オースミイチバン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
オースミイチバン
Osumi-Ichiban IMG 2425-2 20131215.JPG
2013年12月15日
ベテルギウスステークス パドック
欧字表記 Osumi Ichiban
品種 サラブレッド
性別
毛色 栗毛
生誕 2009年2月28日(10歳)
抹消日 2014年5月9日(JRA)
アグネスタキオン
オースミハルカ
母の父 フサイチコンコルド
生国 日本の旗 日本北海道浦河町
生産 鮫川啓一
馬主 オースミ
白井岳
調教師 荒川義之栗東
齊藤正弘北海道
競走成績
生涯成績 27戦4勝
獲得賞金 9634万1000円
勝ち鞍 JpnII
兵庫チャンピオンシップ(2012年)
ダイオライト記念(2013年)
テンプレートを表示

オースミイチバンは、日本競走馬である。おもな勝ち鞍に2012年兵庫チャンピオンシップ2013年ダイオライト記念。馬名の由来は、冠名+1番。

戦歴[編集]

逃げの戦法でJRA重賞を4勝した実績馬オースミハルカの第3子として2009年に生誕し、2011年10月に競走馬デビュー。母同様、川島信二が主戦騎手を務めていた。

デビュー4戦中3戦で大差負けを喫するなど苦戦続きであったが、2012年3月に一転し大差勝ちにて初勝利を収め、平場戦1勝を加えた後、兵庫チャンピオンシップにて重賞タイトルを獲得した。

重賞ウィナーとなったオースミイチバンであったが秋以降の中央開催では再び1秒以上離される大差負けを繰り返すようになる。しかしその一方で地方開催においては入着を確保する内容を見せ、古馬となった2013年のダイオライト記念では単勝1.2倍に推された実績馬ハタノヴァンクールを首差退け2度目の重賞タイトルを獲得した。

その後は惨敗が続き、2014年5月9日付けで競走馬登録を抹消された。引退後は北海道沙流郡日高町の白井牧場で乗馬となる[1]

しかしその後、ホッカイドウ競馬齊藤正弘厩舎で現役復帰[2]、2016年3月31日に競走能力検査を合格した[3]。復帰初戦となったコスモバルク記念[2]は9着に終わった[4]。ホッカイドウ競馬では6戦し、2016年10月27日付けで登録を抹消された[5]

競走成績[編集]

