伊藤雄二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
伊藤雄二
(木下雄二)
Yuji Ito IMG 7927 R 20141206.JPG
2014年12月6日
ウインズ道頓堀でのトークショーにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府北河内郡枚方町
(現・枚方市
生年月日 (1937-01-14) 1937年1月14日(80歳)
騎手情報
所属団体 日本中央競馬会(JRA)
初免許年 1959年
免許区分 平地・障害
騎手引退日 1966年
調教師情報
初免許年 1966年
調教師引退日 2007年2月28日
重賞勝利 77勝
G1級勝利 13勝
通算勝利 7501戦1155勝
テンプレートを表示

伊藤 雄二(いとう ゆうじ、1937年1月14日 - )はJRAの元調教師、元騎手大阪府北河内郡枚方町(現・枚方市[1]出身。

来歴[編集]

旧姓は木下。父は、昭和初期から戦後にわたり金鈴という名馬などに乗り、馬場馬術界で活躍した木下芳雄

枚方市生まれの兵庫県西宮市育ちであった伊藤は、父の開いた乗馬クラブで幼い頃から馬に親しみ、高校時代[2]は馬術部に所属し、高校1年の時には全日本の大会で3位に入った事がある。

父親が本人に相談しないまま、阪神競馬場所属の伊藤正四郎調教師と相談して競馬界入りを決めた為、18歳の誕生日を迎えた翌日の1月15日に、高校在学のまま入門した。その後騎手見習いとなり、1959年に騎手デビュー。初騎乗は3月7日の第1回阪神競馬1日目第4競走サラブレッド系障害戦で、ブルーという馬に騎乗して5着となったが、3回目の騎乗の3月14日に、同じ馬で初勝利を挙げた。

その後、1960年7月に伊藤の女婿となり、伊藤姓に変わった[3]。その後坪重兵衛厩舎に移籍したが、普段から体重が55kg程度あり、主に障害競走を中心に騎乗していた。

1966年、29歳のときに義父が急逝。伊藤は急遽騎手を引退して調教師に転身。阪神競馬場で開業して伊藤の跡を継いだ。1969年栗東トレーニングセンター開設後は同地に所属した。

JRA調教師伊藤正徳は義弟、娘の笹田淑はJRA初の女性調教助手、その夫は笹田和秀調教師(結婚当時は調教助手)。息子の伊藤強は調教助手。孫・笹田知宏は、兵庫県競馬所属の騎手。

これまでにマックスビューティシャダイカグラウイニングチケットエアグルーヴファインモーションなどの名馬を手がけている。

2005年2月19日JRAでは8人目となる調教師通算1100勝を達成した。現在では1厩舎の所有する馬房の数に最大28の上限があるため、かつての時代と比べると1000勝までを達成することはかなり難しくなった。この記録は伊藤が若くして調教師に転身したために達成できた数字であると言える。

伊藤と同じく若くして調教師となった美浦トレーニングセンター所属の藤沢和雄調教師を伊藤は一時期ライバル視している言動が目立った。

2007年2月28日で定年により調教師を引退したが、伊藤はあくまでも「中締め」で今後も忙しいだろうとコメントしている。

現役時代は「伊藤雄」と表記されることが多かった。これは同じ調教師の伊藤修司らとの区別のためである。

成績[編集]

出走回数7501回 1155勝 2着960回 3着878回 4着746回 5着697回 着外3065回

重賞77勝、うちJRAGIは13勝。(グレード制導入前、GI級を含む)

関西リーディングトレーナー7回、うち全国リーディング4回。

管理馬[編集]

GI(級)勝利馬[編集]

重賞勝利馬[編集]

引退後[編集]

引退して間もなく、2007年3月11日のスーパー競馬に、そして、札幌記念当日の9月2日(本来は8月19日だったが、馬インフルエンザの影響でこの日に延期)にはドラマチック競馬にそれぞれゲスト出演。

また日刊スポーツ紙上において伊藤の競馬コラム「雄二の流儀」が毎週土曜日に掲載されている。

エピソード等[編集]

伊藤と休養[編集]

伊藤の調教方針として有名なのが、馬の成長や体質強化を目的とした長期放牧がある。実際、ファインモーションダイイチルビー等はこの長期休養を経て活躍した。一方、放牧中にピークを過ぎてしまったと評価される馬も出ており、松田国英調教師と同様に賛否の声が聞かれる。

騎手との関係[編集]

義弟・伊藤正徳の騎手時代の同期には岡部幸雄柴田政人がおり、実妹と正徳との結婚式の際に深い関係を結んだとされる。自己の管理馬を関東へ遠征させる時や、夏の北海道シーズンの騎乗者に岡部や柴田を優先していた。

武豊との関係はデビュー当時から友好関係を結んでおり、武は他の調教師よりも優先して騎乗依頼を受けていた。管理GI馬の多くも武によって勝利に導かれた。

マックスビューティの主戦騎手であった田原成貴は、騎手起用についての見解の相違のため、マックスビューティ以降伊藤の管理する馬には一切乗らなくなった。(しかし個人的な交流は田原の騎手引退まで続いていた。)

レースに対する意見[編集]

ファインモーションが5着に敗れた、2002年有馬記念での、タップダンスシチーの騎乗法について「経験の浅いファインモーションが攪乱された」「向こう正面でペースを上げるなんて競馬の王道ではない。この騎乗は二度と通用しないでしょう」「ファインモーションを負かす競馬ではあったが、シンボリクリスエスを負かす競馬、すなわち有馬記念を勝つ競馬ではなかった。私にとっては後味の悪い競馬」などと述べている。[4]

主な厩舎所属者[編集]

※太字は門下生。括弧内は厩舎所属期間と所属中の職分。

  • 榎屋忍(1966年-1972年 騎手)
  • 湯窪幸雄(1972年-1979年 騎手)
  • 内田国夫(1974年-1984年 騎手)
  • 笹田淑(1979年-1984年 調教助手、厩務員)
  • 笹田和秀(1983年-2007年 調教助手)
  • 千田輝彦(1988年-1995年 騎手)
  • 藤岡健一(1994年-2000年 調教助手)

関連人物[編集]

関連書籍[編集]

  • 『調教師伊藤雄二の確かな目 ウソのない競馬を教えよう』(2005年KKベストセラーズ
  • 『調教師伊藤雄二 FINAL ウソのない競馬を教えよう』(2007年、KKベストセラーズ)

脚注[編集]

  1. ^ 優駿2010年2月号。
  2. ^ 西宮市立西宮高等学校出身。
  3. ^ 「優駿」誌の1965年の若手騎手紹介のページによると、恋愛結婚であり、テレビ番組で結婚式を挙げたとの事。
  4. ^ 『競馬最強の法則』2009年9月号(KKベストセラーズ

関連項目[編集]