サンビスタ (競走馬)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
サンビスタ
Sambista Champions Cup 2015(IMG2).jpg
2015年12月6日第16回チャンピオンズC表彰式
品種 サラブレッド
性別
毛色 黒鹿毛
生誕 2009年3月18日
抹消日 2015年12月17日
スズカマンボ
ホワイトカーニバル
母の父 ミシル
生国 日本の旗 日本北海道新ひだか町
生産 グランド牧場
馬主 ヒダカ・ブリーダーズ・ユニオン
調教師 角居勝彦栗東
競走成績
生涯成績 26戦11勝
(中央)17戦6勝
(地方)11戦5勝
獲得賞金 3億7625万7000円
(中央)1億9105万7000円
(地方)1億8520万円
 
勝ち鞍
JpnI JBCレディスクラシック 2014年
GI チャンピオンズカップ 2015年
JpnII レディスプレリュード 2015年
JpnIII ブリーダーズゴールドカップ 2014年
JpnIII TCK女王盃 2015年
JpnIII マリーンカップ 2015年
テンプレートを表示

サンビスタは日本の競走馬。馬名の由来はサンビスタサンバを愛してやまない人)で、父名・母名からの連想によるもの[1]

2014年のJBCレディスクラシック(JpnI)、2015年のチャンピオンズカップ(GI)などで勝利を挙げた。

出自[編集]

2009年グランド牧場にて父スズカマンボ、母ホワイトカーニバルという同牧場生産の重賞馬同士の配合で生産された。

戦績[編集]

3 - 4歳[編集]

3歳の3月に川田将雅騎手騎乗でデビューし、3戦目で未勝利戦を勝ち上がった。その後3着1回を挟み500万条件、1000万条件を連勝。

4歳夏に主戦が岩田康誠騎手となり、1000万条件の竜飛崎特別を勝利した。

5歳[編集]

年明けこそ6着に敗れたが、続く門司ステークス(1600万時別)を勝ちオープン入り。オープン入り初戦はエンプレス杯に出走したが不良馬場の影響もあり3着に敗れている。

夏になり函館競馬場で行われたオープン特別マリーンステークスで牡馬相手に2着に好走すると、8月には門別競馬場で行われたブリーダーズゴールドカップを制覇し、重賞ウィナーとなる。なお、この年からブリーダーズゴールドカップは牝馬限定戦となった。

その後、大井競馬場で行われたレディスプレリュードワイルドフラッパーに敗れ2着となるも、続く盛岡競馬場で行われたJBCレディスクラシックではそのワイルドフラッパー等を下し、1馬身1/4差の勝利。見事にJpnIウィナーとなった。

その後は中京競馬場で行われたチャンピオンズカップで牡馬相手に3着に届くかとの勢いで猛追して4着に好走した。

6歳[編集]

年明け初戦のTCK女王盃を快勝すると、続くフェブラリーステークスでは7着に敗退。 その後もマリーンカップを勝ってかしわ記念で敗れるという、牝馬限定のJpnIIIを勝って牡馬相手のGIで敗れるということを繰り返した。

その後はスパーキングレディーカップ3着、ブリーダーズゴールドカップ2着の後、レディスプレリュードを制覇。次いで大井競馬場で行われたJBCレディスクラシックに二連覇を目指して出走したが、ホワイトフーガに敗れて2着だった。

続くチャンピオンズカップではミルコ・デムーロが初騎乗[2]。16頭中12番人気であった[3]ものの、レースでは先行勢の後ろに着けて残り100メートルで突き抜け優勝[2]。牝馬の同競走制覇は初であり[3]、もとよりJRAのダートGI制覇としても初であった[2]

チャンピオンズカップ後、東京大賞典への出走も検討されていたものの、関係者の協議により引退が決定[4]、2015年12月17日付けで競走馬登録を抹消された[5]

引退後[編集]

引退後は自身の生まれたグランド牧場繁殖牝馬となることとなり、2015年12月18日に牧場入りしている[6]

競走成績[編集]

競走日 競馬場 競走名 距離(馬場)


