池上昌弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
池上昌弘
Masahiro-Ikegami20111218.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都世田谷区
出生は神奈川県
生年月日 (1947-10-15) 1947年10月15日(71歳)
騎手情報
所属団体 JRA
所属厩舎 中山・古賀嘉蔵(1967 - 1968)
東京・松山吉三郎(1968 - 1970)
東京→美浦・保田隆芳(1970 - 引退)
初免許年 1967年3月1日
免許区分 平地
騎手引退日 1988年
重賞勝利 9勝
G1級勝利 2勝
通算勝利 1679戦138勝
調教師情報
初免許年 1988年(1989年開業)
経歴
所属 日本中央競馬会騎手(1967年 - 1988年)
美浦T.C.(1988年 - 2018年)
テンプレートを表示

池上 昌弘(いけがみ まさひろ、1947年10月15日-)は、日本中央競馬会 (JRA) 美浦トレーニングセンター所属の元調教師・元騎手

調教師の池上昌和は実の息子[1]で、保田隆芳元調教師は伯父、保田一隆元調教師は従弟、隆芳の孫で声優河合紗希子とは遠戚にあたる。

同年デビューの岡部幸雄福永洋一柴田政人伊藤正徳ほど華やかな活躍が見られなかったものの、引退まで多くのレースに騎乗した。このほかの同年デビューは清水英次らがいる。なお池上はデビューこそ1967年であるものの、厳密に言うと馬事公苑14期生であったため、安田富男平井雄二田島良保小島太と同期である。

来歴[編集]

神奈川県出生、東京都世田谷区出身。1963年馬事公苑長期騎手養成課程14期生として騎手候補生となり(一部で馬事公苑花の15期生のひとりとの記述もあるが、これは間違いである)、1967年に古賀嘉蔵厩舎よりデビューし、同年3月4日にフシミで初騎乗した。しかし1か月後に松山吉三郎厩舎に移籍し、同年6月24日メジロサンマンに騎乗して初勝利を挙げた。

1970年3月1日、騎手引退と同時に開業した保田隆芳厩舎に移籍し、主戦騎手となった。

1970年9月13日メジロアサマ函館記念に勝利し重賞初制覇。その後、同馬とのコンビで天皇賞(秋)など、重賞計5勝を挙げた。のちに池上は、騎手時代の思い出の馬としてメジロアサマを挙げている。また池上の天皇賞(秋)の制覇は当時の同競走での史上最年少騎手による制覇でもあり、馬事公苑長期騎手課程第14期生では最初の八大競走制覇騎手となった(23歳1か月。この記録は1989年に武豊が20歳7か月で制覇して更新)。

1973年ハクホオショウに騎乗して札幌記念オールカマーを勝ち、迎えた天皇賞(秋)では1番人気に推されたが、スタート直後の故障により競走中止し、涙を飲んだ。

1976年には、新馬戦からトウショウボーイに騎乗し、無傷の4連勝で皐月賞を制する。しかし単枠指定で迎えた東京優駿では、池上が同馬について漏らしていた「馬が若いので他馬に寄られると怯むところがある」という弱点をクライムカイザー加賀武見に突かれ、2着に敗れる。次走の札幌記念も出遅れて2着に敗れ、池上はトウショウボーイを降ろされることとなった。

1980年代以降はこのころより大レースを徐々に勝ちだして注目されるようになった同期の安田や小島らとは対照的に、池上はこれまでの活躍ぶりから一転し、重賞勝利はおろか勝利数が激減し、現役最晩年には騎乗数自体も大幅に減少していた。

1988年、調教師試験に合格し、騎手を引退。騎手時代の通算成績は1679戦138勝。翌1989年、厩舎を開業。初出走は同年3月5日のサクラホープ。4月30日に同馬で初勝利を挙げた。

2010年6月19日福島競馬第10レースで管理馬のダイワナイトが勝利し、JRA通算300勝を達成した。

2018年2月28日付けで定年の為、調教師を引退することになった[2]。最終日には中山競馬場で騎手時代同期の小島らとともにお別れセレモニーが開かれた。

騎手成績[編集]

通算成績 1着 2着 3着 騎乗数 勝率 連対率
平地 138 140 164 1670 .083 .166
障害 0 1 2 9 .000 .111
138 141 166 1679 .082 .166
日付 競走名 馬名 頭数 人気 着順
初騎乗 1964年3月4日 - フシミ - - 7着
初勝利 1964年6月17日 - フシミ - - 1着
重賞初騎乗 1968年2月18日 東京4歳S ウメノフクオー 9頭 8 9着
重賞初勝利 1970年9月13日 函館記念 メジロアサマ 13頭 2 1着
GI級初騎乗 1969年12月14日 朝日杯3歳S ヒダプレジデント 13頭 9 4着
GI級初勝利 1970年11月28日 天皇賞(秋) メジロアサマ 13頭 5 1着

代表騎乗馬[編集]

※括弧内は池上騎乗による優勝重賞競走

調教師成績[編集]

日付 競馬場・開催 競走名 馬名 頭数 人気 着順
初出走 1989年3月5日 2回中山4日8R 4歳上400万下 サクラホープ 16頭 3 4着
初勝利 1989年4月30日 2回東京4日12R 4歳上400万下 サクラホープ 14頭 1 1着
重賞初出走 1991年8月18日 1回函館6日10R 函館記念 マジョルカシチー 14頭 14 8着
GI初出走 2000年4月16日 3回中山8日11R 皐月賞 マイネルチャージ 18頭 16 15着

おもな管理馬[編集]

おもな厩舎スタッフ[編集]

かつて所属していたスタッフ[編集]

参考文献・出典[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ JRA公式ホームページ 平成27年度新規調教師
  2. ^ 調教師12名が勇退・引退日本中央競馬会、2018年2月13日閲覧
  3. ^ 週刊競馬ブック 2014年9月1日発売号

関連項目[編集]

外部リンク[編集]