サンライズペガサス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サンライズペガサス
Sunrise Pegasus 20051009R1.jpg
2005年10月9日 東京競馬場 毎日王冠
品種 サラブレッド
性別
毛色 栗毛
生誕 1998年4月15日
死没 2019年8月22日(21歳没)[1]
サンデーサイレンス
ヒガシブライアン
母の父 ブライアンズタイム
生国 日本の旗 日本北海道門別町
生産 ヤナガワ牧場
馬主 (株)松岡
松岡隆雄
調教師 安田伊佐夫栗東
石坂正(栗東)
競走成績
生涯成績 24戦6勝
獲得賞金 3億5374万3000円
テンプレートを表示

サンライズペガサス1998年4月15日 - 2019年8月22日)は、日本競走馬である。

競走馬時代[編集]

出生からまもなく母を亡くし、乳母のもとで養育されている。

2001年、格上挑戦の神戸新聞杯で2着になりオープン入りをはたした。菊花賞では12着に敗れたものの、翌2002年には大阪城ステークスと大阪杯を連勝し、重賞初制覇を飾った。次走の天皇賞(春)ではマンハッタンカフェの5着、休養をはさんだ毎日王冠では4着、天皇賞(秋)ではシンボリクリスエスナリタトップロードに続く3着とGI戦線をにぎわせたが、屈腱炎を発症し戦線を離脱、復帰後も屈腱炎を再発するなど長期不調に陥った。

休養中は吉澤ステーブルで調整され、2005年中京記念でメガスターダムの2着になり復調の気配をみせると、続く大阪杯でアドマイヤグルーヴ以下を破り2002年の同競走以来3年ぶりの勝利を挙げた。続く天皇賞(春)では14着と大敗し、7番人気となった次走の宝塚記念では、得意の阪神で中団から末脚に賭けたが、伸びきれず5着に終わった。秋シーズンは毎日王冠を9番人気ながら勝利、その後は天皇賞(秋)、ジャパンカップ有馬記念と王道を歩んだがいずれも着外に終わり、この有馬記念を最後に引退した。中距離では安定した成績を残している。また当初は折り合いが心配されていたが、年を重ねるごとに克服した。

復調のきっかけとなった2005年中京記念では1着がメガスターダムで2着がサンライズペガサス。この2頭は過去に屈腱炎で1年以上の休養を経験したことのある馬同士だった。

種牡馬時代[編集]

2006年初頭に競走馬登録を抹消され、同年よりアロースタッド種牡馬入りした。2007年度の種付け料は受胎確認後100万円であった。2014年に一旦供用停止となった[2]

2017年からヤナガワ牧場で種牡馬として再び供用されることになったが、2019年に引退名馬繋養展示事業の助成対象馬となり、種牡馬を引退した。

2019年8月22日、ジャパンスタッドブックインターナショナルのツイッターにより死亡したことが発表された[1]


代表産駒[編集]

血統表[編集]

サンライズペガサス血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 ヘイロー系サンデーサイレンス系
[§ 2]

*サンデーサイレンス
Sunday Silence
1986 青鹿毛
父の父
Halo
1969 黒鹿毛
Hail to Reason Turn-to
Nothirdchance
Cosmah Cosmic Bomb
Almahmoud
父の母
Wishing Well
1975 鹿毛
Understanding Promised Land
Pretty Ways
Mountain Flower Montparnasse
Edelweiss

ヒガシブライアン
1991 栗毛
*ブライアンズタイム
Brian's Time
1985 黒鹿毛
Roberto Hail to Reason
Bramalea
Kelley's Day Graustark
Golden Trail
母の母
*アリーウィン
Alywin
1984 栗毛
Alydar Raise a Native
Sweet Tooth
Fleet Victress King of the Tudors
Countess Fleet
母系(F-No.) 1号族(FN:1-o) [§ 3]
5代内の近親交配 Hail to Reason 3×4=18.75% [§ 4]
出典
  1. ^ JBISサーチ サンライズペガサス 5代血統表2017年9月18日閲覧。
  2. ^ netkeiba.com サンライズペガサス 5代血統表2017年9月18日閲覧。
  3. ^ JBISサーチ サンライズペガサス 5代血統表2017年9月18日閲覧。
  4. ^ netkeiba.com サンライズペガサス 5代血統表2017年9月18日閲覧。


母の半姉に6勝を挙げたウェディングケーキ。7代母から種牡馬のWar Relicが出ている。

脚注[編集]

  1. ^ a b Twitter ジャパンスタッドブックインターナショナル公式アカウントのツイート”. 2019年8月23日閲覧。
  2. ^ 2014年供用停止種雄馬一覧 (PDF) ジャパン・スタッドブック・インターナショナル 2015年2月23日

外部リンク[編集]