兵庫チャンピオンシップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
兵庫チャンピオンシップ
K-T-Brave IMG 0966-1 20160504.jpg
2016年兵庫チャンピオンシップ
開催国 日本の旗 日本
主催者 兵庫県競馬組合
競馬場 園田競馬場
2019年の情報
距離 ダート1870m
格付け JpnII
賞金 1着賞金3000万円
出走条件 サラブレッド系3歳(指定交流)
出走資格も参照
負担重量 牡・56kg、牝馬2kg減(南半球産2kg減)
出典 [1]
テンプレートを表示

兵庫チャンピオンシップ(ひょうごチャンピオンシップ)は、兵庫県競馬組合園田競馬場ダート1870mで施行する地方競馬重賞競走ダートグレード競走JpnII)である。正式名称は「農林水産大臣賞典 兵庫チャンピオンシップ」。

副賞は、農林水産大臣賞、日本中央競馬会理事長賞、日本馬主協会連合会長奨励賞、(一社)日本地方競馬馬主振興協会会長賞、地方競馬全国協会理事長賞、関西スポーツ5社賞、(一社)兵庫県馬主協会会長賞、兵庫県競馬組合管理者賞(2019年)[2]

概要[編集]

1999年に兵庫県競馬でサラブレッド系競走馬を導入したのに伴い、2000年に4歳(現3歳)限定の定量の中央・地方全国指定交流の重賞(統一GIII)競走、兵庫チャンピオンシップとして創設、2004年にはダート競走格付け委員会によりGII(統一GII)に格付けされた。第1回以来、一貫して園田競馬場のダート1870mで施行されている。兵庫県競馬で最も賞金が高い競走である。

2016年と2017年は農林水産大臣賞がつかず「兵庫チャンピオンシップ」の名称で行われた。

6月ユニコーンステークス兵庫ダービー7月ジャパンダートダービー(JDD)などを見据える中央・地方の3歳のダートの有力・中堅クラスの競走馬が出走する。本競走よりも高賞金の独自の3歳春季重賞体系を構築している南関東四場からの出走は少ないが、中央競馬では最初の3歳(旧4歳)限定ダートグレード競走であるユニコーンステークスが6月初頭の施行である為、日本中央競馬会(JRA)の3歳(旧4歳)のダートの有力馬が出走してくる傾向がある。また、ジャパンダートダービーを目標に、ユニコーンステークスでは確かめきれない地方競馬特有の深いダートへの適性を確かめるべく出走してくるJRA所属馬もいる。他にもJRA勢にとっては、本競走の1着・2着[注 1]賞金の加算によって日本ダービーの賞金順による出走枠確保の可能性が高まることや日程的な都合、芝路線のトライアル競走と比べれば相手関係が手薄になることも多いことなどから、芝・ダートを問わないタイプの馬にとっては日本ダービーへの最終ステップレースとしての意味合いを持つこともある(2009年ゴールデンチケット[3])。この様な状況ゆえ、JRAからは芝・ダートの両路線から強力な馬が出走してくることが多いが、地元兵庫競馬勢は2001年ロードバクシン(1着)、2011年のホクセツサンデー(2着)、2019年のバンローズキングス(3着→本競走をステップに兵庫ダービー優勝)など健闘する年も少なくない。

尤も、本競走の勝ち馬は古馬になってから活躍する馬の方が多く、本競走をステップレースにJDDへ出走した馬がJDDを勝利する例はさほど多くない。古馬戦線で実績を残した馬にコパノリッキーケイティブレイブ、後のJDD勝ち馬にクリソベリルらがいる。

また兵庫ダービー2005年までは「園田ダービー」)と菊水賞と共に兵庫三冠競走を構成している。2005年までは本競走は第2戦に位置付けされていたが、2006年は施行順序が兵庫ダービーと入れ替わり第1戦に、2007年以降は菊水賞に続く第2戦に位置付けられている。本競走で好走した馬が兵庫ダービーで菊水賞勝ち馬に勝利する例もあり、2019年3着のバンローズキングスは無敗の菊水賞馬ジンギを兵庫ダービーで破っている。

創設当初からゴールデンウィークに施行している。また、2004年・2005年はかきつばた記念かしわ記念と共にゴールデンドリームシリーズを構成していた。

条件・賞金(2019年)[編集]

出走条件
サラブレッド系3歳。出走枠は、兵庫県競馬所属馬5頭、地方競馬他地区所属馬2頭、中央競馬所属馬5頭と定められている[1]
負担重量
定量で、牡・騸56kg、牝馬54kg(南半球産2kg減)[1]
賞金額
1着3000万円、2着840万円、3着420万円、4着300万円、5着240万円[2]

賞金[編集]

回数 総額賞金
(万円)
1着賞金
(万円)
2着賞金
(万円)
3着賞金
(万円)
4着賞金
(万円)
5着賞金
(万円)
第1回(2000年) 5,950 3,500 1,225 630 350 245
第2回(2001年)
第3回(2002年)
第4回(2003年)
第5回(2004年) 5,440 3,200 1,120 576 320 224
第6回(2005年) 5,100 3,000 1,050 540 300 210
第7回(2006年)
第8回(2007年)
第9回(2008年)
第10回(2009年) 4,760 2,800 896 504 336 224
第11回(2010年)
第12回(2011年) 4,200 700 336 224 140
第13回(2012年)
第14回(2013年)
第15回(2014年)
第16回(2015年)
第17回(2016年) 672 168
第18回(2017年)
第19回(2018年) 4,480 784 392 280 224

