梅内忍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
梅内忍
(榎屋忍)
Shinobu-Umeuchi20101030.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 鹿児島県鹿屋市
生年月日 (1944-04-01) 1944年4月1日(74歳)
騎手情報
所属団体 日本中央競馬会
所属厩舎 松元正雄(1962 - 1964)
坪重兵衛(1964 - 1966)
伊藤雄二(1966 - 1972)
梅内慶蔵(1972 - 引退)
初免許年 1962年
免許区分 平地競走
騎手引退日 1984年
重賞勝利 6勝
G1級勝利 1勝
通算勝利 253勝
経歴
所属 JRA騎手(1962 - 1984)
梅内慶蔵/調教助手(1984 - 1987)
大根田裕也/調教助手 (1987)
加藤敬二/調教助手(1987 - 開業)
栗東T.C.(開業 - 2015)
テンプレートを表示

梅内 忍(うめうち しのぶ、1944年4月1日 - )は日本中央競馬会栗東トレーニングセンターに所属していた元調教師鹿児島県鹿屋市出身。

略歴[編集]

旧姓は榎屋。1959年に鹿児島より上京して馬事公苑で長期騎手課程講習を受講。同期には中島啓之のほか、同級生で同じ列車で上京し、出身地も同じ鹿屋市であった郷原洋行、梅内と同じ鹿児島県出身であった中神輝一郎らがいる。

1962年3月京都競馬場所属の松元正雄厩舎所属でデビューしたが、初年度には1勝も出来ず、初勝利は翌年まで持ち越された。その後、坪重兵衛厩舎に移動ののち、1966年には、坪厩舎の先輩騎手で、新たに開業する伊藤雄二厩舎所属となる。

伊藤厩舎初期の主戦騎手として数々の馬に騎乗し、厩舎初の重賞勝ちを記録するなどして勝ち星も増えたが、梅内慶蔵調教師の女婿となって梅内姓に改称、1972年には義父の厩舎に移籍した。

1972年にデビューしたキシュウローレルにはデビュー戦から騎乗し、デイリー杯3歳ステークスを当時の日本レコードとなる1分22秒2で快勝すると、続く阪神3歳ステークスも快勝したが、桜花賞ではニットウチドリの2着に破れた。そして、繁殖入りのための引退レースとなった京都牝馬特別では、レース中に骨折して非業の死を迎えたが、梅内自身も大腿骨骨折などの大怪我を負ってしまう。翌年復帰したが、もともと体重が増えやすい体質が災いして減量に苦労する様になり、成績も徐々に低下していった。1984年に騎手を引退し、調教助手へ転向した。

騎手時代には、このほか1973年メジロスイセイ京都記念秋を勝利するなど、通算253勝(うち重賞6勝)を挙げた。

調教助手時代にはマヤノジョウオの調教を担当。1987年には義父が死去して厩舎が解散となるが、その直後に同馬が勝利した北九州記念では、新たな所属先となった加藤敬二調教師の配慮により、勝利調教師として表彰を受けた。

1989年、調教師免許を取得して開業。セイユウ記念3連覇を果たしたシゲルホームランなどを管理した。また長女の栄子は、女性調教助手の草分け的存在として知られている。

2015年2月28日付けで定年により調教師を引退した[1]

騎手成績[編集]

通算成績 1着 2着 3着 騎乗数 勝率 連対率
平地 231 225 229 2241 .103 .203
障害 22 20 24 132 .167 .318
253 245 253 2373 .107 .210
日付 競走名 馬名 頭数 人気 着順
初騎乗 1962年3月17日 - ブランドカーン - - 10着
初勝利 1962年3月31日 - コールキング - - 1着
重賞初騎乗・初勝利 1963年6月7日 アラブ大障害(春) ヒダノオー 8頭 7 1着
GI級初騎乗・初勝利 1972年12月10日 阪神3歳S キシュウローレル 15頭 1 1着

主な騎乗馬[編集]

調教師成績[編集]

日付 競馬場・開催 競走名 馬名 頭数 人気 着順
初出走 1989年11月26日 5回京都8日6R 3歳上400万下 インターイズミ 13頭 6 10着
初勝利 1989年4月4日 3回中京7日2R 2歳未勝利 ミノリオージャ 15頭 5 1着
重賞初出走 1990年4月8日 3回阪神6日10R 桜花賞 テンザンアルファ 18頭 9 5着
重賞初勝利 1990年8月26日 3回小倉6日11R 小倉記念 スノージェット 12頭 5 1着

主な管理馬[編集]

主な厩舎所属者[編集]

※太字は門下生。括弧内は厩舎所属期間と所属中の職分。

  • 安達昭夫(1993年-1994年 騎手、1994年-1999年 調教助手)
  • 植野貴也(1994年-1998年 騎手)
  • 吉田直弘(1996年-2004年 厩務員、調教厩務員、調教助手)
  • 大下智(2007年-2015年 騎手)

関連人物[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ レーシングトピックス(2015年3月1日) - 日本中央競馬会 2015年3月2日閲覧