年月日 競馬場 競走名 頭数 オッズ
(人気)
着順 騎手 斤量 距離(馬場) タイム
(上り3F)
タイム
勝ち馬/(2着馬)
2011.10.22 京都 2歳新馬 14 025.7 0(8人) 10着 秋山真一郎 55 芝1400m(稍) 1:24.4(36.1) -2.8 タガノグーフォ
0000.10.30 京都 2歳未勝利 16 143.1 (12人) 14着 秋山真一郎 55 芝1800m(稍) 1:52.0(36.5) -2.1 フレージャパン
2012.02.15 笠松 如月賞 10 011.5 0(6人) 05着 高橋亮 56 ダ1400m(不) 1:29.6(38.5) -0.7 トニフィカーレ
0000.02.25 阪神 3歳未勝利 15 058.8 0(9人) 08着 高橋亮 56 ダ1800m(重) 1:56.4(37.8) -1.8 キングブレイク
0000.03.24 阪神 3歳未勝利 16 036.3 (11人) 01着 川島信二 56 ダ1800m(不) 1:51.8(37.7) -2.0 (シュガーシャック)
0000.04.14 阪神 3歳500万下 9 001.8 0(1人) 01着 川島信二 56 ダ1800m(稍) 1:52.8(36.1) -0.7 (サントスシチー)
0000.05.03 園田 兵庫チャンピオンシップ JpnII 12 001.6 0(1人) 01着 川島信二 54 ダ1870m(重) 2:01.7(35.6) -0.4 (タイセイシュバリエ)
0000.06.03 東京 ユニコーンS GIII 16 004.4 0(2人) 02着 川島信二 57 ダ1600m(良) 1:36.8(36.2) -0.3 ストローハット
0000.07.11 大井 ジャパンDD JpnI 11 004.1 0(3人) 04着 川島信二 56 ダ2000m(良) 2:06.2(37.0) -0.9 ハタノヴァンクール
0000.11.04 京都 みやこS GIII 16 065.4 (10人) 13着 川島信二 56 ダ1800m(良) 1:51.4(38.1) -1.8 ローマンレジェンド
0000.11.18 東京 霜月S OP 16 008.5 0(5人) 11着 川島信二 55 ダ1400m(重) 1:23.7(35.5) -1.1 エーシンウェズン
0000.12.24 名古屋 名古屋グランプリ JpnII 11 012.4 0(6人) 03着 川島信二 55 ダ2500m(重) 2:42.2(39.9) -1.9 エーシンモアオバー
2013.01.20 中京 東海S GII 16 082.8 (12人) 14着 川島信二 56 ダ1800m(良) 1:53.3(39.9) -2.3 グレープブランデー
0000.02.11 佐賀 佐賀記念 JpnIII 12 013.5 0(4人) 04着 川島信二 57 ダ2000m(稍) 2:07.8(37.4) -2.1 ホッコータルマエ
0000.03.13 船橋 ダイオライト記念 JpnII 14 045.9 0(6人) 01着 川島信二 55 ダ2400m(良) 2:35.1(37.8) -0.1 (ハタノヴァンクール)
0000.07.14 中京 ジュライS OP 16 007.6 0(3人) 06着 川島信二 56 ダ1800m(良) 1:51.4(37.6) -0.7 スタッドジェルラン
0000.07.27 新潟 BSN賞 OP 15 008.3 0(2人) 11着 川島信二 57 ダ1800m(稍) 1:52.6(38.6) -1.3 トウショウフリーク
0000.11.17 東京 霜月S OP 16 089.9 (12人) 16着 五十嵐雄祐 57 ダ1400m(良) 1:25.8(37.8) -2.1 エーシントップ
0000.12.15 阪神 ベテルギウスS OP 11 143.4 (10人) 08着 川島信二 56 ダ2000m(良) 2:05.8(37.0) -1.2 ナムラビクター
2014.01.06 京都 万葉S OP 10 036.0 (10人) 10着 川島信二 57 芝3000m(良) 3:09.9(37.1) -2.9 タニノエポレット
0000.01.26 中京 東海S GII 16 382.1 (15人) 14着 吉田隼人 57 ダ1800m(良) 1:52.5(38.6) -2.1 ニホンピロアワーズ
0000.05.04 新潟 谷川岳S OP 16 346.4 (16人) 12着 中井裕二 56 芝1600m(良) 1:36.1(32.9) -0.9 サンレイレーザー
2016.04.28 門別 コスモバルク記念 H3 10 32.6 (5人) 9着 松井伸也 58 ダ1800m(良) 2:02.9(47.4) -8.0 ウルトラカイザー
0000.05.25 門別 楽天競馬特別 OP 12 38.4 (8人) 7着 松井伸也 58 ダ1500m(良) 1:37:4(40.1) -2.9 ロイヤルクレスト
0000.07.07 門別 星雲賞 H3 9 26.2 (5人) 4着 松井伸也 58 ダ1600m(良) 1:42:3(40.5) -1.5 オヤコダカ
0000.08.18 門別 日商プロパン石油特別 OP 10 8.2 (2人) 10着 松井伸也 57 ダ1700m(重) 1:53:7(46.4) -6.1 サウスウインド
0000.09.14 門別 旭岳賞 H3 8 57.2 (6人) 6着 松井伸也 57 ダ1600m(良) 1:42:9(40.2) -2.6 オヤコダカ
0000.10.13 門別 旬の味覚!門別ししゃも祭り特別 OP 9 13.0 (4人) 9着 水野翔 57 ダ1800m(稍) 1:58:8(42.1) -2.8 タイムビヨンド

血統表[編集]

オースミイチバン血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 サンデーサイレンス系

アグネスタキオン
1998年 栗毛
父の父
*サンデーサイレンス
Sunday Silence
1986年 青鹿毛
Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
父の母
アグネスフローラ
1987年 鹿毛
*ロイヤルスキー Raja Baba
Coz o'Nijinsky
アグネスレディー *リマンド
イコマエイカン

オースミハルカ
2000年 鹿毛
フサイチコンコルド
1993年 鹿毛
Caerleon Nijinsky II
Foreseer
*バレークイーン Sadler's Wells
Sun Princess
母の母
ホッコーオウカ
1993年 鹿毛
リンドシェーバー Alydar
ベーシイド
ランズプロント プロント
トサモアー
母系(F-No.) (FN:No.3)
5代内の近親交配 Northern Dancer 5×5
出典
  1. ^ 血統情報:5代血統表|オースミイチバン”. JBISサーチ. 日本軽種馬協会. 2016年5月5日閲覧。


注釈[編集]

  1. ^ オースミイチバン号とダイショウジェット号が競走馬登録抹消”. 日本中央競馬会 (2014年5月8日). 2016年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年4月28日閲覧。
  2. ^ a b GI級の器ナムラビクター転入初戦「コスモバルク記念」(門別競馬)”. オッズパーク競馬 (2016年4月28日). 2016年4月28日閲覧。
  3. ^ 競走能力・発走調教検査表”. ホッカイドウ競馬. 2016年4月28日閲覧。
  4. ^ 第6回 コスモバルク記念(ゴールドシップ一般オープン”. 地方競馬全国協会. 2016年5月1日閲覧。
  5. ^ オースミイチバン”. 地方競馬 データ情報. 地方競馬全国協会. 2016年11月23日閲覧。

出典[編集]

外部リンク[編集]