山本正司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山本 正司(やまもと しょうじ、1936年11月14日 - 2016年12月24日)は、日本中央競馬会 (JRA) で栗東トレーニングセンターに所属していた元騎手、元調教師愛媛県松山市出身。

人物・経歴[編集]

父の正親が地方競馬馬主兼騎手だった影響で、早くから競馬に親しみを持っていた、やがて、勉強嫌いもあって高校を中退して騎手を志し、父親とともに阪神競馬場を訪れたものの、ツテはなかったため、たまたま競馬場の前に出ていた予想屋武田文吾の名前を教えてもらい、武田との面会の結果、1952年(昭和27年)11月、京都競馬場の武田厩舎に騎手候補として入門を許されたという[1]1953年馬事公苑長期騎手課程4期生として講習を受け、1956年(昭和31年)3月に騎手試験に合格し騎手としてデビューした。

当時の武田厩舎では名騎手の栗田勝主戦騎手を務めており、1年前にデビューした松本善登とともに2番手の座を争っていたが、やがて不満を抱き、1960年(昭和35年)に阪神高橋直厩舎に移籍した。1963年(昭和38年)には松田由太郎厩舎、1969年(昭和44年)には京都競馬場・中村武志厩舎に移籍した。

騎手時代のおもな騎乗馬はキーストン(東京優駿(日本ダービー)、弥生賞、京都杯、金杯)、エプソム(中京記念、スワンステークス)、ダイイチオー(スワンステークス)、タニノソブリン(函館3歳ステークス)、リキリュウシンゲキ(阪神牝馬特別)、フアストバンブー(スワンステークス)など。中でも有名なのがキーストンである。長らくの親友である杉本清アナウンサーによると、キーストンの話をすると今でも山本が涙を流すので話題に出すことがはばかられるという(キーストンと山本を巡る逸話については、キーストンを参照)。

1971年(昭和46年)、親しかった丸目敏栄騎手が落馬事故で長期間意識不明になる重傷を負ってから、騎手を辞めて調教師への転向を考えるようになり、1972年(昭和47年)秋の調教師試験を受験して合格。通算1952戦212勝の成績を残して1973年(昭和48年)に騎手を引退して調教師となった。

1975年(昭和50年)に厩舎を開業。開業した年にCBC賞をオーラミハルで初重賞制覇。1978年(昭和53年)には、武田文吾厩舎の弟弟子にあたる福永洋一騎手を鞍上に迎えたオヤマテスコ桜花賞を勝ち、1984年(昭和59年)にハッピープログレス安田記念を制覇する。

1986年(昭和61年)に松永幹夫を厩舎の所属騎手に迎えてからは一貫して松永を主戦騎手に据えている。2005年(平成17年)の天皇賞(秋)では、ハッピープログレス以来21年ぶりのJRAGI勝利を松永騎乗のヘヴンリーロマンスで達成した。

2007年2月いっぱいで引退し、愛弟子の松永が後を受け調教師となった。

2016年12月24日夜に死去。80歳没。

おもな管理馬[編集]

エピソード[編集]

杉本清(元関西テレビ放送アナウンサー)とは古くから親交がある。騎手としてキーストンでダービーを制した際に取材に来た杉本に山本が「どちらが先に結婚するか賭けよう」と持ちかけた。このとき山本はすでに結婚がほぼ決まっており、杉本は賭けに負けた罰として結婚式の司会を務めたが、これが親交のきっかけである。 後年、松永幹夫が結婚する際には、杉本夫妻が媒酌人を務めた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「日本の競馬」(中央競馬ピーアール・センター編、1981年)p217の記述による。