宮下瞳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
宮下瞳
Hitomi-Miyashita20110826.jpg
2011年8月26日撮影
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 鹿児島県鹿児島市
生年月日 (1977-05-31) 1977年5月31日(43歳)
血液型 A型
騎手情報
所属団体 愛知県競馬組合
所属厩舎 竹口勝利(名古屋)
勝負服 胴紫・桃一文字、袖白
初免許年 1995年
免許区分 平地
テンプレートを表示

宮下 瞳(みやした ひとみ、1977年5月31日 - )は、地方競馬名古屋競馬場所属の騎手鹿児島県鹿児島市出身。現在の姓は小山(おやま)。身長152㎝、体重46kg。

兄は元騎手の宮下康一(名古屋→新潟上山金沢→2003年引退→2014年現役復帰し兵庫→2018年引退)。夫は元名古屋競馬場所属の騎手・小山信行(2017年引退)。同じ女性騎手であった赤見千尋高崎宇都宮)や増沢由貴子田村真来(ともにJRA)とは同学年である。

来歴[編集]

馬産地・鹿児島出身で祖父が趣味で馬を飼っており、草競馬でポニーに乗るなど馬といる生活が日常的で、兄が先に名古屋で騎手になっていたことも影響し騎手を志した[1]

1995年9月29日に騎手免許取得。同年10月22日の名古屋競馬第1競走で初騎乗(オブラディオブラダ・9着)。同年10月24日名古屋競馬第6競走をショウワミラクルで優勝し、初勝利。

1997年9月23日高知競馬場で行われた第12回全日本新人王争覇戦に出場し12人中2位[2]

1999年9月18日阪神12R・4歳上500万下でJRA初騎乗(16番人気シンセイクランツで12着)。

2002年4月17日、名古屋競馬第11競走・クリスタルカップをヘイセイチェッカーで勝ち、重賞初制覇を果たす[3]

2005年2月2日、同じ名古屋競馬場所属の小山信行騎手との入籍を発表した[4]。騎手の登録名は旧姓のまま活動することになった。同年7月18日の名古屋競馬第1競走をアジャイルスーパーで優勝し、通算351勝を達成。吉岡牧子(元益田競馬場所属)が保持していた日本における女性騎手最多勝記録(350勝)を更新した[5]

2005年11月3日に名古屋競馬場で行われたJBCのテレビ中継にゲストとして出演。なお、この日は両GIでの騎乗馬が無かった。

2006年6月6日の名古屋競馬第2競走では自身の騎乗馬であるヘイセイチャンスと夫・小山信行の騎乗馬メイショウタンドルが「夫婦で1着同着」になるという珍しい記録を達成した。

2007年10月26日の名古屋競馬第7競走で500勝を達成。同年11月にはレディースジョッキーズシリーズ2007で2勝を挙げ、総合優勝を果たした。

2009年2月26日の笠松競馬場第1競走でローレルスキーに騎乗し優勝、通算600勝を達成。同年8月9日には韓国釜山慶南競馬場で開催された「第1回KRA国際女性騎手招待競走」に岩永千明荒尾)、別府真衣高知)と共に日本代表として出場。同年8月7日釜山慶南競馬場第7競走でTamna Kwaegeolに騎乗し、海外初騎乗(13頭立て7番人気4着)。招待競走では6番人気のIma Firecracker(アイマファイアクラッカー)に騎乗し優勝を飾った[6]。同年8月26日韓国釜山慶南競馬場に6ヶ月間の短期免許申請を行ったことが発表され[7]、当初は同年10月5日から2010年3月31日までの6ヶ月間の騎乗予定だった[8]。同年10月18日釜山慶南競馬場第3競走をSeongsu Yeongung(ソンスヨングン)に騎乗し優勝、遠征13戦目にして初勝利を挙げ[9]、2010年9月まで遠征を続けることになった[10]。GIのグランプリにも騎乗し、4着に入った。

2010年は40勝を挙げ、韓国リーディングジョッキーランキングでは釜山所属で5位(ソウルとの総合では11位相当)になっている。2011年5月末まで遠征した[11]

2011年8月11日愛知県競馬組合より同月16日付けでの引退が発表された[12]

2012年3月4日、第1子となる長男を出産した[13]2014年に次男を出産した。

3歳の長男から「ママが馬に乗るのを見たい」と言われ復帰を決意[14]。騎手免許試験には筆記や障害飛越を含む実技もあり、まず厩務員として馬の世話をする傍ら家事の合間に試験準備に取り組み、練習のために通った乗馬クラブでは4年近いブランクの影響で何度も落馬したという[15]

2016年7月13日、騎手試験合格者が発表され、5年ぶりに騎手に復帰することとなった。一度引退した女性騎手が復帰するのは日本では初めてである[16]。8月17日に名古屋競馬で復帰し、レース後の記者会見で「かっこいいママの姿を見せられて良かった。自分の記録を1勝ずつ更新できるよう頑張りたい」と抱負を語った。

2019年9月4日、名古屋競馬1レースで、メイショウベリーに騎乗し逃げ切りで1着となり、地方競馬通算800勝を達成した。

2020年3月23日、名古屋競馬3レースでビジネスチャンス(4着)に騎乗し、日本の女性騎手初の地方通算1万回騎乗を達成した(他にJRAでは2回騎乗)[17]

主な騎乗馬[編集]

受賞[編集]

テレビ出演[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 特別インタビュー◆宮下瞳騎手&小山信行騎手
  2. ^ 9R 全日本新人王争覇戦(中央騎手招待) C1 - JBISサーチ
  3. ^ ハロン』2002年6月号、NAR地方競馬全国協会、61頁
  4. ^ 宮下瞳騎手入籍! - 愛知県騎手会ホームページ
  5. ^ 愛知県騎手会ホームページ 祝賀会 - 愛知県騎手会ホームページ
  6. ^ 【クローズアップ】宮下瞳騎手 KRA国際女性騎手招待競走を制す! - web Furlong
  7. ^ 日本一の女性騎手、韓国競馬界に進出の見込み - 聯合ニュース
  8. ^ 宮下瞳騎手が来年3月まで韓国で騎乗 - netkeiba.com
  9. ^ 宮下瞳騎手が韓国遠征初勝利 - netkeiba.com
  10. ^ 宮下瞳騎手が釜山で快走 名古屋競馬所属、昨秋から参戦 - 中日新聞電子版 2010年3月30日
  11. ^ 韓国の日本人騎手たち 内田利騎手、現地若手の模範に - ZAKZAK
  12. ^ 宮下瞳騎手(愛知)、引退 - ラジオNIkkei 競馬実況web 2011年8月11日閲覧
  13. ^ 瞳ちゃん ママに! - 名古屋競馬オフィシャルサイト 2012年3月5日閲覧
  14. ^ 最多勝女性ジョッキーが復帰 2児の母、名古屋競馬に
  15. ^ 2児育てながら女性騎手最多勝更新 宮下瞳(上)
  16. ^ 地方競馬の調教師・騎手合格者が発表 安部幸夫らが調教師に、宮下瞳が騎手復帰netkeiba.com、2016年7月14日閲覧
  17. ^ 名古屋競馬の宮下瞳が日本で女性騎手初の1万回騎乗を達成
  18. ^ SASUKE女性版「KUNOICHI」注目美女をおさらい

関連項目[編集]

外部リンク[編集]