梅見月杯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
梅見月杯
開催国 日本の旗 日本
主催者 愛知県競馬組合
競馬場 名古屋競馬場
創設 2000年2月16日
2019年の情報
距離 ダート1900m
格付け SPI
賞金 1着賞金500万円
出走条件 サラブレッド系4歳以上オープン、全国地方交流
負担重量 別定
出典 [1]
テンプレートを表示

梅見月杯(うめみづきはい)は、愛知県競馬組合名古屋競馬場で施行する地方競馬重賞競走(SPI)である。正式名称は「東海農政局長賞 梅見月杯」、東海農政局が優勝杯を提供している。競走名は陰暦の2月である梅見月に由来。

副賞は東海農政局長賞、全国公営競馬主催者協議会会長賞、愛知県競馬組合管理者賞、開催執務委員長賞[2](2019年)。

概要[編集]

2000年に名古屋競馬場のダート1800mのサラブレッド系5歳(現4歳)以上の北陸・東海地区交流の重賞競走「梅見月杯」として創設。格付けはSPI(スーパープレステージワン)。創設当初から名古屋大賞典へのトライアル競走として位置付けられ、1着に入賞した競走馬のみ名古屋大賞典への優先出走権が与えられる。

2003年からは北陸・東海・近畿地区交流として行われ、2007年からは北陸・東海・近畿・中国地区交流となったが、福山競馬場の廃止により2014年から再び北陸・東海・近畿地区交流として行われている。

2010年からは東海農政局から優勝杯の提供を受け名称を現在の「東海農政局長賞 梅見月杯」に変更、2011年からは施行距離をダート1900mに変更された。

2019年より全国地方交流競走となり、他地区交流馬出走枠を4頭以下から5頭以下に変更。

負担重量は2000年 - 2008年では馬齢重量、2009年と2018年、2019年は別定、2010年から2017年は定量で57kg、牝馬は55kg。

条件・賞金等(2019年)[編集]

出走条件
サラブレッド系4歳以上。全国地方交流で、他地区所属馬の出走枠は5頭以下と定められている。
負担重量
別定。
賞金額
1着500万円、2着125万円、3着60万円、4着40万円、5着25万円、着外5万円[1]

歴史[編集]

  • 2000年 - 名古屋競馬場のダート1800mのサラブレッド系5歳(現4歳)以上の北陸・東海地区交流の馬齢重量(5・6歳(現4・5歳)57kg、7歳(現6歳)以上56kg、牝馬2kg減)の重賞(SPI)競走「梅見月杯」として創設。
  • 2001年 - 馬齢表示の国際基準への変更に伴い、出走条件が「サラブレッド系5歳以上の北陸・東海所属馬」から「サラブレッド系4歳以上の北陸・東海所属馬」に変更。
  • 2003年 - この年から北陸・東海・近畿地区交流競走として施行され、出走条件を「サラブレッド系4歳以上の北陸・東海・近畿所属馬」に変更。
  • 2004年 - 6歳以上の負担斤量が4・5歳と同じく牡馬・騸馬57kg、牝馬55kgに変更。
  • 2007年 - この年から北陸・東海・近畿・中国地区交流競走として施行され、出走条件を「サラブレッド系4歳以上の北陸・東海・近畿・中国所属馬」に変更。
  • 2009年 - 負担重量を「馬齢重量」から「別定重量」に変更。
  • 2010年
    • 東海農政局から優勝杯の提供を受け、名称を現在の「東海農政局長賞 梅見月杯」に変更。
    • 負担重量を「別定重量」から「定量」に変更。
  • 2011年 - 施行距離を現在のダート1900mに変更。
  • 2018年 - 負担重量を別定に変更。
  • 2019年 - 全国地方交流競走となる。

歴代優勝馬[編集]

馬齢は2000年も現表記を用いる。

コース種別を記載していない距離は、ダートコースを表す。

回数 施行日 競馬場 距離 優勝馬 性齢 所属 タイム 優勝騎手 管理調教師 馬主
第1回 2000年2月16日 名古屋 1800m セイエイツートップ 牡6 笠松 1:56.4 坂井薫人 岩崎幸紀 田中誠
第2回 2001年2月21日 名古屋 1800m ブラウンシャトレー 牡4 愛知 1:55.7 安部幸夫 国光徹 小島史代
第3回 2002年2月20日 名古屋 1800m ゴールドプルーフ 牡7 愛知 1:57.0 河端秀俊 今津勝之 近藤正道
第4回 2003年2月13日 名古屋 1800m マルカセンリョウ 牡5 愛知 1:55.1 上松瀬竜一 瀬戸口悟 大西和子
第5回 2004年2月13日 名古屋 1800m マルカセンリョウ 牡6 愛知 1:56.3 吉田稔 瀬戸口悟 大西和子
第6回 2005年2月4日 名古屋 1800m ストロングライフ 10 愛知 1:56.9 戸部尚実 塚田隆男 古賀和夫
第7回 2006年2月17日 名古屋 1800m キジョージャンボ 牡6 愛知 1:56.6 丸野勝虎 井上正 野々山重貞
第8回 2007年2月23日 名古屋 1800m ムーンバレイ 牡6 愛知 1:56.3 吉田稔 角田輝也 後藤繁樹
第9回 2008年2月20日 名古屋 1800m サンキンスピーチ 牡6 愛知 1:59.5 兒島真二 圓田修 河原純之
第10回 2009年2月18日 名古屋 1800m ベストタイザン 牡5 兵庫 1:56.7 下原理 齊藤裕 平野正行
第11回 2010年2月19日 名古屋 1800m マイネルアラバンサ 牡7 愛知 1:55.1 岡部誠 荒巻透 玉田博志
第12回 2011年2月24日 名古屋 1900m ヒシウォーシイ 牡6 愛知 2:03.4 岡部誠 川西毅 竹内三年
第13回 2012年2月23日 名古屋 1900m ホウライエイブル 牡6 愛知 2:03.2 吉田稔 藤ケ崎一人 橋元幸平
第14回 2013年2月21日 名古屋 1900m サイモンロード 牡5 愛知 2:00.3 丸野勝虎 角田輝也 澤田昭紀
第15回 2014年2月21日 名古屋 1900m サイモンロード 牡6 愛知 2:03.2 丸野勝虎 角田輝也 澤田昭紀
第16回 2015年2月27日 名古屋 1900m サイモンロード 騸7 愛知 2:01.8 丸野勝虎 角田輝也 澤田昭紀
第17回 2016年2月19日 名古屋 1900m アクロマティック 騸6 兵庫 2:06.2 下原理 新子雅司 野田善己
第18回 2017年2月17日 名古屋 1900m アサクサポイント 騸9 愛知 2:05.3 大畑雅章 今津博之 林由真
第19回 2018年2月16日 名古屋 1900m ポルタディソーニ 牝4 愛知 2:06.0 宮下瞳 瀬戸口悟 吉岡泰治
第20回 2019年2月14日 名古屋 1900m マイタイザン 牡6 兵庫 2:04.0 杉浦健太 新井隆太 平野正行

脚注・出典[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 名古屋競馬番組要綱・賞金等支給基準(平成30年度)”. 名古屋けいばオフィシャルサイト. 2019年2月12日閲覧。
  2. ^ 平成30年度 第25回 名古屋競馬番組     梅見月杯(SPI)シリーズ (PDF)”. 名古屋けいばオフィシャルサイト. 2019年2月12日閲覧。

各回競走結果の出典[編集]

関連項目[編集]