大久保龍志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大久保龍志
Ryuji-Okubo20110122.jpg
2012年平安S表彰式
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 北海道
生年月日 (1966-01-06) 1966年1月6日(51歳)
所属団体 JRA
初免許年 2001年(2003年開業)
経歴
所属 大久保正陽/厩務員(1989.1 - 1989.3)
大久保正陽/調教助手(1989.4 - 開業)
栗東T.C.(開業 - )
テンプレートを表示

大久保 龍志(おおくぼ りゅうじ、1966年1月6日 - )は日本中央競馬会 (JRA) ・栗東トレーニングセンターに所属する調教師京都産業大学卒。

来歴[編集]

ナリタブライアンなどを管理した大久保正陽祖父フレーモアに騎乗して第3回東京優駿(日本ダービー)に優勝した大久保亀治、そのほかの親戚もみな競馬関係者という一族に生まれる。10代前半のころは騎手を目指していたが、身長が急速に伸びたことにより断念。栗東高等学校を経て京都産業大学に進んだ。大学では馬術部に所属。卒業後、競馬学校厩務員課程に進み、その修了後は父・正陽の下で厩務員となった。その後厩務員から調教助手になる。

2001年に調教師免許を取得。曾祖父の福松から数えて父子4代での調教師となった。翌2002年12月21日、栗東トレーニングセンターに大久保龍志厩舎を開業。36歳という若年であった。またこの間、日本中央競馬会の広報誌『優駿』において、「新人トレーナー・大久保龍志『初勝利への道』」と題した連載が行われており、調教師活動開始以前から一般ファンにも比較的よく知られた存在であった。

翌2003年1月に初出走を迎え、2月23日に初勝利。2006年にナイキアースワークでユニコーンステークスに優勝し、重賞競走を初制覇。その3か月後にはマンオブパーサーでダービーグランプリに優勝し、GI競走初制覇となった。翌2007年にはアサクサキングス菊花賞に優勝し、クラシック競走初優勝も果たしている。

調教師成績[編集]

日付 競馬場・開催 競走名 馬名 頭数 人気 着順
初出走 2003年1月11日 1回京都3日4R 3歳新馬 ベレノス 15頭 9 13着
初勝利 2003年2月23日 2回京都8日2R 3歳未勝利 ベレノス 15頭 3 1着
重賞初出走 2003年3月29日 2回阪神1日11R 毎日杯 エクスアタック 13頭 10 13着
重賞初勝利 2006年6月3日 3回東京5日11R ユニコーンS ナイキアースワーク 16頭 4 1着
GI初出走 2006年12月10日 5回中山4日11R 朝日杯FS ジャングルテクノ 15頭 10 9着
GI初勝利 2007年10月21日 4回京都7日11R 菊花賞 アサクサキングス 18頭 4 1着

おもな管理馬[編集]

※括弧内は当該馬の優勝重賞競走、太字はGI級競走。

厩舎スタッフ[編集]

関連項目[編集]