カペラステークス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
カペラステークス
Capella Stakes[1]
開催国 日本の旗 日本
主催者 日本中央競馬会
競馬場 中山競馬場
創設 2008年12月14日
2015年の情報
距離 ダート1200m
格付け GIII
賞金 1着賞金3500万円
出走条件 サラ系3歳以上(国際)(指定)
負担重量 別定
出典 [2][3]
テンプレートを表示

カペラステークスは、日本中央競馬会(JRA)が中山競馬場で施行する中央競馬重賞競走(GIII)である。

競走名の「カペラ(Capella)」はラテン語で「牝の仔ヤギ」を意味し、ぎょしゃ座のアルファ星をさす。カペラアルデバランリゲルシリウスプロキオンポルックスで「冬のダイヤモンド」を構成している[4]

正賞は地方競馬全国協会理事長賞[2][3]

概要[編集]

秋季競馬でのダート短距離競走の充実を図る観点から、2008年に新設された[5]

創設時から地方競馬所属馬・外国馬がともに出走可能となっている[5]

競走条件[編集]

以下の内容は、2015年現在[2][3]のもの。

出走資格:サラ系3歳以上

  • JRA所属馬
  • 地方競馬所属馬(4頭まで)
  • 外国調教馬(8頭まで、優先出走)

負担重量:別定

  • 3歳55kg、4歳以上56kg、牝馬2kg減
    • 2014年12月13日以降のGI競走(牝馬限定競走を除く)1着馬3kg増、牝馬限定GI競走またはGII競走(牝馬限定競走を除く)1着馬2kg増、牝馬限定GII競走またはGIII競走(牝馬限定競走を除く)1着馬1kg増
    • 2014年12月12日以前のGI競走(牝馬限定競走を除く)1着馬2kg増、牝馬限定GI競走またはGII競走(牝馬限定競走を除く)1着馬1kg増(2歳時の成績は除く)

賞金[編集]

2015年の1着賞金は3500万円で、以下2着1400万円、3着880万円、4着530万円、5着350万円[2][3]

歴史[編集]

2008年にカペラステークスを「新設」するにあたっては、1月のガーネットステークスと、12月に行われていた2歳牝馬重賞のフェアリーステークスとのあいだで、開催時期の交換が行われた。

ガーネットステークスは1月の中山競馬場のダート1200メートルの重賞として12回の実績があったが、2008年1月の開催を最後に「廃止」され、2009年1月からはその時期にフェアリーステークスが行われることになった。一方、従前12月に行われていたフェアリーステークスは2007年12月の開催ののち、時期を移して2009年1月に行われたため、2008年は「フェアリーステークス」という名称の競走は行われなかった。カペラステークスは2008年12月に従来フェアリーステークスを行っていた時期に開催された[6]

ガーネットステークスは「廃止」、カペラステークスは「新設」と発表されており、通例では新設重賞であれば創設から2年は格付けを獲得できないが[注 1]、カペラステークスはガーネットステークスと連続性があり事実上同一の競走と扱われ、2年目からGIII格付けを得ている。これについて主催者のJRAでは、カペラステークスがガーネットステークスの施行時期を前倒ししたものであると認めている[6]

年表[編集]

  • 2008年 - 3歳以上の馬による重賞(JpnIII)として創設、中山競馬場のダート1200mで施行[5]
  • 2009年
    • 外国調教馬の出走枠が8頭に拡大[5]
    • 格付表記をGIII(国際格付)に変更[5]

歴代優勝馬[編集]

距離はすべてダートコース。

回数 施行日 競馬場 距離 優勝馬 性齢 タイム 優勝騎手 管理調教師 馬主
第1回 2008年12月14日 中山 1200m ビクトリーテツニー 牡4 1:08.7 横山典弘 森秀行 榮義則
第2回 2009年12月13日 中山 1200m ミリオンディスク 牡5 1:09.6 村田一誠 荒川義之 (有)社台レースホース
第3回 2010年12月12日 中山 1200m セイクリムズン 牡4 1:09.7 幸英明 服部利之 金田成基
第4回 2011年12月11日 中山 1200m ケイアイガーベラ 牝5 1:09.1 秋山真一郎 平田修 (株)啓愛義肢材料販売所
第5回 2012年12月9日 中山 1200m シルクフォーチュン 牡6 1:10.8 横山典弘 藤沢則雄 (有) シルク
第6回 2013年12月8日 中山 1200m ノーザンリバー 牡5 1:10.7 柴田善臣 浅見秀一 林正道
第7回 2014年12月14日 中山 1200m ダノンレジェンド 牡4 1:09.5 丸田恭介 村山明 (株)ダノックス
第8回 2015年12月13日 中山 1200m キクノストーム 牡6 1:09.7 内田博幸 吉田直弘 菊池五郎
第9回 2016年12月11日 中山 1200m ノボバカラ 牡4 1:10.2 内田博幸 天間昭一 LS.M

脚注[編集]

参考文献[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 原則として、格付けはその競走の過去の実績に基いて認定されるため、過去の実績がない新設競走の場合は、少なくとも2年間の実績をつみ、3年目から格付けが得られるのが通例である。

出典[編集]

  1. ^ 2015 International Cataloguing Standards Book Japan
  2. ^ a b c d 重賞競走一覧(レース別・関東) (PDF)”. 日本中央競馬会. p. 43. 2015年12月8日閲覧。
  3. ^ a b c d 平成27年第5回中山競馬番組 (PDF)”. 日本中央競馬会. 2015年12月8日閲覧。
  4. ^ 2015年第5回中山競馬特別レース名解説(第4日) (PDF)”. 日本中央競馬会. p. 3. 2015年12月8日閲覧。
  5. ^ a b c d e 今週の注目レース(第8回カペラステークス:歴史・プレイバック)”. 日本中央競馬会. 2015年12月8日閲覧。
  6. ^ a b 競馬コラム「平成21年競馬番組」”. 日本中央競馬会. 2015年12月8日閲覧。

各回競走結果の出典[編集]

外部リンク[編集]