クリスチャン・デムーロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クリスチャン・デムーロ
Christian-Demuro20120129.jpg
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
出身地 イタリアの旗 イタリア・ローマ
生年月日 (1992-07-08) 1992年7月8日(25歳)
身長 163cm
体重 48kg
騎手情報
初免許年 2009年イタリアの旗 イタリア
テンプレートを表示

クリスチャン・デムーロ(Cristian Demuro、1992年7月8日 - )はイタリア出身の騎手である。ミルコ・デムーロは世界中で活躍するトップジョッキー。パメラ・デムーロは元騎手の調教師も従兄弟も元騎手であるという。

経歴[編集]

デビュー前に兄ミルコの関係者として、2003年皐月賞[1]などで、3回の来日経験がある。12歳で乗馬を始める。

2009年にイタリアでデビューし、その年は45勝。翌2010年には153勝で一躍リーディングジョッキーランキング2位となる。

2011年1月7日から3月6日までの地方競馬全国協会(NAR)の短期騎手免許を取得[2]船橋川島正行厩舎に所属する。1月17日の船橋第7レースで地方競馬初騎乗、同日第8レースでの初勝利も含め、デビュー当日に2勝を挙げ、日伊通算200勝の表彰を受ける。1月19日船橋記念で地方重賞初騎乗。2月12日には東京競馬場に遠征し、第7レースで日本中央競馬会(JRA)のレースに初騎乗、クイーンカップでJRA重賞初騎乗を果たしている。3月4日までに25勝を挙げ、3月7日から4月6日までの短期免許を取得していたが[3]、イタリアに帰国していた際に日本で東日本大震災が発生。浦和桜花賞の追い切りに合わせて再来日の予定だったが、免許期間中は南関東公営競馬が開催中止になったこともあり、再来日することはなかった[4]。イタリアでは222勝を挙げ、初のリーディングジョッキーとなった。

免許期間中にはミルコもJRA短期免許を取得して来日しており、2月2日大井競馬場で行われたTCK女王盃では初の兄弟対決が実現した[5]。後の東京遠征時の2レースでも兄弟揃って騎乗しており、3戦ともミルコが先着している。イタリアでは263勝を挙げ、2年連続でリーディングジョッキーとなった。

2012年にJRA短期免許を取得(1月14日から3月13日まで)。初日に2勝を挙げ、1月29日京都牝馬ステークスではドナウブルーに騎乗して来日初重賞勝利を挙げた。4月9日から4月23日までの短期免許も取得したが、開催2日のみ騎乗して帰国している。

2013年アメリカ合衆国ガルフストリームパーク競馬場で騎乗した後[6]、JRAの短期免許を3か月間取得[7]桜花賞では前日に落馬負傷した丸山元気に代わり騎乗したアユサンで勝利し、GI初制覇。2着のミルコとともに、JRA・GI史上初となる兄弟騎手によるワンツーフィニッシュを決めた。また、乗り替わりでの桜花賞勝利もグレード制導入以降初であった[8]

2014年2月1日から3月5日までの期間でJRAの短期免許を取得[9]。最終日の3月5日、ワイルドフラッパーエンプレス杯を勝ち、地方交流重賞初制覇を果たした。

人物像[編集]

主な騎乗馬[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ミルコダイワメジャーに騎乗して1着。
  2. ^ 2011/01/05 クリスチャン・デムーロ騎手に短期騎手免許を交付
  3. ^ 2011/03/01 クリスチャン・デムーロ騎手に短期騎手免許を交付
  4. ^ 竹内康光の地方競馬ほっと情報
  5. ^ ミルコ騎乗のラヴェリータが1着、クリスチャン騎乗のザッハーマインは4着。
  6. ^ Italian Rider Demuro Gets First U.S. Victory” (英語). BloodHorse.com (2013年1月13日). 2013年4月12日閲覧。
  7. ^ JRAニュース「M.デムーロ、C.デムーロ騎手に短期騎手免許を交付」” (日本語). 日本中央競馬会 (2013年4月3日). 2013年4月12日閲覧。
  8. ^ 【桜花賞】アユサン差し返した!デムーロ兄弟、史上初GIワンツー
  9. ^ クリスチャン・デムーロ騎手に短期騎手免許を交付” (日本語). 日本中央競馬会 (2014年1月29日). 2014年3月10日閲覧。
  10. ^ 本来は金沢所属。期間限定免許で騎乗。
  11. ^ “27年ぶり3歳馬V/ミラノ大賞”. 日刊スポーツ. (2013年6月10日). http://www.nikkansports.com/race/news/f-rc-tp0-20130610-1140668.html 2015年10月24日閲覧。 
  12. ^ TCK女王盃競走優勝馬 南関東4競馬場公式 2015年2月2日閲覧

参考[編集]