グルメフロンティア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
グルメフロンティア
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1992年4月19日
死没 2010年7月17日(18歳没)
登録日 1994年9月8日
抹消日 1999年2月17日
トウショウペガサス
バンビファバー
母の父 ファバージ
生国 日本の旗 日本北海道門別町
生産 白井牧場
馬主 石井政義
調教師 田中清隆美浦
厩務員 蛯名幸作
競走成績
生涯成績 38戦9勝
獲得賞金 3億6911万9000円
テンプレートを表示

グルメフロンティアは、日本で生産・調教された競走馬種牡馬。第14回フェブラリーステークスの優勝馬。そのほかのおもな勝鞍に中山金杯などがある。

なお、馬齢は旧表記(数え年)で統一する。

戦績[編集]

3歳時[編集]

1994年11月東京競馬場でデビュー。年内は芝を2戦使うものの未勝利に終わる。

4歳時[編集]

年が明けて、中山ダート未勝利戦を2着の後、東京のダートマイル戦で初勝利。その後、芝の条件戦では惨敗するも、4月に名手岡部幸雄との初コンビで迎えた中山ダートの条件戦で1.2秒差をつけ勝利する。年が明けて、ここまでの戦法はすべて逃げであった。

つづくNHK杯は人気薄ながら、これまでの逃げとは正反対の後方待機から鋭い末足を見せ4着。年明けから、8月まで1か月ごとに使われながら、6-8月は未勝利に終わり、休養明けの12月の条件戦も惨敗と結局は2勝に終わる。

5-7歳時[編集]

明けて5歳。初戦に選んだ1月のダート条件戦は相性のいい岡部とコンビ復活で勝利。2-6月の間に7戦という使い詰めのローテで勝ちきれないレースが続く。とくに、3-6月は岡部とのコンビで5戦して、2着4回3着1回と惜しいレースが続いた。その後、降級戦での勝ちをはさんで、準オープンでまた勝ちきれないレースが続くものの12月に準オープンで初勝利。

6歳シーズンは、年明け2戦目に6勝目をあげオープン入り。その後、中山記念など重賞を中心に使われ、久しぶりの岡部とのコンビでダート戦となったながつきステークスでオープン戦初勝利となる7勝目。久しぶりの逃げで、人気のエムアイブラン以下を抑え込んだ好レースであった。

その後は、条件戦で長く騎乗していた加藤和宏とのコンビでカブトヤマ記念3着、天皇賞(秋)ではブービー人気ながら5着に健闘、続く愛知杯では差のない2着と、芝の重賞でも充分通用することを示した。

そして7歳。初戦の中山金杯は岡部とのコンビ復活で堂々の1番人気。レースでも中団から最速の上がりで強い競馬を見せ快勝。2着はそれまでコンビを組んでいた加藤和宏であった。

次走に注目が集まったが、陣営が選んだのはダートGIのフェブラリーステークスであった。重賞ウィナーではあるものの、ダート戦での実績が少ない事もあってか6番人気にとどまったが、レースでは中団からグングンと伸びて人気馬以下を突き放し、最速の上がりで2着以下に4馬身の差をつけ快勝。騎手の岡部と調教師の田中清隆のコンビで、同レースを連覇した。騎乗した岡部も「どんどこどんどこ行っちゃって。気持ち悪かったですよ」と、勝ってビックリというコメントをレース後のインタビューで発言した。岡部はゴール後の向正面で落馬するというおまけつきであった。

その後休養に入り、ぶっつけで臨んだ天皇賞(秋)は完走馬の中では大差の最下位、トパーズステークス東京大賞典は3番人気に推されたものの勝てず、東京大賞典を最後に引退し種牡馬入りした。

引退後[編集]

引退後は種牡馬入りしたものの種付け数が少なかったこともあり、中央競馬で勝ち上がったのはグルメスペシャル1頭と寂しい種牡馬生活であった。当初は北海道門別町の白井牧場第一分場で繋養されていたが、同町内にあった名馬のふるさとステーションに移り[1]、2003年11月に同施設が閉鎖された後は千葉県富里市のオリンピッククラブ宝馬乗馬学校に移動[1]、種牡馬からも引退し乗馬として余生を過ごした。2010年7月17日に持病の腰痛の悪化で起立不全となり、繋養先で死亡した[2]

競走成績[編集]