オッズ
(人気)
着順 タイム
(上り3F)
着差 騎手 斤量 1着馬(2着馬)
2012.03.31 阪神 3歳未勝利 ダ1800m(重) 16 1 1 06.8(03人) 04着 R1:57.5(37.2) -1.2 川田将雅 54kg シルクシンフォニー
0000.04.14 阪神 3歳未勝利 ダ1800m(重) 10 5 5 07.5(02人) 06着 R1:55.3(38.3) -1.1 川田将雅 54kg トーブプリンセス
0000.05.05 京都 3歳未勝利 ダ1800m(良) 15 7 12 14.9(04人) 01着 R1:55.2(37.5) -0.1 川田将雅 54kg (ブライトポジー)
0000.09.16 阪神 500万下 ダ1800m(良) 13 8 12 10.2(03人) 03着 R1:53.4(38.0) -0.1 川田将雅 52kg ショウナンマオ
0000.10.08 京都 500万下 ダ1800m(良) 11 2 2 03.3(01人) 01着 R1:52.3(36.5) -0.2 和田竜二 53kg (タマモクララ)
2013.03.03 小倉 早鞆特別 ダ1700m(稍) 16 8 16 10.2(04人) 01着 R1:45.0(37.2) -0.2 吉田隼人 52kg (シルクキングリー)
0000.03.17 中山 下総S ダ1800m(良) 16 1 2 13.7(05人) 09着 R1:54.1(38.6) -1.5 津村明秀 53kg アントニオピサ
0000.04.13 中山 総武S ダ1800m(良) 16 4 8 37.4(08人) 03着 R1:52.8(37.2) -0.8 蛯名正義 55g アメリカンウィナー
0000.07.14 函館 駒場特別 ダ1700m(良) 13 7 10 04.6(04人) 03着 R1:44.3(36.8) -0.3 岩田康誠 55kg ヒルノマドリード
0000.07.28 函館 竜飛崎特別 ダ1700m(稍) 13 5 7 02.7(01人) 01着 R1:44.0(36.5) -0.0 岩田康誠 55kg (カチューシャ)
2014.01.05 京都 初夢S ダ1800m(良) 15 6 11 16.9(09人) 03着 R1:51.2(37.0) -0.5 岩田康誠 55kg マイネルバイカ
0000.01.18 京都 雅S ダ1900m(良) 14 5 8 03.9(01人) 06着 R1:59.6(36.5) -0.6 岩田康誠 55kg クリノヒマラヤオー
0000.02.16 小倉 門司S ダ1700m(稍) 15 4 7 03.3(01人) 01着 R1:43.1(36.9) -0.2 D.バルジュー 54kg (カチューシャ)
0000.03.05 川崎 エンプレス杯 JpnII ダ2100m(不) 13 4 5 05.2(02人) 03着 R2:14.3(39.2) -0.2 D.バルジュー 55kg ワイルドフラッパー
0000.07.13 函館 マリーンS OP ダ1700m(良) 13 5 6 05.1(02人) 02着 R1:43.5(36.6) -0.1 岩田康誠 53kg ロイヤルクレスト
0000.08.14 門別 ブリーダーズGC JpnIII ダ2000m(良) 14 8 13 04.3(02人) 01着 R2:07.4(39.3) -0.7 岩田康誠 55kg (ワイルドフラッパー)
0000.10.02 大井 レディスプレリュード JpnII ダ1800m(良) 10 3 3 02.5(02人) 02着 R1:51.8(36.2) -0.3 岩田康誠 55kg ワイルドフラッパー
0000.11.03 盛岡 JBCレディスクラシック JpnI ダ1800m(良) 16 5 10 04.9(02人) 01着 R1:49.3(36.6) -0.2 岩田康誠 55kg (トロワボヌール)
0000.12.07 中京 チャンピオンズC GI ダ1800m(良) 16 5 10 67.4(15人) 04着 R1:51.4(36.3) -0.4 松田大作 55kg ホッコータルマエ
2015.01.21 大井 TCK女王盃 JpnIII ダ1800m(稍) 8 5 5 01.8(01人) 01着 R1:52.3(36.5) -0.4 C.デムーロ 57kg (アクティビューティ)
0000.02.22 東京 フェブラリーS GI ダ1600m(良) 16 5 9 15.6(06人) 07着 R1:36.7(36.2) -0.4 C.デムーロ 55kg コパノリッキー
0000.04.14 船橋 マリーンC JpnIII ダ1600m(不) 12 6 8 01.6(01人) 01着 R1:38.4(37.0) -0.8 岩田康誠 58kg (トロワボヌール)
0000.05.05 船橋 かしわ記念 JpnI ダ1600m(良) 10 1 1 02.9(02人) 05着 R1:39.2(38.8) -1.8 岩田康誠 55kg ワンダーアキュート
0000.07.01 川崎 スパーキングレディーC JpnIII ダ1600m(重) 12 6 7 01.4(01人) 03着 R1:41.7(39.8) -0.9 岩田康誠 58kg トロワボヌール
0000.08.13 門別 ブリーダーズGC JpnIII ダ2000m(良) 14 6 10 02.6(01人) 02着 R2:08.1(38.5) -0.0 岩田康誠 58kg アムールブリエ
0000.10.01 大井 レディスプレリュード JpnII ダ1800m(稍) 14 7 12 02.5(02人) 01着 R1:50.2(36.3) -0.4 岩田康誠 57kg (トロワボヌール)
0000.11.03 大井 JBCレディスクラシック JpnI ダ1800m(不) 15 3 6 01.3(01人) 02着 R1:52.6(40.1) -1.1 岩田康誠 55kg ホワイトフーガ
0000.12.06 中京 チャンピオンズC GI ダ1800m(良) 16 2 4 66.4(12人) 01着 R1:50.4(37.4) -0.2 M.デムーロ 55kg ノンコノユメ
  • タイム欄のRはレコード勝ちを示す

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ サンビスタ のプロフィール”. netkeiba.com. 2015年12月17日閲覧。
  2. ^ a b c 【レースハイライト】第16回 チャンピオンズカップGⅠ”. web Furlong 2015. 地方競馬全国協会. 2015年12月17日閲覧。
  3. ^ a b 12番人気サンビスタが牡馬撃破! 史上初の牝馬V!/チャンピオンズC”. netkeiba.com (2015年12月6日). 2015年12月17日閲覧。
  4. ^ サンビスタの引退が決定 東京大賞典には出走せず”. netkeiba.com (2015年12月16日). 2015年12月17日閲覧。
  5. ^ サンビスタ号が競走馬登録抹消”. 日本中央競馬会 (2015年12月16日). 2015年12月17日閲覧。
  6. ^ サンビスタがグランド牧場で繁殖入り”. 競走馬のふるさと案内所. 2015年12月29日閲覧。

外部リンク[編集]