここに骨を埋めるつもりで来た」と発言するなど、JRA移籍は断念した。なおJRAにおいては2019年令和元年5月1日現在で73勝を記録しているが重賞は未勝利である(準オープンは10勝している)。

曾和直榮調教師の勇退により、2010年9月24日付で重畠勝利厩舎に所属変更となったが、2013年12月重畠師の逝去により現在は住吉朝男厩舎所属となっている[4]

脚注[編集]

  1. ^ “『NARグランプリ2013』表彰馬・表彰者決定”. 地方競馬全国協会. (2014年1月14日). http://www.keiba.go.jp/topics/2014/0114.html 2014年4月6日閲覧。 
  2. ^ 川原正一騎手(兵庫)地方競馬通算5,000勝達成 - 地方競馬情報サイト(2016年4月26日)
  3. ^ 川原 正一騎手 地方競馬通算5,000勝達成 - 園田・姫路競馬場(2016年4月26日)
  4. ^ “ニュース・リリース”. 園田・姫路競馬場. http://www.sonoda-himeji.jp/news_release/ 2014年1月14日閲覧。 

関連項目[編集]