年月日 競馬場 競走名 頭数 オッズ
(人気)
着順 騎手 斤量 距離(馬場) タイム
(上り3F)
タイム
勝ち馬/(2着馬)
1994.11.13 東京 新馬 13 060.9 0(8人) 04着 大塚栄三郎 54 芝1400m(良) 1:25.3 (36.3) -0.4 サクラトニーオー
0000.11.27 東京 新馬 13 020.6 0(6人) 06着 大塚栄三郎 54 芝1600m(良) 1:37.7 (36.1) -0.9 ミムズアゲイン
1995.01.15 中山 未勝利 16 006.6 0(4人) 02着 大塚栄三郎 55 ダ1800m(良) 1:57.2 (41.5) -0.1 メジロテンジン
0000.02.12 東京 未勝利 16 002.6 0(1人) 01着 大塚栄三郎 55 ダ1600m(良) 1:41.6 (39.8) -0.1 (オンワードアイガー)
0000.03.12 中山 水仙賞 15 021.1 0(8人) 09着 大塚栄三郎 54 芝2000m(稍) 2:05.9 (39.4) -1.2 サンテアンドオー
0000.04.01 中山 500万下 11 002.6 0(1人) 01着 岡部幸雄 55 ダ1800m(重) 1:53.3 (38.7) -1.2 (インターブラボー)
0000.05.07 東京 NHK杯 GII 16 034.4 (10人) 04着 岡部幸雄 56 芝2000m(良) 2:02.1 (34.9) -0.4 マイネルブリッジ
0000.06.10 東京 エーデルワイスS 10 006.1 0(2人) 05着 田中勝春 55 芝1600m(重) 1:36.3 (36.1) -1.1 サイレントキラー
0000.07.09 福島 さくらんぼS 13 008.6 0(4人) 05着 橋本広喜 54 芝2000m(稍) 2:04.8 (39.1) -0.9 マルタカサドラーズ
0000.08.05 福島 飯盛山特別 12 005.0 0(2人) 10着 ソト 54 ダ1700m(良) 1:48.7 (41.8) -3.8 ファイヴナカヤマ
0000.12.24 中山 ジョッキーズG.P. 12 019.4 0(8人) 09着 田原成貴 55 芝1800m(良) 1:50.6 (36.7) -0.6 メジロアムール
1996.01.14 東京 900万下 11 003.8 0(2人) 01着 岡部幸雄 56 ダ2100m(良) 2:13.6 (38.7) -0.2 (ダイワトーレンス)
0000.02.03 東京 金蹄S 16 011.9 0(5人) 04着 安田富男 54 ダ2100m(良) 2:13.1 (37.2) -0.8 デュークグランプリ
0000.02.24 中山 内外タイムス杯 16 004.7 0(2人) 08着 安田富男 56 ダ1800m(良) 1:55.9 (39.2) -1.3 ヘイセイエルザ
0000.03.16 中山 東風S 16 015.1 0(8人) 02着 岡部幸雄 56 芝2000m(重) 2:01.1 (35.7) -0.1 インターユニーク
0000.04.14 中山 総武S 16 010.5 0(5人) 03着 岡部幸雄 56 芝2000m(良) 2:00.9 (35.1) -0.3 アプローズシチー
0000.05.03 東京 薫風S 13 006.7 0(3人) 02着 岡部幸雄 56 芝1800m(良) 1:48.2 (34.4) -0.2 サクラスーパーオー
0000.06.15 中山 湾岸S 10 002.3 0(1人) 02着 岡部幸雄 56.5 芝1800m(稍) 2:00.4 (36.5) -0.0 グロリーシャルマン
0000.06.29 中山 安達太良S 14 001.9 0(1人) 02着 岡部幸雄 57 芝1800m(良) 1:47.3 (35.0) -0.4 クラウンシチー
0000.08.11 中山 勝浦特別 6 001.3 0(1人) 01着 柴田善臣 58.5 芝2000m(良) 2:02.0 (36.0) -0.1 (ドリブルラッシュ)
0000.09.28 中山 セプテンバーS 10 010.5 0(4人) 02着 加藤和宏 57 芝1600m(良) 1:36.1 (36.7) -0.2 タイキマーシャル
0000.10.27 東京 白秋S 13 003.0 0(2人) 03着 加藤和宏 57 芝1800m(良) 1:46.9 (35.7) -0.2 キングオブダイヤ
0000.11.17 東京 ノベンバーS 18 006.6 0(3人) 02着 マシューズ 57 芝1600m(良) 1:35.0 (34.8) -0.0 メジロブロス
0000.12.08 中山 市川S 16 004.0 0(1人) 01着 加藤和宏 57 芝1600m(良) 1:34.7 (36.4) -0.1 (ランフォーローズ)
1997.01.11 中山 初富士S 16 004.2 0(2人) 04着 加藤和宏 58.5 芝1600m(良) 1:35.3 (38.1) -0.2 ランフォーローズ
0000.02.09 東京 テレビ山梨杯 16 002.5 0(1人) 01着 加藤和宏 57 芝2000m(良) 1:59.7 (35.1) -0.6 (キャッシュラボーラ)
0000.03.09 中山 中山記念 GII 9 010.9 0(5人) 04着 加藤和宏 57 芝1800m(良) 1:49.1 (35.8) -0.4 キングオブダイヤ
0000.05.31 東京 エプソムC GIII 13 049.7 0(9人) 05着 加藤和宏 57 芝1800m(良) 1:47.0 (33.9) -0.4 タイキマーシャル
0000.06.29 函館 函館記念 GIII 16 006.4 0(3人) 10着 田中勝春 55 芝2000m(良) 2:01.0 (38.2) -1.7 アロハドリーム
0000.09.27 中山 ながつきS OP 8 006.1 0(3人) 01着 岡部幸雄 56 ダ1800m(重) 1:51.1 (37.7) -0.0 エムアイブラン
0000.10.19 福島 カブトヤマ記念 GIII 14 006.2 0(4人) 03着 加藤和宏 55 芝1800m(良) 1:49.2 (35.1) -0.2 テイエムオオアラシ
0000.10.26 東京 天皇賞(秋) GI 16 244.5 (15人) 05着 加藤和宏 58 芝2000m(良) 1:59.9 (35.7) -0.9 エアグルーヴ
0000.12.07 中京 愛知杯 GIII 16 004.4 0(2人) 02着 加藤和宏 55 芝2000m(良) 2:00.6 (35.4) -0.0 サクラエキスパート
1998.01.05 中山 中山金杯 GIII 15 002.5 0(1人) 01着 岡部幸雄 56 芝2000m(稍) 2:01.4 (35.6) -0.3 (セイリューオー)
0000.02.01 東京 フェブラリーS GI 16 011.2 0(6人) 01着 岡部幸雄 57 ダ1600m(良) 1:37.5 (36.7) -0.7 メイショウモトナリ
0000.11.01 東京 天皇賞(秋) GI 12 046.6 0(7人) 11着 岡部幸雄 58 芝2000m(良) 2:02.3 (38.5) -3.0 オフサイドトラップ
0000.11.21 京都 トパーズS OP 14 006.5 0(3人) 06着 松永幹夫 59 ダ1800m(良) 1:51.3 (36.6) -0.8 オースミジェット
0000.12.23 大井 東京大賞典 GI 15 0(3人) 05着 岡部幸雄 56 ダ2000m(良) 2:06.6 (37.4) -1.2 アブクマポーロ