歴史[編集]

  • 2000年 - 園田競馬場のダート1870mの4歳(現3歳)限定の定量の中央・地方全国指定交流の重賞(統一GIII)競走、兵庫チャンピオンシップとして創設。
  • 2001年 - 馬齢表示の国際基準への変更に伴い、出走資格が「4歳」から「3歳」に変更。
  • 2004年
    • ダート競走格付け委員会によりGII(統一GII)に格付け。
    • 総額本賞金を減額。
  • 2005年 - 総額本賞金を減額。
  • 2007年 - 国際セリ名簿基準委員会(ICSC)の勧告により、格付けをJpnIIに変更。
  • 2009年 - JRA所属馬の出走枠が4頭から5頭に、兵庫所属馬の出走枠が4頭から3頭にそれぞれ変更。

歴代優勝馬[編集]

馬齢は2000年も現表記を用いる。

コース種別を記載していない距離は、ダートコースを表す。

回数 施行日 競馬場 距離 優勝馬 性齢 所属 タイム 優勝騎手 管理調教師 馬主
第1回 2000年5月3日 園田 1870m ミツアキサイレンス 牡3 笠松 2:00.7 川原正一 粟津豊彦 山本光明
第2回 2001年5月2日 園田 1870m ロードバクシン 牡3 兵庫 1:59.5 小牧太 曾和直榮 中村和夫
第3回 2002年5月1日 園田 1870m インタータイヨウ 牡3 JRA 1:57.5 秋山真一郎 野村彰彦 松岡留枝
第4回 2003年4月30日 園田 1870m ビッグウルフ 牡3 JRA 1:58.9 武豊 中尾正 (有)ビッグ
第5回 2004年5月4日 園田 1870m メイショウムネノリ 牡3 JRA 1:57.3 蛯名正義 小島太 松本好雄
第6回 2005年5月4日 園田 1870m ドンクール 牡3 JRA 2:01.7 熊沢重文 梅内忍 山田貢一
第7回 2006年5月4日 園田 1870m グレイスティアラ 牝3 JRA 2:01.2 田中勝春 手塚貴久 (有)下河辺牧場
第8回 2007年5月4日 園田 1870m フェラーリピサ 牡3 JRA 2:02.9 岩田康誠 白井寿昭 市川義美
第9回 2008年4月29日 園田 1870m ナンヨーリバー 牡3 JRA 2:02.1 武豊 池上昌弘 中村徳也
第10回 2009年5月6日 園田 1870m ゴールデンチケット 牡3 JRA 1:59.0 武豊 森秀行 (有)社台レースホース
第11回 2010年5月4日 園田 1870m バーディバーディ 牡3 JRA 1:59.6 松岡正海 池江泰郎 里見美惠子
第12回 2011年5月4日 園田 1870m エーシンブラン 牡3 JRA 2:00.9 岩田康誠 坂口正則 (株)栄進堂
第13回 2012年5月3日 園田 1870m オースミイチバン 牡3 JRA 2:01.7 川島信二 荒川義之 (株)オースミ
第14回 2013年5月2日 園田 1870m コパノリッキー 牡3 JRA 1:58.4 福永祐一 村山明 小林祥晃
第15回 2014年5月6日 園田 1870m エキマエ 牡3 JRA 2:00.2 戸崎圭太 中川公成 古川智洋
第16回 2015年5月6日 園田 1870m クロスクリーガー 牡3 JRA 2:00.4 岩田康誠 庄野靖志 辻高史
第17回 2016年5月4日 園田 1870m ケイティブレイブ 牡3 JRA 2:00.2 川原正一 目野哲也 瀧本和義
第18回 2017年5月4日 園田 1870m タガノディグオ 牡3 JRA 2:00.6 川島信二 宮徹 八木良司
第19回 2018年5月3日 園田 1870m テーオーエナジー 牡3 JRA 2:00.0 岩田康誠 宮徹 小笹公也
第20回 2019年5月2日 園田 1870m クリソベリル 牡3 JRA 1:57.3 C.ルメール 音無秀孝 (有)キャロットファーム

脚注・出典[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 低額だが、ダートグレード競走なので2着でも加算される。

出典[編集]

  1. ^ a b c 【更新】第20回兵庫チャンピオンシップ競走出走予定馬”. 園田・姫路競馬場 (2019年4月25日). 2019年4月30日閲覧。
  2. ^ a b 園田競馬出走馬一覧表 令和1年度第4回園田競馬第2日5月2日(休木) (PDF)”. 名古屋けいばオフィシャルサイト. 2019年4月30日閲覧。
  3. ^ 【レースハイライト】第10回兵庫チャンピオンシップJpnIII”. web Furlong 2009. 地方競馬全国協会. 2016年6月30日閲覧。

各回競走結果の出典[編集]

関連項目[編集]