血統表[編集]

グルメフロンティア血統リュティエ系 / Relic5×4=9.38%) (血統表の出典)[§ 1]
父系 リュティエ系
[§ 2]

トウショウペガサス
1979 鹿毛
父の父
*ダンディルート
Dandy Lute
1972 鹿毛
Luthier Klarion
Flute Enchantee
Dentrelic Prudent
Relict
父の母
ソシアルトウショウ
1972 黒鹿毛
*ヴェンチア Relic
Rose O'Lynn
*ソシアルバターフライ Your Host
Wisteria

バンビファバー
1980 栗毛
*ファバージ
Faberge
1961 鹿毛
Princely Gift Nasrullah
Blue Gem
Spring Offensive Legend of France
Batika
母の母
スイートボルガ
1966 黒鹿毛
*バーボンプリンス Princequillo
Lyceum
スイフトクイン *ライジングライト
スウヰイスー F-No.5-e
母系(F-No.) 5号族(FN:5-e) [§ 3]
5代内の近親交配 Relic4×5 [§ 4]
出典
  1. ^ JBISサーチ グルメフロンティア 5代血統表2017年8月30日閲覧。
  2. ^ netkeiba.com グルメフロンティア 5代血統表2017年8月30日閲覧。
  3. ^ JBISサーチ グルメフロンティア 5代血統表2017年8月30日閲覧。
  4. ^ JBISサーチ グルメフロンティア 5代血統表2017年8月30日閲覧。

脚注[編集]

  1. ^ a b 名馬のふるさとS、繋養馬の移動先決定(netkeiba.com、2003年12月19日)
  2. ^ グルメフロンティアが死亡 ラジオNIKKEI 2010年7月21日閲覧

外部リンク[編集]